脱プラスチック!ecoffee cupでおしゃれなエコ暮らし | BE-PAL

脱プラスチック!ecoffee cupでおしゃれなエコ暮らし

2020.08.24

私が書きました!
アウトドアライター
また たびこ
旅・キャンプ・温泉・猫が大好きなアウトドアライター。群馬県在住。フリースクール運営のかたわらライター活動中。夫婦でキャンプ&車中泊の日本一周をしたり直感で旅する世界一周をしたり、根っからの旅好きです。今年、家庭菜園を始めました!

現在、地球規模の環境問題として大きな注目を集めているプラスチックごみ。国内でも、レジ袋が有料化されましたが、みなさん、エコバッグは持ち歩いていますか?自然環境への意識が高まりつつあるこの頃ですが、プラスチックゴミを減らすために、アウトドアをこよなく愛する私たちができることはなんでしょうか?

今回は、環境に配慮した新しいタイプのコーヒーカップ「ecoffee cup(エコーヒーカップ)」をご紹介します。

ecoffee cupとは

イギリス生まれのエコーヒーカップ。おしゃれなデザインばかり!

2014年に英国で生まれたecoffee cup(エコーヒーカップ)は、その名にもかけてあるように、繰り返し使えるエコなコーヒーカップです。

公式サイトによると、毎年、1000億ものコーヒーカップがごみとして捨てられています。使い捨てカップの平均寿命は早くて10分ほど、長くてもリユースして数日でしょうか。使い捨てにつながるプラスチックカップをやめることは、自然環境を大切にすることにつながりますね。

ecoffee cupをおすすめする理由

パッケージもいたってシンプル。簡易的な包装である

ecoffee cupは「生産過程においても公害を出すこともなく、とても環境に配慮した」と公式サイトで発表されているぐらい、環境に対する本気度の高さがうかがえる商品です。

素材は持続可能な資源である竹

カップの中の様子。軽くてしっかりしたつくり

ecoffee cupは、竹を素材に作られています。樹木は伐採すると次の樹木が育つまでに数十年かかりますが、竹の場合、伐採しても地面の下にはりめぐらされた地下茎から次々と芽が出てきます。成長スピードがとても速い竹は、持続可能な資源としての価値が大いにあります。

日本では古来より、竹を暮らしの中の様々なものに使ってきました。木材よりも持続可能である竹を使うことは、地球環境への配慮ややさしさを感じます。

自然や人にやさしい素材を使用

人体への有害性が指摘されているBPAなどがプラには含まれるが、エコーヒーカップは人にも自然にも安心な素材が使われている

カップ本体の素材は、土の中で分解可能なバンブーファイバー(竹の繊維)、コーンスターチ、アミノ酸由来の樹脂などです。

公式サイトによると、使用される竹は、持続可能な方法で管理されている竹林の竹を使用し、竹の処理には化学処理を行っていないとのこと。取り外し可能なフタやホルダーは、シリコンでできています。プラスチック製品に多く含まれるBPA とフタル酸エステルは含まれていないそうなので、安心して使用することができますね。

デザイン性の高さ  

美しいデザインが揃っているので、選ぶ楽しさと同時に選びきれない悩ましさも!

ecoffee cupは、見た目がとてもスタイリッシュ!明るく鮮やかな色合いやクラシックなプリントが施されています。イギリスのグラフィックデザイナーであるエマ・J・シプリーがデザインした柄や「モダンデザインの父」と呼ばれる19世紀のデザイナー、ウィリアム・モリスのパターン柄も販売されていますよ。

ぱっと見ると、おしゃれなデザインがプリントされた紙カップのように見えますが、持ってみるとしっかりした竹素材のカップにびっくり!

脱プラするならストローもプラ以外で!

フタ部分には、ホット用の飲み口とアイス用のストロー挿し口があります。また、ホルダーがあるおかげで、あたたかい飲み物をいれた際に持ちやすく、重宝します。フタとホルダーは、カップ本体のデザインとカラーコーディネートされているのもおしゃれですね。

おすすめの使用場面と気をつけること

サイズ展開は240ml・350ml・400ml

エコなマイカップであるecoffee cupは、オフィスや自宅使いにおすすめですが、ドリンクホルダーにおさまる形なのでドライブシーンにもぴったり!そして、特におすすめしたいのは、アウトドアでのecoffee cup利用です。

アウトドアフィールドにぴったり

キャンプシーンでは、朝のコーヒータイムに使いたい!

キャンプやアウトドアに出かけて、散乱したプラスチックごみを見かけると、悲しい気持ちになりますよね。ecoffee cupは、繰り返し使えるのでゴミにはなりません。また、自然に還る素材だからかデザイン性が高いからか、アウトドアシーンでの利用によくなじみます。

アウトドアフィールドに出かけるからこそ、環境にやさしいギアや持ちものを。軽いうえにスタッキングもできるので、家族やメンバー分の持ち運びも楽々ですよ!コーヒーショップでお気に入りのマイカップにコーヒーをテイクアウトして、キャンプやアウトドアへ出かけませんか。

贈りものにも

カラーもデザインも豊富なので、贈る相手をイメージして選ぶと楽しい!

ecoffee cupは、デザインやカラーバリエーションが豊富。見るたびにワクワクしてしまうし、誰かに見せたくなります。環境に配慮し、おしゃれで実用性も高い!こんなコーヒーカップをギフトにして、環境保護に貢献するのも素敵ですよね。

注意点

今回、ecoffee cupを購入したところ、届いた荷物は簡易包装!細かやな部分まで環境への配慮が見られる

簡易包装ということもあり、ecoffee cupは、商品が外の空気に触れる形で送られてきます。特にフタのシリコンのところにホコリがつきやすいようなので、使用する前はしっかり水洗いしましょう。ギフトの場合は、特に気をつけたいところですね。

フタもホルダー部分は簡単に外すことができますので、取り扱いは簡単!コップ本体部分は食器洗浄機対応です。

お気に入りのマイカップが見つかれば、脱プラスチックは簡単かも!

プラスチックごみを減らすために、ご自分用にも、ギフト用にも、ecoffee cupを検討してみてはいかがでしょうか。エシカルな暮らしを目指したいですね。

ecoffee cup

サイズ :約9×14.5cm
容量  :400ml(240ml・350mlサイズもあり)
原材料 :(本体)竹繊維、コーンスターチ、樹脂、木繊維、ポリウレタン
     (フタ・ホルダー)シリコーンゴム
耐熱温度:(本体・フタ・ホルダー)110℃
耐冷温度:(本体・フタ・ホルダー)-20℃
メーカー希望小売価格:2300円(税抜)

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 ドリンクボトル 』新着ユーザー投稿記事

『 ドリンクボトル 』新着ユーザー投稿写真

『 ドリンクボトル 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。