キャンプで大活躍!DODのライダーズテーブルを徹底レビュー!

2020.09.26

私が書きました!
フリーライター
happeaceflower
北海道在住。キャンプや釣りなどのアウトドアに関する記事を中心に執筆しているフリーライター。趣味のキャンプや釣りの他に、車中泊をしながら、道の駅のスタンプラリーも制覇。オールシーズン外遊びを楽しむアウトドア女子。

アウトドアテーブルは、木製・金属製・プラスチック製など、さまざまな種類があります。収納方法も、折りたたみ式・ロールタイプなどと、コンパクトに持ち運べる物も多いですよね。

今回はそんな種類豊富なアウトドアテーブルの中で、コンパクトに収納できて、軽くて持ち運びに便利な、布製のアウトドアテーブル「DODライダーズテーブルTB1-461」をご紹介します。

開封と組み立て

それでは、開封して組み立てていきましょう!

開封!!

収納袋に入ってます。

収納サイズは50cm×φ8cmとコンパクト。収納袋に組み立て方がプリントされています。ライダーのためのテーブルとあって、総重量1kgという軽量設計です。

中身を出してみる。

中身はくるくるとまとまっています。マジックテープでまとめられる仕様は、とても便利ですよね!

マジックテープを外すと・・・。

色鮮やかなフレームと、メッシュの布が出てきました。フレームの表面はアルマイト加工なので、傷や摩耗に強いのが嬉しいですね。錆にくいので、釣り場に持って行ってもOK!

組み立てていく!

フレームは簡単に広がります。

フレームの色が鮮やかで、緑に映えますね。とてもしっかりとした作りです。

メッシュの布は、テーブル下の小物入れです。

メッシュの布をフレームの四隅に引っ掛けます。テーブル下に小物入れがあるのは、とても便利です。メッシュなので、洗い物を置いて乾燥させておくのに利用できますね。

天板をはめたら完成!?

天板をはめて完成!と思いきや・・・、その前に忘れがちな工程がありますので注意してください!

注意点

補助フレームをお忘れなく!

一見わかりづらいのですが、天板の裏に補助フレームが収納されています。

この位置に補助フレームをはめる。

組み立てが簡単すぎて見落としがちですが、収納袋の一番上に書いてあります。

補助フレームなしで組み立てると・・・。

補助フレームを使わないと、天板が安定しませんのでご注意を!

特徴

それでは、特徴を紹介していきます!

収納スペースがたくさんある

収納力抜群!

なんといっても、テーブル下の収納が便利です。メスティンとナイフセットを入れても、まだ余裕があります。

ジップ付きの収納もある。

テーブル下の収納以外にも、ジップがついたメッシュポケットがあります。ジップ付きなので、失くしがちな鍵や、スマホなどの収納にも安心ですね。

天板の裏にも秘密が・・・。

天板の裏にも小物を引っ掛けられるようになっています。

小物を引っ掛けられます。

シェラカップを引っ掛けたり、カラビナを利用してマグカップを引っ掛けたりできます(カラビナは付属されていません)。ゴミ袋や蚊取り線香を引っ掛けるのにも便利ですね。

丸洗いOK!

天板のアルミ板とフレームが外せます。

天板の生地から、アルミ板・フレームが外せる設計。生地が丸洗いできるので、お手入れが簡単です。

高強度な生地

天板の生地が高強度。

天板の生地は、太い糸で構成された「1680Dオックスフォードポリエステル」を使用しています。オックスフォードとは糸の織り方のこと。タテ糸とヨコ糸を2本ずつ平織りすることで、通気性が高く丈夫になります。1680DのDはデニールの略。この数値が大きければ大きいほど、糸が太く丈夫ということです。

DODライダーズテーブルはキャンプに最適!

軽量で収納力抜群!

コンパクト収納の軽量アウトドアテーブル、「DODライダーズテーブル」をご紹介しました。組み立ても簡単で、小物もたくさん収納できるのでとても便利。私はバイクに乗らないのですが、キャンプや釣り場でとても活躍しています。

ライダーの方はもちろん、そうではない方にもおすすめしたいアウトドアテーブルです!

DODライダーズテーブルTB1-461

サイズ:W46×D36.5×H33cm
収納サイズ:直径8cm×長さ50cm
重量付(属品含む):1.0kg
静止耐荷重:20kg
フレーム材質:アルミニウム
生地材質:1680Dオックスフォードポリエステル
付属品:キャリーバッグ
この記事をシェアしよう!

関連記事

『 テーブル 』新着ユーザー投稿記事

『 テーブル 』新着ユーザー投稿写真

『 テーブル 』新着編集部記事

おすすめ記事