「サコッシュ」がキミのジンセイを変える。

  • ネイビー。
  • グリーン。
  • イエロー。

サコッシュに本と道具を入れて、小さな旅に出かけよう

 

そもそも「サコッシュ」とは、

ツール・ド・フランスなどの自転車レースで使われる「補給食袋」のこと。

ヨーロッパの自転車レーサーたちは、

山岳ステージ頂上などにあるエイドステーションで、

サコッシュに入った補給食を受け取り、下り道を走りながらパンやおやつをかじるわけだ。

 

ぼくらの街歩きだって、ツール・ド・◎◎な旅ではあるわけで、

小さな旅のムードをつくり出してくれるのは、サコッシュの中味だ。

それ次第で、その日の気分を高めたり、ほがらかにしてくれるに違いない。

 

「サコッシュは小さなジンセイなのだ」

と、大げさに定義してみた。

小さなジンセイの気分を、定めてくれるものが本である。

「サコッシュと本」。

気分を変えたい週末は、このふたつを持って出かけるべし!

おすすめのジンセイを4パターン、ご紹介しよう。

 

青い哲学

大好きな山に行きたいけど、週末まで待てない! 

そんなときにこのセットでイメトレしよう。

『野性の呼び声』といっても、ジャック・ロンドンのそれではなく、

僕たちにとっては開高健パイセンとC.W.ニコルパイセンのほうが気になる。

野を思慮深く歩きながら、鋭いひらめきはメモ。

う~ん、哲学者気分。

↑ 開高健とCWニコル。20世紀日本を代表するナチュラリスト作家の対談本。

↑ サコッシュはもともとツールドフランスの補給食袋。自転車散歩にもしっくりくる。

 

灰色な凝視

『ウォールデン 森の生活』(ヘンリー・D.ソロー)は長い。

そして描写が細かいので、すべてをじっくり読む通すことは大変だが、

逆にいえば、その日の気分で、好きな箇所だけ読んでも構わない。

「経済」や「独り居」の章もいいけど、

ここはやはり「池」や「動物の隣人たち」などの章を読んで、

ソローよろしくフィールドウォッチングしてみよう。

自然が奏でる音楽に耳をすませて、おもむくままに思索にふけりたい。

小さな気づきをキャッチするためのデジカメも持参。

なんだか、森の賢者気分。

『ウォールデン 森の生活』は読みやすい小学館文庫版がおすすめですよ!

↑ 読むと必ず眠くなる(と噂の)『森の生活』。コーヒーボトルは必須!

↑ 念のため、やわらかめの本も持っていこう(つっても、この写真、笑いすぎだろっ!)。

 

緑の滋味

今日はグルメ気取りだ。

バゲットにおやつ、そしてサンドイッチをつくるための

カッティングボードと「OPINEL」のナイフもバッチリ。

まさかこのサコッシュに、カッティングボードが入っているとは誰も思うまい。

ここまで準備万端で、森へ。

探すのはキノコだ。

『FUNGHI』というイタリア語のキノコ事典を持ってきたから

マジックナンチャラには当たるまい。

さて、見つけたキノコをさっそくバゲットにはさんでいただきま~す! 

視界が曲がって…、ヒッピー気分。

↑ 海外のキノコ図鑑は色使いも新鮮。イラストを眺めるだけで楽しい気分になってくる!

 

↑ A4サイズも入るサコッシュ。タブレットやパソコンだって持ち出せるぞー。

 

黄の恐竜

子どもと散歩に出かけよう。

ただ歩いていてもいいけど、

今日は『WHERE THE WILD THINGS ARE(かいじゅうたちのいるところ)』(モーリス・センダック)の絵本を持って、かいじゅう探索だ!

最新の学説によると、「鳥は恐竜の子孫である」のだとか!

双眼鏡も持ってきたので、バードウォッチングならぬ、恐竜ウォッチングだ。

ただの鳥と思うなかれ、恐竜の残照を見失うなかれ!

価値の転換をすれば、気分も変わってくる。

古代生物学者気分でタイムトリップすべし!

↑ 双眼鏡ってふしぎなもので、世界がまったく違って見えるんだよなぁ。

 

↑ ふふふ、誰も知るまい。このサコッシュの中に、まさか怪獣がいるとは! がお~1

 

bp_logo

→テンベア別注サコッシュが買えるのはb*pだけ!

TEMBEA|9号帆布のオリジナルサコッシュ