【夢のログハウス】女子のログハウス暮らし | BE-PAL

【夢のログハウス】女子のログハウス暮らし

2015.12.25

16-1自慢のログハウスを拝見、どんなライフスタイルを送っているのかをレポートする第3弾。

今回は、中古の素敵なログハウスを手に入れたカメラマン・西澤理絵さんのログハウスにおじゃまします!

16-2

浅間山から吹き下ろす北風は冷たいけれど、後ろの林がブロックしてくれるのだそう。庭にどんな木を植えようか、ただいま思案中。

元々ログハウスを狙っていた訳ではなかったが、この中古ログハウスをひと目見て気に入ったという西澤さん。「子供のころ、材木店を経営している祖父のところに、よく行っていました。そこに立ちこめる木の匂いが大好きで。ログハウスも同じ香りがします」と笑う。

1階奥は仕事部屋に。

1階奥は仕事部屋に。

16-3

ロフトはリスニングスペース。

 

「小学校のアルバム写真撮影などで山に行くうちに、アウトドアが好きになってきて、ここ何年かは山にも登るようになって、そうしたらどんどん山の近くに住みたくなってきちゃって(笑)。職業柄いろんな所へ出かけるのでベースが東京じゃなくなっただけ。都会のマンション生活に未練はなかったですね」と話す。

階段下の収納はDIYで製作した。

階段下の収納はDIYで製作した。

これから迎えるログハウスでの最初の冬。ログハウスビギナーの彼女だが、メンテナンスや薪割りも実に楽しそうでした。

16-6

 

西澤理絵さん(37歳)カメラマン
万華鏡作りのワークショップなども行なっている。今年5月から軽井沢で念願のログハウス&薪ストーブ暮らしを始めた。

所在地:長野県北佐久郡軽井沢町 
築年数:2010年(2013年購入)
平米数:37.8㎡ 
間取り:1LDK(ロフト付き)
世帯数:1名

構成/鈴木アキラ 撮影/泉山美代子

 

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 ログハウス 』新着ユーザー投稿写真

『 ログハウス 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。