炊けたら笛で知らせてくれる! 電気のいらない自動炊飯器 | 調理器具・食器 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 炊けたら笛で知らせてくれる! 電気のいらない自動炊飯器

    2020.03.27 BE-PAL公式通販

    左_大(2~2合用)、右_小(1~2合用)。

    日本で唯一の耐熱ガラス工場を保有するハリオから、ふたがガラスのご飯釜が登場した。ふたが透明なので、中が見える安心感があり、なおかつふたのつまみ部分はホイッスルになっていて、火を止める(火からおろす)タイミングを知らせてくれる。さっそくためしに炊いてみた(火器は家のガス台)。

    説明書によれば、ホイッスルが鳴って1分たったら火を止めて(火からおろし)、15分蒸らせば完成とのこと。

    焦がしたくないので、まずはいちばんの弱火で火にかけた。20分後に湯気とともに「ヒューー、ピューー」という沸騰したヤカンと同じような音がしたので、1分後に火を止めて15分後にふたをあけた。炊きあがりは上々だが、やや水っぽい。まったく焦げていない。

    2度目は中火(説明書は「中火」を推奨している)にしたら、14分後にホイッスルが鳴った。炊きあがりはふっくらだ。これも焦げてない。説明書によれば「中火で7~10分」と書いてあるので、もうすこし強めの中火でもだいじょうぶそうだ。火の強さにかかわらずちゃんと炊けるので、ガスにくらべて火力を安定させにくい薪の火や炭火でも問題なく炊けるだろう。なによりも他の作業をしていても音で知らせてくれるというのがありがたい。まさに電気のいらない自動炊飯器である。ふたをあけて確認する必要がないから熱を逃がすことなくふっくらおいしく炊けるのもうれしい。

    窯本体は三重県四日市市の萬古(ばんこ)焼。内側には水の量の目盛り付き。底はラウンド型なので米が対流して炊きムラができにくい。

    中の水が沸騰すると、湯気が出るとともにホイッスルが鳴る。

    ふっくら炊けた。ごはんつぶが内側にこびりつくこともない。

    ↓ホイッスルの音をお聞きください。

    小(1~2合用):6,600円

    大(2~2合用):8,800円

    ※この商品は[通販サイト]「大人の逸品」から購入できます。

    小(1~2合用)大(2~3合用)

    https://www.pal-shop.jp/item/A55004005.html

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 調理器具・食器 』新着編集部記事

    めざせチャーハンの達人!焚き火で作る専用中華鉄鍋セット「焚火パラパラ炒飯セット」って?

    2023.01.28

    早くて軽い、しかもおいしくできる!調理がすすむ「鋳アルミ」多機能鍋

    2023.01.24

    肉料理に!150年以上続く鍛冶屋が鉄板を木槌で叩いて製作したフライパン皿

    2023.01.23

    ケトルから「鉄瓶」へスイッチ。ソロキャンで次にこだわるべきはお湯だった!

    2023.01.22

    朝食はミニマムに美味しく!ホットサンドクッカーの「あの棒」が取り外しできる

    2023.01.20

    おいしい料理はまず器選びから!「モクシェラ」の拭き漆バージョンは口当たりも滑らか

    2023.01.18

    z