文鳥文庫(村上春樹「四月のある晴れた朝に100パーセントの女の子に出会うことについて」ほか、宮沢賢治、オー・ヘンリなど16短編)

文春でもない、新潮でもない。 ”世界一軽い”文学全集!

文鳥文庫が発行している小説は、どれも有名な作家ばかり。

宮沢賢治に芥川、さらに大宰、漱石、谷崎、三島。ちょっと飛んでも村上春樹。

いまさらと言うなかれ。

発行している作品はすべて16ページ以内の短編ばかりだ。

これを1冊の文庫にしようとすると1作品では成り立たない。

だから一般的には「短編集」となるのだ。

『走れメロス』がそんなに短いストーリーだと知っていましたか?

 

16ページという短編だと、本の体裁に綴じてしまうと読みにくい。

文鳥文庫では、読みやすいように蛇腹にデザインしている。

ペラペラな本だけど、陽射しのいい日に日だまりで読みたくなるようなかわいい佇まい。

そうか、そこが文鳥だ。

 

注目は、村上春樹と柴田元幸訳のオー・ヘンリー。

この2作品は、今回の収録にあたって改訂された。

村上の文鳥文庫改訂版は、

昨年行われた古川日出男主宰の「ただようまなびや 文学の学校」で、

本人により朗読されたことでも話題になった。

もちろん細かい表現の違いであって、ストーリーには変わりはない。

が、マニアなら読み比べてみるのもいいだろう。

 

収録作品は以下。

第一弾

『走れメロス』太宰治

『注文の多い料理店』宮沢賢治

『白』芥川龍之介

『変な音』夏目漱石

『堕落論』坂口安吾

『檸檬』梶井基次郎

『手袋を買いに』新美南吉

『高瀬舟』森鴎外

 

第二弾

『刺青』谷崎潤一郎

『雪もち』幸田文

『四月のある晴れた朝に100パーセントの女の子に出会うことについて』村上春樹

『雨のなかの噴水』三島由紀夫

『初恋』尾崎翠

『メリイクリスマス』太宰治

『賢者の贈り物』オー・ヘンリー/柴田元幸訳

『バッタと鈴虫』川端康成