人気YouTuber『winpy-jijii』さんのDIYで自分ギアを作っちゃおう | BE-PAL

人気YouTuber『winpy-jijii』さんのDIYで自分ギアを作っちゃおう

2020.11.03

image

中村和博さん

winpy-jijiiの名でチャンネル登録数19万以上を誇る人気YouTuber。3月に発売された著書も好評。車中泊しながら夫婦で日本一周する夢を実現するために準備中。

 

image

15年愛用の 100均スキレット

シニアの星YouTuber
jijiiさんのDIYで自分ギアを作っちゃおう

アウトドア用品の改造、料理、100均で買ったグッズのリメイクなど、自身のアイデアによる多数の手作り情報をYouTubeで公開する中村和博さん。

「生まれが大阪の下町で、周りが町工場だらけだったんです。小学校の帰りに、毎日、工場に出かけては、職人さんの仕事を見てたんです。そうやって覚えた物作りの基本を応用して、今もない物、欲しい物を生み出してます。これが楽しいんですよ」

中村さんは、時間さえあれば100円ショップに通い「何か使えるものはないか? 新しいものはないか?」と想像力を磨いているそうだ。 

この日は、100均スキレットの大改造と、高校時代にバイトで覚えた塗装技術を生かしたメスティンの塗装を披露。実用的かつセンスの良い、新たなるアウトドアグッズが生まれた。

100均スキレットで
専用のフタを作る

所要時間 約20分

用意するもの

image材料は、100均のスキレットと、使えそうな廃材を集めたグリップと金具類。

image道具はドリル、ディスクグラインダー、ドライバー、ポンチ、スパナを使用。

STEP1
柄を切り落とす

imageカット用の刃をつけたディスクグラインダーで柄を根元から切り落とす。

STEP2
切り跡を削る

image刃を研磨用に交換し、スキレットとピタリ合うように切断面を整える。

STEP3
取り付け位置を決める

imageグリップの取り付け位置を決める。鉛筆で記して、ポンチで叩く。

STEP4
穴をあける

imageポンチでへこませた位置にドリルをあてて、ボルトを通す穴をあける。

STEP5
ナットを締めて完成

imageグリップを固定するボルトを通して、ナットを締めればでき上がり。

メスティンのフタを青に塗って
グリップを交換!

所要時間 約120分

image

用意するもの

image使った材料は、メスティン、ミッチャクロン(下地剤)、シリコンオフ(脱脂剤)、耐熱スプレー、熱収縮チューブ。

image道具は、工業用ドライヤー(一般用でも可)と耐水紙やすり。

STEP1
表面を削る

image塗装を剥がれにくくするため、320番の耐水紙やすりで塗装面を削る。

STEP2
塗装面を整える

image表面の油分は脱脂剤を吹いてから拭き取る。続いて、下地剤を薄く塗る。

STEP3
薄く塗って乾かす

imageコツは端から薄く塗ること。塗装、乾燥を最低4回は繰り返す。

STEP4
チューブを通す

imageグリップをはずし、同じ長さに切った熱収縮チューブをハンドルに通す。

STEP5
熱風で収縮させる

image熱風をかけてチューブを収縮させ、十分フィットしたらでき上がり。

※構成/山本修二 撮影/奥田高文(BE-PAL 2020年8月号より)

『BE-PAL責任編集 はじめてのソロキャン完全ガイド』でwinpy-jijiiさんのキャンプスタイルを紹介!

小学館刊 定価1200円+税

好評発売中の『BE-PAL責任編集 はじめてのソロキャン完全ガイド』では、winpy-jijiiさんのソロキャンスタイルを紹介!お見逃しなく!

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 自作・DIY 』新着ユーザー投稿記事

『 自作・DIY 』新着ユーザー投稿写真

『 自作・DIY 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。