ニトリの商品部に聞く「買うならコレ!」オススメのキャンプグッズ15選 | BE-PAL

ニトリの商品部に聞く「買うならコレ!」オススメのキャンプグッズ15選

2021.05.15

キャンプにはいい季節になりました。しかしコロナの感染拡大が気になるところ。そこで自宅のベランダや庭でベランピンググッズとしても使える、オススメのキャンプグッズをニトリの商品部にお伺いしました。オススメポイントとともにご紹介します。

木製 メッシュローテーブル(INS)

木製 メッシュローテーブル(INS) 3,990円 サイズ:使用時/幅71×奥行31.7×高さ27.5cm、天板/64.5×31.7cm、約2.3kg

最初にご紹介するのは、キャンプやバーベキューにピッタリのローテーブル。オススメポイントは人気の木製ローチェアと同じ素材、色の木製でありながら、メッシュ部分があるところ。メッシュ部分には加熱した鍋などをそのまま置けるところが便利です。

メッシュ部分には加熱した鍋などをそのまま置けます。

高さ27.5cmのローテーブルは調理後のお鍋を置いたり、サブテーブルとして使ったり。見た目だけではなく、使い勝手もいいので、アウトドアでの調理シーンには、イチオシです。

木製折りたたみローテーブル

木製折りたたみローテーブル 4,990円 サイズ:幅90×奥行50×高さ38cm、約5㎏

次にご紹介するのは、アカシア素材でオイル仕上げの表面加工が施されている折りたたみローテーブル。木製品のテーブルは、ベランダや庭でくつろぐとき、ナチュラルな雰囲気を演出してくれます。
テーブルは、プランターを置いたり、アウトドアの道具置きにも。

人気のロータイプのテーブル。ベランピンググッズとしても活躍します。

天板には収納用ベルト付き。使わないとき、持ち運ぶときはスリムに収納できます。人気のロータイプのテーブル選びで、持ち運びや収納をまず考えるのなら、こちらがオススメです。

木製ラック(3段 W INS)

木製ラック(3段 W INS) 2,990円 サイズ:幅47.5×奥行30×高さ59cm、約3.6kg 表面加工:オイル仕上げ。

あたたかみのある天然木の風合いで揃えたいなら、木製ラックもオススメ。
ポイントは、ニトリのカラボサイズのバスケットがピッタリ入るサイズにリニューアルされたところ。バスケットと合わせれば、キャンプだけではなく日常シーンの収納ラックとしても活用できます。

ニトリのカラボサイズのバスケットがピッタリ収まります。

アウトドアでは、ベランダや庭のプランター置きにしたり、キャンプやバーベキュー時の道具置きにしたり。こちらも使わない時はスリムにたためて場所もとらずにスッキリ収納できます。
3段のほか、2段1,990円、4段3,990円もあります。

木製ストッカー(IVT)

木製ストッカー(IVT) 1,490円 サイズ:幅40×奥行30×高さ48.5cm、1.2kg。

木製ローチェアと揃えたい方には木製ストッカーもあります。本体は面ファスナーで取り付け簡単。そしてフレームを畳めばコンパクトに収納できます。

面ファスナーで着脱は簡単です。

木製ストッカーは、見た目スマートなゴミ箱として、キャンプで困りがちなごみ問題も解決できるところがポイントです。

木製ローチェア

木製ローチェア 2,990円 サイズ:幅62×奥行46×高さ62cm、約3.3kg、座面の高さ25cm。

木製のチェアで人気の商品はこちら。ゆったりと身体を預けてくつろげるサイズが人気の木製ローチェアです。折りたたんで収納できるので、狭いベランダでもコンパクトに使えます。

カラーバリエーション:アイボリー、ブラウン、ネイビー、通販のみ:グリーン、レッド、ベージュ、イエロー、ブラック

木製ポータブルチェア

木製ポータブルチェア 2,990円 サイズ:幅40×奥行63×高さ59cm、2.7kg、座面の高さ20cm。

木製のチェアからもう1つ。木製ポータブルチェアは、アカシア100%のフレームにオイル仕上げの表面加工が施されているナチュラルチェアです。

特長は、使わないとき、背もたれと座面を組み合わせてコンパクトに収納できるところ。

背もたれと座面を組み合わせてコンパクトに収納できる優れモノです

スリムに畳めるので、収納のしやすさを考えるのなら、このチェアがオススメです。

バタフライチェア 3,990円

バタフライチェア 3,990円 サイズ:幅84×奥行74×高さ86cm、3.38kg。

ネットのレビューでも座り心地がいいと好評なのがこちら。コンパクトに収納、持ち運びできるチェアながら、ふかふかのシートにすっぽりと包まれるような座り心地を体感できます。バタフライチェアはリラックスチェアとして家の中でも。ゆったりとくつろげます。収納はフレームから座面シートを取り外して、コンパクトに。

カラーバリエーション:アイボリー、ブルー、ネイビー。

座り心地もよく、収納もコンパクトにできるところがポイントです。 

バタフライチェア 4,990円(税込)(バタフライチェア FL ISU)

バタフライチェア 4,990円 サイズ:幅84×奥行74×高さ86cm、3.68kg、革に見える仕様で、背もたれにボタン使用。

上記3990円のバタフライチェアのシート生地をグレードアップさせたのがこちら。ふかふかのシートにすっぽりと包まれるような座り心地を体感できるチェアであることは同じですが、シート生地にもこだわりたい方はこちらがオススメです。

シュラフ 夏季用(サマー シュラフ ISH)

シュラフ 夏季用(サマー シュラフ ISH) 1,490円。

星空をベランダや庭から眺めながらうとうと……。そんなときはシュラフ 夏季用が活躍します。広げればグランドマットに。2つを連結させて、大きを変えられるところもポイント。夏のキャンプにおすすめのシュラフ 夏季用は、ネット使用で洗濯機洗い可能。

サイズ:使用時/74×180×5cm、収納時/20×20×35cm、重量:本体全体/950g、充填物のみ/500g。

付属の袋に収納できます。

インフレータブルマット

インフレータブルマット 1,790円 サイズ:幅173×奥行58×高さ2.5cm、約1kg。

もう少し寝心地良くしたいのなら、インフレータブルマットはいかがでしょうか。
バルブを開放しておけば、放っておいたままでも自動で膨らみます。また、サイドのボタンをとめればマットを連結することも。複数のマットを連結すれば、テント内にマットを敷き詰めることもできます。

複数のマットを連結させることもできます。

防災対策用グッズとしてもオススメです。

エアベッド ポンプツキO

エアベッド ポンプツキO 2,490円 サイズ:幅185×奥行74×高さ23cm、約1.5kg。

アウトドアだけではなく、急な来客用としても使えるエアベッド。ポンプツキOは押しても引いても空気が入るダブルアクションポンプ付きです。また逆流防止弁付きなので、エアポンプをはずしても空気が漏れません。

押しても引いても空気が入るダブルアクションポンプ付き。その他リペアキットとして、生地シート(本体上部用、 本体下部用)、接着剤、スティックが付属しています。

表面素材は肌触りのよいベロア調。本体は耐久性があるPVC素材(塩化ビニル樹脂)で、空気を抜けばコンパクト収納が可能。防災対策用グッズとしてもオススメです。

ピクニックバスケット

ピクニックバスケット 999円 サイズ:幅33×奥行22×高さ18cm(取っ手含まず)、330g。

アウトドアでも家の収納グッズとしても活躍するのが、このピクニックバスケット。
収納力抜群なスクエア型で、小分け収納しやすい6個のサイドポケットが付いています。

中の仕切りはマジックテープで変動可能。

また中に入れるもののサイズに合わせて、仕切りがマジックテープで動かせるので、ごちゃつきやすいモノを使いやすく収納できます。

EVA 角バスケット(IBA)

EVA 角バスケット(IBA) 599円 サイズ:幅38×奥行26×高さ24cm。

EVA 丸型バスケット 799円

EVA 丸型バスケット 799円 サイズ:幅35×奥行35×高さ45cm。

屋内の収納グッズとしても活用できるバスケットとしてEVAバスケットもあります。アウトドアで濡れたモノ、汚れたモノを入れてそのまま持ち帰れます。角形は木製ラックにぴったり入ります。丸型もあるので、入れたいものによって選ぶことが可能です。

行楽ボックスIDA S:1,490円、L:1,990円

行楽ボックスIDA (写真上)S:1,490円 サイズ:幅41×奥行40×高さ39cm、約2kg(下)L:1,990円 サイズ:幅61×奥行40×高さ39cm、約2.8kg。

最後にご紹介するのは、アウトドアグッズの収納に役立つボックス。行楽ボックスIDAはレジャー・キャンプグッズの収納に便利なボックスです。左右に持ち手がついているので、キャンプやアウトドアへ行くときはそのまま車へ。持ち運びに便利な収納ボックスです。

※価格はすべて税込価格。店舗によって品揃えが異なり、在庫がない場合があります。また掲載商品については廃盤、仕様変更等となっている場合があります。

取材協力:株式会社ニトリ ニトリネット:https://www.nitori-net.jp/ec/

文/栗山 佳子

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 アウトドア雑貨・小物 』新着ユーザー投稿記事

『 アウトドア雑貨・小物 』新着ユーザー投稿写真

『 アウトドア雑貨・小物 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。