3位はメスティン、2位はテント、そして1位は…!? 2021年上半期に新しく購入したギアBEST10! | BE-PAL

  • ホーム
  • 道具・ギア
  • 3位はメスティン、2位はテント、そして1位は…!? 2021年上半期に新しく購入したギアBEST10!

3位はメスティン、2位はテント、そして1位は…!? 2021年上半期に新しく購入したギアBEST10!

2021.09.12

続々と新商品が登場するアウトドアギア。すでに持っていてもアウトドアショップに行くと、新しいものが欲しくなってしまいますよね…!? 今回は2021年上半期に購入したアウトドアギアを大調査。ソロキャンも人気になって、購入するものも変わってきている? それでは見ていきましょう!

1位 焚き火台

撮影:山本智(BE-PAL2021年5月号より)

1位は、焚き火台でした!

焚き火をしにキャンプに行くという人も少なくないのでは?それほどキャンプに焚き火は欠かせない存在です。新作の焚き火台は、多種多様なものが多く、国内外のアウトドアメーカーのほかガレージブランドからも続々と新しいモデルが登場しています。焚き火料理をしたい人からは、重心が低く安定感のあるものが人気に。近年は機能面よりも焚き火台自体のデザインで選ぶ人も多いようですよ。
ちなみにソロキャンパーからは、収納時にコンパクトになり1kg以下のものに注目が集まっているようです!

2位 テント

撮影:中村文隆(BE-PAL2021年5月号より)

2位はテントでした!

キャンプをはじめようと思ったときに、最初に購入するアイテムといえばテントですよね。2位に入っているのは納得です。またファミリー、ソロ、カップルなど、行く人数や季節によってテントは使い分けたいもの。キャンプデビューで購入した人のほか「追加で新しく購入しました」という声もありました。

最近は、写真のように床シートがないシェルタータイプも人気。食事をする際などには全面リビングとして使用して夜はコットで寝るというスタイルの人が増えたことが理由だそうです。

3位 メスティン

画像提供:BE-PAL編集部

3位は調理用具のメスティンでした!

もはや調理用具の大定番アイテムとなっているがイワタニプリムスが展開するメスティンです。飯盒としてごはんを炊くのが基本の使い方ですが、それ以外にも蒸す、煮るなどさまざまな調理方法に応用できることから品薄状態が続くほどの人気に。また、レシピ本も多数販売されるほか、Instagramでもメスティンを使ったレシピが多数投稿され話題になっています。

さらには100円ショップのダイソーでも類似品(500円商品)が発売されて即完売に。今後も需要は高まっていきそうですね!

4位 コット

撮影:山本智(BE-PAL2020年10月号より)

4位はコットでした。

シェルタータイプのテントが人気になって、それに合わせてコットを新しく購入した人が増えた様子。寝るときにマットを敷くのではなく、コットに寝る文化がジワジワ浸透してきているようです。

コットだと地面の凹凸や浸水も気にならないので、安定した睡眠を確保できるのもいいですよね。また寝るとき以外にベンチ代わりにも使えるから、大人数で行くときにも役立ちそうです。

5位 ソロテント

画像提供:BE-PAL編集部

5位はソロテントでした。

ますます人気が高まっているソロキャンの影響で、引き続きソロテントは大人気です。山歩きにも行けるような軽量コンパクトなものを選ぶ人もいれば、ひとりでも居住空間を広く保てる大きめタイプを選ぶ人も。

ソロテントでも床シートがないシェルタータイプの需要も高まっています。タープを別途持っていく必要がないので、ひとりならリビング兼で使えるシェルタータイプも良さそうですね!

6位 ランタン

7位 チェア

8位 シュラフ

9位 シェラカップ

10位 タープ

この記事をシェアしよう!
  • ホーム
  • 道具・ギア
  • 3位はメスティン、2位はテント、そして1位は…!? 2021年上半期に新しく購入したギアBEST10!

関連記事

『 道具・ギア 』新着ユーザー投稿記事

『 道具・ギア 』新着ユーザー投稿写真

『 道具・ギア 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。