お知らせ写真&記事投稿コンテスト開催中!最優秀作品にギフト券1万円! 

【夢のログハウス】漫画家・守村大の開墾から始めた超!セルフビルド

2015.12.24

12ー1自慢のログハウスを拝見、どんなライフスタイルを送っているのかをレポートする第1弾。

今回登場する漫画家の守村 大(もりむら・しん)さんは、全くの未経験からスタートして、ログハウスを全部自力で建ててしまったというつわものだ。

守村さんが一念発起して福島県の雑木林を購入したのは8年前。開墾から始め、チェーンソーで丸太を刻んで独力でログハウスを建築。以来、半自給自足生活を送っている。開墾から現在までの生活を記録した『新白河原人』(講談社・モーニング)は開始から4年を数える人気連載だ。
「建築のノウハウはログハウスづくりの講座に参加して体得した。2007年の春に建て始めて、夏にはでき上がったから製作期間は5か月ほど。棟上げ以外のほとんどの作業を、全部自分でこなしたよ」。
さらりといってのけた守村さんだが、そのあとに続いた「22㎏やせたけどね」のひと言が作業の過酷さを物語る。12-2

本宅は5.4×5.4mの床面積を持つ2 階建て。「ここは標高が300mあって 夏は木々に覆われるから、冷房は全く いらない。冬は囲炉裏と薪ストーブが 熱源。裏山の雑木で完全に自給できる」

本宅は5.4×5.4mの床面積を持つ2
階建て。冬は囲炉裏と薪ストーブが
熱源。

2階は壁際に1個ずつベッドが並ぶ。「ここで寝るのは犬と俺。嫁さんは別棟で寝てるから世帯人数は1人と2匹」(笑)

2階は壁際に1個ずつベッドが並ぶ。「ここで寝るのは犬と俺。嫁さんは別棟で寝てるから世帯人数は1人と2匹」(笑)

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 ログハウス 』新着ユーザー投稿写真

GIN

『 ログハウス 』新着編集部記事

おすすめ記事