くじらナイフ 購入する

土佐の匠が仕上げた
くじらファミリー。

高知県の土佐打刃物は、日本3大刃物の生産地として栄えた。

特に品質が高かったのは山で使う鎌やナタ、のこぎりだ。

いまでも数は少なくなったが、鍛冶屋でトンカンと製作されている。

 

そのひとり、土佐打刃物職人の山下哲史さん。

あるとき「子供用のナイフをつくってほしい」という

あるお母さんからのオファーを受けて製作したのが、

この「くじらナイフ」である。

 

だからこの愛らしい独特のフォルムというわけ。

見た目は子どものおもちゃのようだが、上記の出自からもわかるように、

切れ味は保証付きだ。

 

こうした形で伝統の技術が継承されていくならばすばらしい。

現代に受け入れられなければ、伝統産業もただの宝の持ち腐れ。

それこそ“錆びついて”しまう。

 

危ないからと、子どもに刃物を持たせないなんて風潮もある。

一方で、子ども向けの木工ワークショップは盛況だ。

ナイフを使って木を削ることは、最近では“遊び”ではなくなってきているのだ。

なぜなら、現在の親世代がすでにナイフに親しんでいないから。

自分たちが使えないものだから、子どもにも教えようがない。

 

このくじらナイフは子どもに最適だけど、

親子でも使ってみてはいかがだろうか。

 

【カラー】

マッコウクジラ、ミンククジラ

 

【スペック】

マッコウクジラは刃長50mm、全長160×厚み3mm、100g。

ミンククジラは刃長55mm、全長155×厚み3mm、100g。

白鋼(黒仕上)、両刃。

日本製。

Shopping

くじらナイフ

税込 2,980円

購入ページへ進む

※Shoppingの商品は(カートマーク)リンク先の「大人の逸品 小学館PAL SHOP」でご購入いただけます。