コスパ最高!カインズの「LEDハンディワークライト」がキャンプに便利!

2020.03.29

関美奈子プロフィール
私が書きました!
アウトドアライター/デザイナー
関美奈子
美術大学卒業後、絵画・工作教室経営を経て、現在は簡単DIY、自然や人に優しいキャンプのアイデアを発信中。
ガールスカウト世界連盟ジャンボリー日本代表(1982年)、ガールスカウト日本連盟キャンパーズライセンス(野外活動指導者資格)取得。アトリエばく代表。Instagram:@minako_seki_atelierbaku
ワークライト2本、大小

カインズの「LEDハンディワークライト」その有能さが凄い!

ホームセンターのカインズで販売されている、2種の「LEDハンディワークライト」。もともとは工事作業用の照明ですが、見た目からは想像できない幅広い機能を備えています。

シンプルな姿と渋めなカラーリングも相まって、キャンプで使うのにもってこい。その使い方をご紹介しましょう。

大型なのにスリムで軽量、機能満載な「KHL-W04型」

LEDハンディワークライト大、グリーン

LEDハンディワークライト KHL-W04(グリーン)

KHL-W04型は電池込みで約240gと軽量で、長さは約226mm。スリムな形状は手にしっくりと馴染みます。また、ギアボックス等に入れてもかさばりません。

KHL-W04型は3種のライトを装備

先端にはトーチライト

LEDワークライト大、先端灯

スイッチボタンを押すと、まず先端のLEDトーチライトが点灯します。明るさは65ルーメン、懐中電灯として十分な光量です。

光が均一に広がるパネルライト

LEDワークライト大、パネルライト

ボタンを2回押すと、大型のパネルライトが点灯。270ルーメンの明るさで、広範囲に照らすことができます。

作業するときの手元灯として。キッチンに設置すれば調理台を明るく照らし、また、テーブルライトとしても機能します。

非常時や注意喚起に!赤色点滅ライト

LEDワークライト大、赤色点滅ライト

ボタン3回押しでは、赤色ライトがチカチカと点滅。あってはならないことですが、まさかの非常時や、危険を知らせる時に頼りになりそう。

角度を変えてテーブル周りを明るく

LEDワークライト大、テントの中

ライトを好きな角度に変えられるから、夜更けてメインの明かりを落とした後、テーブル周りだけを明るく照らすことができます。テント内での使用にも◎。

クルマまわりに明かりを追加できる

LEDワークライト、車のスライドドア

暗くなってからクルマの荷物を探る時、室内灯だけでは見えづらいですね。また、車中泊で室内灯を長時間点けておくのも避けたほうが良さそう。

そんな時、底面のマグネットで、パパッとライトを追加できますよ。ライトを持たなくていいから、両手が使えて便利です。

水平にも設置できる

LEDワークライト、倉庫

山盛りのキャンプギアを倉庫などに収納している人に!出し入れや整理の時、暗くないですか?

そんな時に使えるのがこの方法。KHL-W04型は天井からマグネットで下げると、本体が水平にバランスする設計になっています。こうすれば簡単に上から明るく照らせますね。

真っ暗な倉庫もこの通り!

LEDワークライト、倉庫の中を照らす

暗い倉庫内も、KHL-W04型のパネルライトひとつでこの明るさ。その都度ライトを持ち込んでも、また、常設で付けておいても良さそうですね。

小型の「KHL-W02型」は必要十分な機能性

LEDワークライト小、レッド

LEDハンディワークライト KHL-W02(レッド)

KHL-W02型は長さ約157mmとコンパクトで、重量は電池を入れて約120g。お子さんの手にもフィットするサイズ感。

 KHL-W02型は2パターンの光

扱いやすい明るさのトーチライト

LEDワークライト小、先端トーチライト

先端のLEDトーチライトは20ルーメン。暗がりで人の目を射ることの少ない、ちょうど良い明るさです。夜間、テント内の手の届く所に置いて、トイレに起きた時等に最適!

パネルライトは210ルーメン

LEDワークライト小、パネルライト

210ルーメンのパネルライトは、ちょっとした探し物や、狭い範囲をフラットに照らすのに適しています。クルマやバックパックに常備しておいてもいいですね。

タープ下にフックで掛ける

タープ下のLEDワークライト、チェア、テーブル

内臓のフックで、ソロキャンプの明かりに。軽量なので、小型テントやタープに吊り下げても負担になりません。

クルマのリアゲートに設置

LEDワークライト、車のリアゲート

背面のマグネットでヘッドレストにペタリ!小回りが利くサイズだから、リアゲートやトランクの荷物整理にも重宝。

クローゼットや物入れの整理に

LEDワークライト、倉庫の棚

細かい片付け作業にはこの使い方を!KHL-W02型をスチールの棚板に設置。ライトの位置や角度を調整しながら手元を照らすことができます。

ふたつに共通の装備はコレ!

ライトの角度調整機能

LEDワークライト大小、上向き

ライト部分は、照らしたい方向に角度を変えられます。

マグネットとフックが付属

LEDワークライト大小、裏側

裏面と底面には強力なマグネットが仕込まれ、しっかり固定できるんです。フックは手で持つとき邪魔にならないよう、裏側の溝に収められています。

ガッチリ留められるマグネット

LEDワークライト、マグネットで設置する

KHL-W04型(左)はアーム底面に1箇所、KHL-W02型(右)は背面と底面に1箇所ずつマグネットが付属。

鉄やステンレス製のギアボックス、キッチンラック等に設置しても。補助ライトとして、狙ったところをピンポイントで明るくできます。

クルクル回るフック付き

LEDワークライト小、裏のフックを出す

フックは水平方向に360度回転します。ロープや木の枝、ランタンハンガー等に引っ掛けて使えますよ。

サイズは2種、カラーは4種から選べる

両方で2,000円ちょい、電池式の安心感も!

LEDワークライト大小、ラックの上

上・グリーン、 下・レッド

大型のKHL-W04型は税込1,280円、小型のKHL-W02型は税込980円と、コスパも最高。この価格なら複数個設置したり、お子さん達に自分用のライトとして持たせてあげられそう。

どちらも乾電池式です。最近は充電式のライトも増えてきましたが、災害等で充電用の電源がない時も。乾電池さえあれば使えるライトも備えておけば、さらに安心ですね。

カラーは写真のグリーン、レッドの他に、クールなブルーと落ち着いたオレンジの4色から選べます。お手持ちのキャンプギアとコーディネートを楽しんでください!

商品情報

大サイズ KHL-W04型

・カラー:ブルー、グリーン、オレンジ、レッド
・サイズ:約60×47×226mm
・明るさ:パネルライト・270ルーメン、LEDトーチライト・65ルーメン
・連続点灯時間:パネルライト・約5時間、LEDトーチライト・約19時間、赤色点滅・約37時間(アルカリ乾電池使用時)
・電源:単3乾電池×3本(別売り)
・重量:約173g(電池別)
・価格:税込1,280円

小サイズ KHL-W02型

・カラー:ブルー、グリーン、オレンジ、レッド
・サイズ:約58×24×157mm
・明るさ:パネルライト・210ルーメン、LEDトーチライト・20ルーメン
・連続点灯時間:パネルライト・約2.5時間、LEDトーチライト・約24時間(アルカリ乾電池使用時)
・電源:単4乾電池×3本(別売り)
・重量:約90g(電池別)
・価格:税込980円

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 ランタン・ライト 』新着ユーザー投稿記事

『 ランタン・ライト 』新着ユーザー投稿写真

『 ランタン・ライト 』新着編集部記事

おすすめ記事