【子育てパパ長野修平の青空日記vol.18】涼やか青竹水鉄砲

2016.05.28

夏が近づき、水遊びが楽しい季節。今回は、なんとも昔懐かしい竹の水鉄砲をご紹介します。心身ともにひんやり。暑さを吹き飛ばす水遊びの仕方です。

【水鉄砲の作り方】

本体用の竹筒(節をひとつ残した もの)、突き棒用の竹(本体より10 ㎝ほど長くカット)、持ち手用の竹、 竹串、輪ゴム、たこ糸、スポンジ、 あまり布。

本体用の竹筒(節をひとつ残したもの)、突き棒用の竹(本体より10㎝ほど長くカット)、持ち手用の竹、竹串、輪ゴム、たこ糸、スポンジ、あまり布。

ポイント!

ポイント!

竹を切り出すときは、節に穴を開けないよう注意。本体は先端に向けて内径が細くなっているものを選ぶと、突き棒が入りやすい。

キャプチ5ャ

キャ5プチャ

竹の切り口すべてをナイフで面取りし、引っ掛からないよう滑らかにする。

キャプチ6ャ

持ち手を付けるため、突き棒に合わせて持ち手用の竹にガイドラインをひく。

キャプ5チ6ャ

ラインに沿ってきりで数か所穴を開け、ナイフで切り込みを入れて穴を開ける。

キャプ8チャ

穴に突き棒を差し込み、穴の際にきりで穴を開け、抜けないように竹串をさす。

キャ13プチャ

突き棒の先端4か所にきりで穴を開け、十字に竹串を通す(布が外れにくい)。

キャ12プチャ

本体の太さに合わせて先端にスポンジを巻き、輪ゴムで仮留めする。

キャプチ10ャ

先端を布で覆い、根元をたこ糸で縛り、蝶結び(ほどくこともあるので)にする。

キャプ9チャ

本体の先端にきりで穴を(2.5〜3㎜)開ける。あまり力を入れないのがこつ。

キャプチ55ャ

青竹水鉄砲の完成! 的を作って射的ゲームをするのも楽しい。3~5mは飛びます。

キャプチ66ャ

思いっきり遊んだ後は、パーツを分解してよく乾かすと、かびが生えず長持ちする。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 自作・DIY 』新着ユーザー投稿記事

『 自作・DIY 』新着ユーザー投稿写真

『 自作・DIY 』新着編集部記事

おすすめ記事