北欧特有のアウトドアでの楽しみ方を知ってる?暗くて寒くて、雨も風も強い日でも自然の中で過ごすのだ | ログハウス・小屋 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • ログハウス・小屋

    2024.03.02

    北欧特有のアウトドアでの楽しみ方を知ってる?暗くて寒くて、雨も風も強い日でも自然の中で過ごすのだ

    暗くて寒くて、しかも雨も風も強い……。北欧ではこういった日が少なくありません。それでも北欧の人たちは、積極的に自然の中で過ごします。今回は北欧特有のアウトドアでの楽しみ方をご紹介します。

    天気が悪いのに何故外に行くのか?

    ウインドシェルターで過ごすヤンニ

    悪天候から避難する時にも、少しした一息する時にもよく使われるウインドシェルター。

    北欧には、「悪い天気なんてない、悪いのは服装」ということわざがあります。子供たちが天気のせいで外に行きたくない時は、大人がこの言葉を投げかけて遊びに行かせます。おかげで私は大人になった今でも天気を気にせず、外に出かけます。

    ウインドシェルター

    ノルウェーの山の上に設置されているウインドシェルター。

    天気が悪くても外に行く理由は、ほかにもあります。北欧の多くの国には、自然の中に誰でも無料で使えるシェルターがたくさんあることです。タダで泊まれる小屋のような場所もありますが、特に多いのがVindskydd=ウインドシェルター。これがあることによって自然の中でも雨に濡れなくて済むし、それほど体も冷えないので、天気が悪い日でも割と快適に外で時間を過ごせます。

    ウインドシェルターには様々な形がありますが、基本は左右と後ろに壁があって、前だけが空いています。ベンチが付いているのが定番ですが、たまに宿泊することができる床が付いている場所もあります。そしてファイヤーピットも設置しています。

    中の様子

    このウインドシェルターは一辺が開いているので、自然の中にいるような感覚を味わうことができるし、意外にも中は比較的ドライで暖かいのです。

    ウインドシェルターは森のハイキングトレイルや湖の横など、山の上にもあります。悪天候時にすぐ避難するなど緊急的に使うものですが、わざわざそこまで行ってゆったりと過ごす人もいます。

    タダで使える薪は大体いつも用意してあります。そして、前に利用した人が残したキャンドルや薬缶などもたまに置いてあります。次の人のために役に立ちそうなものは多少置いていっても問題になりませんが、ゴミは捨ててはいけないので、必ず持って帰ります。

    ヤンニ

    前に来た人が残した薬缶とアウトドアキャンドルをありがたく使わせてもらいました。

    知らない人たちが打ち解けあう空間

    いきなり雨が降り始めた時には、あらゆる人がウインドシェルターに集まります。おじいさんやおばあさん、小さな子供を連れている家族や学生など。実は、北欧の人たちは比較的人見知りな様子を見せることが多く、相手に冷たい印象を与えてしまいがちですが、ウインドシェルターには不思議とそういった空気はありません。ここに集まる人たちは皆笑顔で挨拶したり、たまに楽しく会話もしたりします。

    先に来た人が我がもの顔で居座ってはいけません。あとから来た人も仲間に入れて、皆が楽しくシェアする空間にするのです。

    焚き火

    コーヒーを作るため薬缶に雪を入れて溶かす。同時に「凍ってしまった」サンドを温める。

    北欧の大自然に行く機会があったら、ぜひウインドシェルターに立ち寄ってみてください。そして自分で焚き火をおこし、コーヒータイムを楽しんでください。もしかしたら、ご機嫌な北欧の人たちと楽しく会話しながら休憩する、素敵な時間が過ごせるかもしれませんよ。

    *スカンジナビア半島周辺のウインドシェルターの場所を紹介するウェブサイトはこちら

    スウェーデン:https://vindskyddskartan.se/en/

    フィンランド:https://www.gone71.com/shelter/

    ノルウェー:https://www.gone71.com/wilderness-huts-norway/

    デンマーク:https://www.gone71.com/shelters-denmark/

     

    写真:Christian Olsson

     

    私が書きました!
    スウェーデンのアウトドアガール
    ヤンニ・オルソン
    スウェーデン出身のアウトドアガール。女優、タレント、モデル、レポーター、コラムニストの顔を持つトリリンガル。自然やアウトドアをこよなく愛し、北欧式キャンプや、フィーカを通じて日本でのアウトドアアクティビティの魅力を広めようと日々奔走中。現在は温泉ソムリエ、焚き火検定(焚き火スト)、サウナ・スパ健康アドバイザーの資格を持つ。ヤンニの冒険はAmazon Prime Video「Getting Dirty in Japan]で配信中。

    NEW ARTICLES

    『 ログハウス・小屋 』新着編集部記事

    DIY初心者におすすめしたいお役立ち道具11選!ひと味違うDIYを実現できる個性派ショップも

    2024.03.04

    トレーラー、ユニット・コンテナハウス、キャビン…叶えたいスタイルで選ぶ「買える小屋」カタログ

    2024.03.04

    ツリーハウスの作り方は?費用は? 名物ビルダーの最新作にみる、環境に優しい作り方

    2024.03.03

    テーマは“どうにでもなる家”!子供と一緒に成長を続ける「発展途上なベース基地」を拝見

    2024.02.27

    夢が実現する移動式のサウナを発見!トレーラーでけん引して旅へ出よう

    2024.02.24

    ヒト、モノ、動物が家と外を行き来する「ボーダレスな雪国ハウス」の暮らしぶりを拝見!

    2024.02.24

    LIXILとKWORKSがコラボ! おしゃれなムービングルーム「mio space」が誕生するぞ

    2023.11.04

    ワイン樽でさらに広がるアウトドアライフ! シェルパ斉藤の「パーソナルサウナ」計画

    2023.08.05