ヘッドライト特集!編集部おすすめの逸品

2018.11.08

山登りに欠かせないヘッドライト。ハイキング程度の日帰り登山と言えども、備えあれば憂いなし。必ず持っていきたいアイテムです。

マイルストーン(milestone)

MS-F1 トレイルマスター(MS-F1 TRAIL MASTER)

独自のクイックダイヤル式ベルト調節で、頭部へのフィット感は抜群。最大850ルーメンのハイエンドモデルながら、電球色LEDも搭載。 ●重量:180g(電池含む) ●明るさ:850ルーメン ●電源:専用リチウムバッテリー


レッドレンザー(LEDLENSER)

MH10

「明るく、軽く、長持ち」という三拍子が揃い、自分仕様に点灯プログラムを設定できるハイエンドモデル。高速充電対応に進化済み。 ●重量:158g(電池含む) ●明るさ:600ルーメン ●電源:リチウムイオン電池18650(充電式) ●耐水性:IPX4


ユーコ(UCO)

ベイパー+

付属の充電式リチウムイオン電池に加え、単4形アルカリ乾電池3本も使える。電源のない状況でのまさかの充電切れにも安心なタイプ。 ●重量:104g(電池含む) ●明るさ:300ルーメン ●電源:リチウムイオン電池(520mAh)または単4形アルカリ乾電池×3本 ●耐水性:IPX4


ブラックダイヤモンド(Black Diamond)

アストロ

光を拡散させて広範囲を均一に照らせるレンズを装備したシンプルな一灯式。バンドはダブルアジャスター式でフィット調節が楽。 ●重量:80g(電池含む) ●明るさ:150ルーメン ●電源:単4形アルカリ乾電池×3本 ●耐水性:IPX4


※構成/坂本りえ 撮影/永易量行


この記事をシェアしよう!

関連記事

『 ランタン・ライト 』新着ユーザー投稿記事

『 ランタン・ライト 』新着ユーザー投稿写真

『 ランタン・ライト 』新着編集部記事

おすすめ記事

  • 12/7(金)最終選考会にて決定 今年の1台、決まる。日本カー・オブ・ザ・イヤー 2018-2019 1980年の第1回開催から39年。今年はどのモデルが栄誉に輝くのか。
  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • 12/7(金)最終選考会にて決定 今年の1台、決まる。日本カー・オブ・ザ・イヤー 2018-2019 1980年の第1回開催から39年。今年はどのモデルが栄誉に輝くのか。
  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • ライフスタイルマガジン『b*p』