アウトドア財布特集!編集部おすすめの逸品

2018.11.09

トレッキングや冒険旅行のとき、意外とかさばるのが財布。かといって持たずに行動するわけにもいかない…ですよね。それならば、アクティブ派のために開発された、コンパクトで汗濡れや雨に強く、機能性バツグンの財布を使いませんか。

ミュール(mule)

ミュール コミューター ナイロン(MULE commuter Nylon Model)

スキミング防止機能付きで安心度バツグン。全世界の紙幣に対応する仕切り付き札入れ。内部には隠しカードスロットを装備。クレジットのほかバンクカードや各種ポイントカードなど、24枚ものカードをたっぷり収納できる。裏にジッパー開閉の小銭入れ付き。

●サイズ:120×100mm
●重量:約48g


パーゴワークス(PaaGo WORKS)

トレイルバンク-M(TRAIL BANK-M)

斜めカットのフラップで片手で開閉できる! 紙幣の出し入れが素早くできる2辺開放式札入れ、裏面には中身の視認性に優れたPVCメッシュ小銭入れを装備。さらに開閉フラップの斜め部分に指をかければ片手でスピーディーに開けるなど、使い勝手の良さはピカイチ。

●サイズ:90×120mm
●重量:45g


if you have

Wallet 2 Custom LS21 Black Heather

好きな配色が選べるカスタムオーダー品。15色のジッパーから好きな色が選べる。右利き用、左利き用があり、注文受付後に作るシステムが特徴的。札入れ内部にもカードホルダーが付き、合計10枚までのカードが収納可。日、米、ユーロの紙幣サイズに対応。

●サイズ:87×96mm(二つ折り時)
●重量:16g


ミニマライト(MINIMALIGHT)

PLAY WALLET – LEATHER

高品質な本革製の三つ折りタイプ。イタリアンレザーを使い、京都の革職人が手作りしている一品。しっとり柔らかい革の感触は格別だ。小さいながらも、紙幣、カード(6枚推奨)のほか、裏面にはジッパー開閉の小銭入れ付き。同仕様でX-Pacタイプもある。

●サイズ:約60×95mm
●重量:42g(実測値)


Beautiful money

Wallet X-Pac

板バネ式小銭入れが使いやすい! 防水性に優れ、軽くて耐久性も備えたX-Pac製。1万円紙幣がぴったり入るミニマムサイズで、カードは8枚程度まで収納可能。小銭入れの裏側もポケットになっており、カード収納部裏には鍵が入る隠しポケット付き。

●サイズ:81×90mm
●重量:14.8g(実測値/カラーによって増減あり)


ヌルク(Nruc)

TY-20 WALLET

使いやすさ重視のUL財布。UL=ミニマムサイズ──という法則を逸脱した余裕の長さがある札入れは、紙幣の出し入れがホントに楽で使いやすい。あくまで登山用として作っているため、カード収納数は4~5枚と少なめになっている。生地はX-Pac。

●サイズ:115×102mm
●重量:20g


OWL

X-Pac Kohaze Wallet

コハゼ採用の静音(!?)設計。足袋の留め具として使われる爪状のコハゼを使ったユニークなモデル。面ファスナー式のようなベリベリ音がなく、静かに開閉できる。また、コハゼの掛け位置を変えて容量増にも対応可能。3層構造の高強度ナイロンX-Pac製。

●サイズ:56×96mm
●重量:13.9g


City to Summit

invisibleコインケース

コインがよく見えるシースルー小銭入れ。取り出すときに中身を透明部分に寄せると、必要なコインが選びやすいというアイデア商品。本体生地はX-PacとPVCで、ジッパーは止水タイプを使用。完全防水ではないが、少々の汗や雨で内部に浸水する心配はない。

●サイズ:90×100mm
●重量:13g


アトリエブルーボトル(atelierBluebottle)

ハイカーズウォレット(Hiker’s WALLET)

必要最小限の収納力が自慢。山に登るのに大金は不要──というコンセプトから生まれた、わずか10gの財布。X-Pac製本体に小銭、ダイニーマコンポジットファブリック製スロットには、カードのほか二つ折りにした紙幣を収納可。汗濡れや雨にも強い。

●サイズ:100×75mm
●重量:10g


※構成/坂本りえ 撮影/永易量行


この記事をシェアしよう!

関連記事

『 アウトドア雑貨・小物 』新着ユーザー投稿写真

『 アウトドア雑貨・小物 』新着編集部記事

おすすめ記事

  • 12/7(金)最終選考会にて決定 今年の1台、決まる。日本カー・オブ・ザ・イヤー 2018-2019 1980年の第1回開催から39年。今年はどのモデルが栄誉に輝くのか。
  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • 12/7(金)最終選考会にて決定 今年の1台、決まる。日本カー・オブ・ザ・イヤー 2018-2019 1980年の第1回開催から39年。今年はどのモデルが栄誉に輝くのか。
  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • ライフスタイルマガジン『b*p』