『iPhone』のカメラ機能をアップデートする神ギアがあった!! | BE-PAL

『iPhone』のカメラ機能をアップデートする神ギアがあった!!

2020.04.11

『iPhone 7』を購入してから、ちょうど3年になります。

そろそろ買い替えようかな……なんて思いつつも、特に「買い換えなきゃ!」という理由も『iPhone 7』には見つかりません。処理能力の速さや持った時のサイズなど、特段の不満もないのです。

唯一、昨今の向上いちじるしいカメラ機能を考えると、そろそろ新しいスマートフォンに買い換えたいかも……とは思います。スマートフォンを買い換えるというよりも、カメラを買い換えたいということですね。

そんな煮え切らない筆者のもとに、「『Shiftcam(シフトカム)』を使ってみてほしい」との依頼が、編集部から届きました。

『ShiftCam 3-in-1 Travel Set Bundle iPhone 7/8』

『ShiftCam(シフトカム) 3-in-1 Travel Set Bundle iPhone 7/8』は、外付けカメラレンズを取り付けられるiPhoneケースです。まずは一般的なケースと同様に『iPhone』本体に付けます。そしてレンズ部分を、ケースに取り付ければOKです。

これで、レンズ部分をスライドさせるだけで、通常よりも「広角/超広角(魚眼)/接写」で撮影できるようになります。

シフトカム

レンズ部分をスライトさせると、広角/超広角/マクロへと切り換えられる

こうした外付けレンズには、クリップで固定するタイプのもの(通称:クリップレンズ)がありますが、スマートフォンのレンズと頃合いよく固定するのが難しく、「なんかうまくフィットしないなぁ」っていうことが多いです。

『ShiftCam』の場合は、そうした心配がなく、カチッカチッカチッとレンズ部分をスライドさせるだけで、それぞれのレンズを切り換えて撮影できます。そのため、「いますぐ広角で撮りたい!」と思ったら、すぐに広角で撮れます。(クリップレンズの場合は、取り付けてからの調整に時間がかかり、精神的にじわじわとダメージを受けて、結局使わなくなってしまいます)

ということで、『ShiftCam』の主なメリットは、「広角/超広角(魚眼)/接写」をストレスなく切り換えて撮影できる点にあります。

魚眼も接写も思いのまま!

シフトカム自体の説明は、それくらいにしておきましょう。気になるのは、どんな写真が撮れるのか? ですね。

『iPhone 7』のレンズで撮ったスカイツリーです

『ShiftCam』の広角レンズで撮影

『ShiftCam』の超広角(魚眼)レンズで撮影

画質については、『ShiftCam』を使わない方がキレイです。『ShiftCam』の広角レンズでは、画質劣化がそれほど目立ちませんが、さすがに超広角(魚眼)レンズでは四隅の描写がボヤケてしまいます。

とはいえ、写真の画角、テイストのバリエーションを増やせる楽しさを考えれば、この程度の画質劣化には目をつぶりたいところです。

顕微鏡のようなマクロ撮影が可能

 広角/超広角(魚眼)のほかに接写レンズにも切り換え可能です。結論を言えば、草木の撮影を趣味とする筆者には、この接写レンズの存在が、シフトカムの価値をググっと引き上げました。

オオイヌノフグリ

まずは春の野花の代表格、オオイヌノフグリを撮ってみました。まだ花が完全に開いていませんが、細部の精細感は失われていませんし、花びらのルリ色もよく表現されています。

ただ、被写界深度がものすごく浅く、ピントを合わせるのに苦労しました。個人的には、もう少し被写界深度が深いと嬉しいのですが……。とはいえ、ピントが合っている範囲については、描写も良好です。

こちらは『iPhone 7』のレンズで、できるだけ近づいて撮ったナズナ=ぺんぺん草です。

同じナズナを、『ShiftCam』の接写レンズを使って撮ると、ぐぐぐぅっと近づいて撮影できます。雌しべ雄しべまでしっかりと、とらえられます。

こちらはヒメオドリコソウです。ゆらゆらと風に揺られる花を撮るのは大変ですが、息を止めつつカメラアプリのシャッターボタンを長押しして連射すると、何枚か唇の形の花びらにピントが合いました。花びらに生えた微細な毛まで写っているのがうれしいです。

接写レンズだけでも買う価値あり!

前述のとおり、超広角や接写レンズなどは、クリップレンズであれば数千円で購入できます。ただ、使ってみれば分かりますが、セッティングの調整が非常にセンシティブです。「撮りたい!」と思ったときに、即座に撮るのには、かなりセッティングに熟練する必要があります。

その点、『ShiftCam』は、誰でも簡単にレンズを変えて撮影できます。

どれだけの人がいるか知りませんが、特に筆者のように小さな野花などを撮りたいユーザーには、接写レンズだけでも買う価値は十分にあります。

もちろん、野花だけでなく、昆虫を接写で撮りたいとか、超広角で撮ってみたいという方にもオススメです。てんとう虫が草から飛び立つ姿も、詳細までしっかりと撮れましたよ。

マクロの自然を手軽に撮るには、必須のレンズ/カバーと言えるでしょう。

ちなみに「7」以外のiPhoneに対応するシフトカムも用意されています。試してみるといいですよ。

SPEC DATA
実勢価格:7,500円前後(税込)
対応スマートフォン:iPhone 7/8

構成/河原塚英信

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 アウトドア雑貨・小物 』新着ユーザー投稿記事

『 アウトドア雑貨・小物 』新着ユーザー投稿写真

『 アウトドア雑貨・小物 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。