『 キャンプ用のゴミ箱どうするか問題 』に結論がでました

2019.02.25

キャンプ道具を揃えていくなかで、ついついあとまわしになってしまうのがゴミ箱ではなかろうか。たとえかっこいいものが見つかっても高価すぎたりして、なかなか買うふんぎりがつかない(ゴミ箱にお金をかけるのはなんとなく抵抗があるものだ)。結局はテーブルやチェアにレジ袋を引っかけてゴミ箱としてしまう。しかし、それでは見苦しいばかりか、ゴミが風に飛ばされて散らばってしまうおそれもある。

オレゴニアン キャンパーの「ポップアップトラッシュボックス」は、キャンプ用ゴミ箱というジャンルがあるとしたら、いまその筆頭にくる商品かもしれない。しっかりしたつくりで、色や形もかっこいいから、それなりの値段がするかと思いきや、3000円台という手ごろな値段である。上からつぶしてハンドルを面ファスナーで固定すると薄くたためるなど、機能的にもすぐれている。コヨーテ(上写真)とブラック(下写真)の2色があり、2つ揃えればゴミの分別もしやすい。

 

らせん状にワイヤーが入っていてしっかりと自立する。

裏返してハンドルどうしを面ファスナーを留めれば、薄くたたむことができる。

内側にはスナップボタンが付いていて、ゴミ袋を固定できる(45lがちょうどいい)。

 

3,456円

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 アウトドア雑貨・小物 』新着ユーザー投稿記事

『 アウトドア雑貨・小物 』新着ユーザー投稿写真

『 アウトドア雑貨・小物 』新着編集部記事

おすすめ記事