ネイチャークラフト作家・長野修平さんの継ぎはぎだらけの「森の家」

2017.07.10

DMA-0106fix-149何枚もの板がパッチワークのようにつなぎ合わされた外観にまず驚かされる。ここは、丹沢北部の山々に囲まれた、ネイチャークラフト作家、長野修平さんの家だ。

「トイレのドアすらない状態で住みはじめたけど、どんどん変化するから完成はないのかも」と、修平さんは笑って話す。

この家、躯体はプロに任せ、内装や外装は家族と友人たちで仕上げた、ハーフセルフビルド。しかも外壁は、解体物件の床材や建築廃材、家具材に流木と、本来捨てられる運命にある木をリユースし、組み合わせて作っているのだ。DMA-0106fix-1033階の吹き抜けから見下ろした土間の風景。スペースの半分はステンドグラス作家の妻・深雪さんの工房を兼ねている。

「あれなんて、木造船の廃材。カーブ具合がいいでしょ」と、窓を見上げる。新築なのに、何十年も住んでいるかのような雰囲気。最初は何もなかった吹き抜け空間に、2階のロフトができ、最近3階も増えた。

「天井に頭がついちゃう」というロフトがお気に入りなのは、長女の朱里(あかり)ちゃん。

「最近はもっと壁が欲しいっていうんだよ。ちょっと大人になったのかな。家族の成長を刻む。この家は木の集合体であるとともに、記憶の集合体なんです」

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 ログハウス 』新着ユーザー投稿写真

GIN

『 ログハウス 』新着編集部記事

おすすめ記事

  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • ライフスタイルマガジン『b*p』