やっぱり黒がいちばん!「ケルティ」の真っ黒デイパック

街で発揮するオールブラックの力。

さまざまなフィールド系バッグを発売している「ケルティ」が、

都市生活向けのアーバンラインをリリース。

オールブラックのシリーズで、ボディもストラップも、

そしてロゴマークもブラックに統一されている。

 

容量18ℓの『アーバンデイパック』は、

自然のなかで使うにはすこし違和感を感じるかもしれないが、

都市部で使うにはむしろ使いやすい。

旅行に行ったときのサブバッグにもいい。

 

都市部をさっそうと歩く背中にこの「ケルティ」。

アジアの都市部が似合いそうだ。

 

荷物の少ない人なら、ふだん使いにもいい。

黒いデイリーバッグはみんないくつか持っていることだろう。

でも意外とここまでオールブラックにこだわった逸品はないのでは? 

かなりクールな仕上がりになっているので、

たまにはファッションもブラックでコーディネートして、

“アーバンブラック”な日を楽しんでみよう。

 

★KELTYとは

1952年、南カリフォルニアのディック・ケルティの自宅でつくった

29個のバックパック。それが「ケルティ」ブランドの始まりだ。

現在では当たり前になっているウエストベルトで背部にテンションをかけるという

基本概念はディック・ケルティによる発明である。

熱狂的なアウトドアマンであった氏のこだわりは、機能性にも表れ、

プロクライマーなどのプロユースを支えることになった。

現在ではタウンユースとしても支持されている。

 

KELTY|URBAN DAYPACK

【スペック】

縦48×横33×マチ幅18cm、容量約18ℓ。1260Dナイロン。フィリピン製。