軽自動車にも使える、小さいカーサイドタープを作ってみよう | 自作・DIY 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 軽自動車にも使える、小さいカーサイドタープを作ってみよう

    2020.06.16

    私が書きました!
    ママキャンライター
    天嶺 葵
    北海道在住。キャンプと料理、DIYをこよなく愛するアウトドア系フリーライター。3児の母でもある。 本格的なキャンプはもちろん、子どもやペットのニワトリと楽しめる、手軽なアウトドアライフを満喫中。目下の夢は老若男女にアウトドアの楽しさを広める、ブッシュクラフトインストラクターになること。

    キャンパーなら誰しもが一度は憧れるギア。「カーサイドタープ」と言えば、高価なものを想像する方が多いのではないでしょうか。もっと気軽にカーサイドタープを楽しみたいのなら、自作してしまう、という方法があります。今回は、ミニのカーサイドタープ(以下ミニタープ)の製作から張り方までをご紹介します。

    「カーサイドタープ」とは

    自作タープのサイズは自由。軽自動車にも取り付けが可能です。

    「カーサイドタープ」とは、車の横や後ろに設置するタープのことです。車の居住空間を広げるようなイメージのもので、さまざまな種類が販売されています。あらかじめ車のルーフ部分に取りつけておいて、必要な時に横に広げる「カーサイドオーニング」というものもあります。

    荷物にならない。軽自動車でも使える。お手軽なミニタープ。

    ミニタープを作るために、あらかじめ知っておいて欲しいこと

    自作の大きなおすすめポイントはこの5つ

    ・市販品と比べて安価
    ・持ち運びが楽
    ・設営が簡単
    ・デザインがかぶらない
    ・素材や大きさを好きに選べる

    実際の機能では既製品に敵わないものの、メリットはたくさんあります。タープ本体をなににするかで費用は変わってきますが、2,000円の防水レジャーシートをそのまま利用したとしても、市販のタープから比べればはるかに安価ですむでしょう。ちょっとそこまで、というハイキングなどにも、手軽に持ち運べて設置できるのが、ミニタープの強みです。

    素材に決まりはありません。コットンでもOK。防水の効いているものがおすすめです。

    縫う、切る、とめるなどの道具が必要です

    ミニタープの製作には、材料以外に道具も必要になってきます。布やシートを切るハサミ、縫製にはミシン、穴を空けるにはハトメパンチなど。既成のシートをそのまま利用する場合は、ミシンは必要ありません。もともと穴が空いているものでしたら、あとは張るだけ。ハトメパンチも必要ないでしょう。

    私は元気カラーで柄の入ったミニタープが欲しかったので、布から作ることにしました。

    購入した材料と道具の一部。これでミニタープを作っていきます。

    実際に防水布を使って、ミニタープをつくってみた

    製作に多少の手間がかかる自作ミニタープですが、先に述べたメリットから、労力に見合う価値はあると思います。以下に簡単な製作手順をご説明します。

    2枚の生地は、あらかじめ同じ大きさにカットされている生地を使用しています。

    1.赤い柄布と、裏地のこげ茶の布の縁を、手芸用ののりで貼り合わせます。縫い合わせる時にズレないようにするためですので、きっちり貼り合わせなくとも大丈夫。ぐるっと一周、のり付けします(オレンジ線部分)。

    軽いミニタープですが、念のため四隅に補強布をつけておきます。

    2.四隅に取りつける補強用の布は、少し厚みのある丈夫なものを選びましょう。今回私は、帆布(はんぷ)という種類の余り布(材料外)を使うことにしました。

    三角形に切って底辺を折り返し、アイロンで形を整えます。折り返した部分だけをミシンで縫い(赤線部分)、飛び出た部分は切り落としておきます(青線部分)。

    仮止め。ズレないようにするだけなので、完全に接着しなくても大丈夫です。

    3.補強布を四隅にのりで仮どめします。軽くアイロンをあてておくと、はがれにくくなります。

    見た目とほつれをふせぐために、両面バイアステープで縁どりをします。

    4.布で出来た縁取り用のバイアステープを使って、のり付けした部分を縁取ります。バイアステープは100均でも売っていますが、長さが必要になるので、手芸屋さんで購入したほうが安価でしょう。幅の広いもの(2.5cm以上)がおすすめです。

    布端をバイアステープでくるみ、まち針でとめます。作業効率をあげるため、しつけなどもせずに一気にミシンで縫うことにしました。まち針は縫いながら抜いていきます。縦にとめても横にとめても問題ありません。縁部分を真っ直ぐ一周、縫っていきます(赤線部分)。

    バイアステープの基本的な縫い方ではありません。より綺麗に仕上げたい方、気になる方は、手芸用の縫い方を参考に、周囲を二度縫いされると良いでしょう)

    穴開け用のポンチを使って、下穴を空けます。

    5.縫い上がりましたら、四隅の補強布の真ん中に、下穴を空けます。今回は12mmのハトメを使うので、それに適したポンチをあてて上からハンマーで叩き、穴を空けます。

    素材によっては、うまく穴が開かない場合もあります。そんなときはハサミの出番。

    生地が厚くて穴が開かない場合は、ハサミを使いましょう。大きさにしたがって、丸く切り取ります。4箇所とも、同じように穴を空けます。ハトメパンチで金具を取りつけたら完成です。

    ミニタープの準備が出来ました! 少し穴位置がずれたところはご愛敬。

    ミニタープを張るための道具を用意しよう

    タープを張るために必要な道具を用意しましょう。

    実際にミニタープを張る際に必要なものは、以下の6点です。

    ・ミニタープ本体 1
    ・ポール 2本(園芸用の支柱180cm
    ・ロープ 10M巻き 1つ(要裁断)
    ・強力吸盤 2個 (100均 2個入り)
    ・ペグ 2本
    ・ハンマー 1

    今回のポールはなんと園芸用の支柱。色が気になる場合は着色をしても。

    ポールは180cmという長さがちょうど良かったのと、安価なことから、100均の園芸用支柱を利用してみました。たためないことと、見た目を気にしなければかなり優秀です。タープ用のポールを用意される方は、車の高さや張りたい高さに合わせて選んでください。

    さあ、ミニタープを張ってみよう!

    吸盤は車の屋根につけます。このミニタープは軽いので2箇所とまれば十分です。

    今回私が作ったミニタープのサイズは150cm×150cmです。後部座席の出入口上部を覆いたいので、そこにかかるように強力吸盤で固定していきます。ロープも適当な長さに切って取りつけましょう。

    ミニタープの幅に合わせて吸盤の位置を決めます。かなりガッチリとまります。

    ミニタープの穴、2箇所にロープを通して吸盤に固定します。反対側の2箇所は、通常のタープを張るのと同じ方法で、ペグ2本とロープを使って固定します。

    あっという間に設置完了です! 少しの雨なら濡れずに乗降が可能。車内の日除けもかねています。

    車に合わせた幅で用意出来るのが、自作の良いところ。サイズは自由なので、もっと大きく作ったり、横に壁を作ったり、アイデア次第で色々なアレンジが可能ですね。

    レジャーシートを敷いて、ちょっとしたお茶も出来ます。小さくても子どもは大喜びでした。

    最後に、使用した材料をご紹介します。費用は総額2,156円でした。

    <製作材料>
    撥水加工生地コゲ茶(150×150) 価格  418円
    撥水加工生地赤白柄(150×150) 価格  418円
    ワイドバイアス(両折れタイプ)コゲ茶(25mm7M)価格  330円
    両面ハトメ12mm 10個入り 価格 330円
    100均 強力吸盤 2個入り 110円
    100均 支柱180cm ×2本 220円
    ロープ10M 330円

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 自作・DIY 』新着編集部記事

    大人は手出し無用!子供の自立心を育てるオランダの秘密基地作りとは

    2023.01.06

    キャンプの思い出を形に残せる!親子で作れるクリスマスオーナメントの作り方

    2022.12.11

    そろそろ冬支度!ベランダ栽培のローズマリーで、うがいやヘアケアに使える「ハーブチンキ」作りを

    2022.11.12

    都心に住むDIY好きの人を応援する体験型のホームセンター「DCM DIY place」に行ってみた

    2022.11.12

    実は元祖だった!ブラック・アンド・デッカーのエコなハンディクリーナーでテントも簡単お掃除

    2022.11.07

    旅の思い出にいかが? 箱根強羅公園の「クラフトハウス」でとんぼ玉作り

    2022.10.23

    z