ポンと置いてすぐ投影。初めてでも簡単に扱えるハイスペックプロジェクター

2020.11.03

この大きさで考えうるかぎりの機能をつめこんだハイスペックのプロジェクターである。さっそく特筆すべき点をあげていくと……。

・投影画面は最大300インチ(最大で横幅6mくらいの大きさになる)。

・オートフォーカスなので、投影すると自動的にピントを合わせてくれる。

・200ANSIルーメンだから投影された画面が明るい。

・フルハイビジョン(1080 FULL HD)の高解像度なので、映像が高精細。「4K」「3D動画」にも対応。

・本体にAndroid7.1.2を搭載し、通信機能を備えているので、スマートフォンなどのデバイスに接続していなくても、インターネットを通じてさまざまな映像を投影できる(iOSにも対応)。

・16GBのストレージを内蔵しているので、事前に動画などを保存しておけば、オフラインの環境でも投影できる。

・8000mAh のモバイルバッテリーとして使用できる。

・バッテリー容量が大きいので、充電できない環境でも約2時間連続して稼動できる。

・3Wのスピーカーを内蔵しているので、音がいい。プロジェクターとしてだけでなくスピーカーとしても優秀。

といったところである。商品を撮影したときに実際に投影してみたのだが、そのときに感じたのは操作の簡単さ。投影すると、勝手にピントを合わせてくれるのがまずありがたい。最初に現れる操作画面には、「YouTube」と「Google Play」が表示されるから、他のデバイスから動画などを取り込まなくてもすぐになんらかの動画を見ることができる。操作するときは投影された画面に向かって、リモコンを指してポインターが動かせばよい。スマホを操作している感覚で直感的に操作できる。つまり充電さえされていれば、電源を入れてポンと置いておけばすぐに使いはじめることができる。そのあたりの扱いやすさはとてもアウトドア向きといえる。

直径は約9cm、高さは約16cm。重さは740g。

本体上面の操作パネル。リモコンからの操作も可能。

USB充電のほかコンセントからも充電可能。

全付属品。

あらゆる平面がモニターとなる。

98,000円

※この商品は[通販サイト]「大人の逸品」から購入できます。

モバイルプロジェクター Cinemage

https://www.pal-shop.jp/item/A55011014.html

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 アウトドア雑貨・小物 』新着ユーザー投稿記事

『 アウトドア雑貨・小物 』新着ユーザー投稿写真

『 アウトドア雑貨・小物 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。