キャンプ道具の大定番。モンベルの「ビッグタープHX」が新しくなった!

2017.05.29

 モンベルの「ビッグタープHX」は、ファミリーやグループでのキャンプで、ゆったりすごせる大型タープだ(480cm×500cm)。

1993年のカタログには、前身の八角形タープ「ビッグタープ2」やウイング「ビッグタープ1」が定番として紹介されており、1995年なると、550×520cmの大型ヘキサ「ビッグタープHX」という名前で登場。色の変更や撥水性の向上など、機能をブラッシュアップしながら、20年を超えて愛されきた。

 その「ビッグタープHX」が、今年リニューアルを果たした。

新しい「ビッグタープ」は
オプショナルルームがすごい!

 長らく2トーンカラーだったが、ソリッドカラーに変更。そして、もっとも大きな変更点は「オプショナルルーム」を取り付けられるようになったこと。

「ビッグタープHX」(2万1000円)と、「ビッグタープ オプショナルルーム」(2万3000円)。タープに寝室を装着しつつ、キャノピー部分は、チェア(ヘリノックスの「チェアワン」なら2〜4脚)を置けるほどの広さを確保する。2ルームテントのような使い方が可能なのが新しい。

●問い合わせ先
モンベル http://www.montbell.jp

 

さて、使い心地はどうなのか?

実際にアウトドアで設営してチェックしてみた。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 タープ 』新着ユーザー投稿記事

『 タープ 』新着ユーザー投稿写真

『 タープ 』新着編集部記事

おすすめ記事