連続使用30時間、自動首振り…。ポータブル扇風機界の“令和の怪物”が登場

2020.12.21

左「ホワイト」、右「ブラック」。高さは35~49cmの範囲で調節可。上下の角度の可動域は70度。

近年の猛暑によって、テント内でポータブル扇風機を使う人が増えている。さらに、冬には、結露防止のサーキュレーター(circulator=空気循環機)として使う人が増えているという。いまやポータブル扇風機はキャンプアイテムとしてすっかり認知されているようだ。そして、ここにとうとう真打ちが登場した。ルーメナーの「FAN PRIME(ファン プライム)」である。ルーメナーといえば、ハイスペックのLEDライトがよく知られているが、この「ファン プライム」もきわめてハイスペックだ。実は「ファン プライム」には先行モデルがあり、その先行モデルから大幅に性能がアップしている。主なところをまとめてみた。

・高さ調節:不可→可能(35~49cm)

・自動首振り:なし→あり

・羽の枚数:3枚→7枚(やさしく心地よい風)

・風力:1.5倍

・リモコン:なし→あり

・タイマー設定:2つ(1、3時間)→4つ(1、2、4、8時間)

・バッテリー容量:4,000mhA→8,000mhA

・連続使用時間(最小風力時):20時間→30時間

・サイズ:約幅16.5×奥行き13.1×高さ26.8cm→約幅20.3×奥行き16.2×高さ35cm(最も低くしたとき)

・重量:460g→950g

サイズが大きくなり、重量も重くなっているが、これだけ性能がアップしていれば、許せるのではないだろうか。音も静かで、木の葉がこすれる程度の20dBしかしない。斜め型のファンガードによって、拡散しない直進性の高い風が吹き、風を遠くまで届ける(最大風力で約10m)から、空気をしっかりと循環させてくれる。濡れた衣類も乾かしてくれる。家庭では、エアコンの効率アップや雨の日の洗濯物の乾燥などに活躍してくれるだろう。

左右の自動首振りの可動域は120度。

ダイヤルを回して風量を4段階に調整できる(左のLED灯で確認できる)。ダイヤルを短く押すとタイマーを4段階(1、2、4、8時間)に設定できる(右のLED灯)。ダイヤルの長押しは左右の自動首振り。ダイヤル手前のライトはバッテリー残量を示す(0~20%になると赤く点灯)。

USBで充電。約4時間30分のフル充電で連続使用時間は最大30時間(風量最小時)。

各11,000円

※この商品は[通販サイト]「大人の逸品」から購入できます。

FAN PRIME(ファンプライム)

https://www.pal-shop.jp/item/A55012009.html

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 アウトドア雑貨・小物 』新着ユーザー投稿記事

『 アウトドア雑貨・小物 』新着ユーザー投稿写真

『 アウトドア雑貨・小物 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。