本誌編集部員の愛用品!キャンパーズコレクションのキャンプ棚

2020.06.03

キャンプで必要なものを考えると、テントと寝袋のふたつはマストアイテムです。そこにタープを加えれば雨風をしのげる範囲が広がり、寝袋の下にマットを引くことで快適な睡眠を取ることができます。

さらにテーブルやチェアがあると、地べたに座ることなく食事をすることができます。煮炊きする道具も必要ですね。灯りもあると安心します。

このように、これからキャンプを始める人にとっては、道具を買い揃えるために「何が必要か」を考えながら順番に選んでいくと思います。あると便利だけど無くてもそう問題がない道具類は後回し。そんな、キャンプに慣れてきてから購入するもののひとつが、キャンプ用のシェルフ(ラック・棚類)です。

キャンプサイトでも荷物の整理を! シェルフは次に買いたいおすすめアイテム

キャンプを続けていくと徐々に持っていく荷物が増えていって、キャンプサイトでの置き場所に困るようになってきます。あれも使いたい、これも試したい。ですが、便利な道具をたくさん持っていっても、すぐに取り出せないようでは本末転倒。ギアボックスやコンテナに入れたまま、「あれ、どこにしまったっけ?」もよくある話です。

InstagramなどのSNSを使って、キャンプの様子を発信するのも今どきの楽しみ方。多くのキャンパーたちが素敵なキャンプ写真を投稿しています。それらを眺めてみると、おしゃれなサイトほど整理整頓がきちんと出来ており、快適そうに見えるもの。そんな上級者たちのほとんどが、キャンプ用のシェルフを利用しています。

ウッドやアルミなど、シェルフの種類はさまざま

キャンプ用のシェルフは、各アウトドアブランドから発売されています。テーブルよりも高さがあって、カタチもさまざまです。なかにはキッチンテーブルとして発売されているものもあり、収納と作業が同じアイテムで行なえるのが特徴です。

ベーシックなものだと、2段・3段のまさに棚。素材もウッドやアルミなどがあげられます。自分が使いやすいよう自作する人も少なくありません。

ここで紹介するのはBE-PAL編集部、早坂が仕事にプライベートに使用しているキャンプシェルフ、キャンパーズコレクション「タフライトスタンド」です。キャンプでは整理棚として使い、自宅でもカメラやパソコンを置いたりしています。

タフライトスタンドがお気に入りな理由

「キャンパーズコレクション」は工作機械・産業用機器・一般建材・家庭用機器などを取り扱う株式会社山善のアウトドアブランドです。山善は電化製品や家具類など、暮らしのアイテムを取り扱う「YAMAZEN」ブランドでも有名。ホームセンターや家電量販店でもよく目にします。

山善の商品は低価格で便利なものが多く、アイデアにも富んでいます。キャンパーズコレクションも定番のアイテムから、最近の流行を取り入れたものまでさまざま。市場ニーズを反映した旬なトレンドなギアも手軽な価格帯で取り扱っています。

キャンパーズコレクションのタフライトシリーズは、マットブラックでハードな見た目と使い勝手の良さで人気のアウトドアファニチャーです。シェルフのほか、キャンプテーブルや囲炉裏テーブル、BBQテーブルなど、ラインナップも豊富に取り揃えています。

紹介する「タフライトスタンド」はシリーズの中でも唯一、テーブルではないアイテム。ものが置ける棚スペースが4つあり、コンパクトに収納できるので持ち運びにも便利です。

上下二段の棚は、上の方が広い

はめ込み式の天板は、上下二段の仕様になっています。上の天板サイズは約47×33cm(実測)、下は41×33cm(実測)です。広々とした上のスペースは頻繁に取り出すアイテムほか、キッチンのまな板スペースとしても便利です。一方、下のスペースは高さに制限があるのと腰をかがむ必要があるので、上の段よりも使用頻度が少ないものや、動かさない重いものなどを置いてます。キャンプではウォータージャグや水筒などがちょうど良いサイズです。

はめ込み式の上天板。広々としたフラットな形状です。

下段の棚にはウォータージャグなどが便利。低めの高さなので使い勝手も上々。

上下二段のシェルフの脚部はX字の加工が施されており安定性抜群。満タンのジャグを置いても倒れることはありません。

メッシュ部分はダッチオーブンも置ける

両サイドには金属製メッシュの棚が付いています。広いほうが約58×33.5cm(実測)で狭いほうは29×33.5cm(実測値)です。広い方は伸縮式の脚部が付いており、安定性に優れています。どちらともロック機能が備わっているので、不意に棚が下がるようなことはありません。

メッシュ加工の広々天板。熱に強い素材で出来ています。

両サイドに大きさが異なるメッシュ天板を備えたつくり。こちらは脚がなく、支えが2箇所なので重いものは置けません。

天板と脚を接続するパーツを押し込むと、ロックがかかります。広い天板でロックは4箇所、狭い方は2箇所です。ロックをすることで、重いダッチオーブンも置けます。

メッシュ部は小型のBBQグリルやコンロ、ストーブなどの火器類を置いて使うことができます。この点からもキャンプの棚としてだけではなく、キッチンテーブルとしても優れていることが分かります。

折りたためるので持ち運びに便利

天板をふたつ外し、脚をしまうことでパタンと折りたたむことができます。専用袋も付いており、持ち運びも容易。コンパクトカーでもラゲッジルームに収まる大きさです。

組み立ても収納も1分かからず行なえる超カンタン仕様なのがグッド。

このシェルフの優れているところは、サイトレイアウトによって左右の幅を調整できること。タープの中などで「幅を狭くしたいな」という時に便利です。もちろん、自宅の部屋でもサイズ変更ができるので重宝します。

広いメッシュ天板を閉じた状態。

左右両方のメッシュ天板を閉じた状態。

使う場所、シーンに応じた使い方ができるタフライトスタンド。数年前からキャンパーズコレクションを代表するアイテムとして人気を博しており、発売当初は品薄でなかなか手に入らなかったほど。最近では公式オンラインストア「くらしのeショップ」ほか、Amazonや楽天でも購入することができます。キャンプで使うシェルフを探している人は参考にしてみてください。1万円以上する出品者は人気のために値上げしているところなので、1万円以下のところで探しましょう。

SPEC:

品番:TLS-150(MBK)
本体サイズ:幅129×奥行42×高さ86cm・重量5.3kg
材質:フレーム/スチール・アルミニウム(ポリエステル樹脂塗装)、フレーム・脚部/アルミニウム(アルマイト加工)

タフライトスタンド TLS-150(MBK) | YAMAZEN BOOK : https://book.yamazen.co.jp/product/campers/table/TLS-150_MBK

※構成、文、写真、買った人/早坂英之

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 テーブル 』新着ユーザー投稿記事

『 テーブル 』新着ユーザー投稿写真

『 テーブル 』新着編集部記事

おすすめ記事