デイパックの名門「JANSPORT」から50周年ブラックモデルが登場。

2017.05.24

 1967年にアメリカ・シアトルで誕生した「ジャンスポーツ」が、ブランド誕生50周年を記念して2モデルのパックを発売した。

 「ライトパック 50th アニバーサリーエディション」は、1990年に誕生して以来、変わらぬ人気のアイコンバッグ「ライトパック」を、ツヤ感のある限定コーデュラで製作し、記念ロゴを配したモデル。

 1980年代の大学生がアウトドア用バッグに教科書を入れて持ち運んでいたことから、ジャンスポーツは、より耐久性の高いポリウレタンで本体を作り、底をスウェードレザーで補強した。これが「ライトパック」の前身である「スーパーブレイク」。

 「ライトパック」は、通常のナイロンの7倍の強度を持つ「コーデュラ」素材(高強度ナイロン)を用い、より軽快でタフなパックに仕上げることで同ブランドの顔となった。シンプルな1気室だが、現在は15インチパソコンを収納できるスリーブを搭載するようになった。
 

 

ジャンスポーツ/
ライトパック 50th アニバーサリーエディション

1万6000円

プレミアムコーデュラナイロンとスエードレザーは、どちらもブラックカラー。スタンダードなライトパックよりエレガントで、ビジネスパーソンが仕事でも持ちやすいデザインとなっている。フロントポケットはオーガナイザー機能付き

 

内側まで50周年をアピールする
「ブラック・ハチェット」

 もうひとつは、タウンでもアウトドアでも使えるアウトサイドシリーズ「ハチェット」をベースとした「ハチェット 50th アニバーサリーエディション」

 「ハチェット」はポリエステル素材を採用しているが、記念モデルは「ライトパック」同様プレミアムコーデュラナイロン製。大きく開くフラップをめくると、記念ロゴが大きくアピールするという遊び心のあるデザインだ。

 

ジャンスポーツ/
ハチェット 50th アニバーサリーエディション

1万7000円

デイリーに使いやすいオールブラック製「ハチェット」だが、特製ファブリックと記念ロゴ、そして豚鼻の代わりに、「since1967」の菱形タグが縫い付けられているなどアニバーサリー感満載。

本体のコーデュラにはマットスクリーンプリントで「50」をデザイン。光の加減で表情が変わる仕掛け。

 

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 リュック・バッグ 』新着ユーザー投稿記事

『 リュック・バッグ 』新着ユーザー投稿写真

『 リュック・バッグ 』新着編集部記事

おすすめ記事