人気のアウトドア座椅子を一挙紹介! キャンプはもちろん登山やフェスでも大活躍! | チェア 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 人気のアウトドア座椅子を一挙紹介! キャンプはもちろん登山やフェスでも大活躍!

    2019.06.02

    アウトドアなのに座椅子。座椅子といえば、畳の部屋などで使われる背もたれ付きの超ローチェアのことだが、アウトドア座椅子も基本的構造は同じ。背もたれと座面がひとつの生地(パーツ)でできており、腰の位置で折り曲げて使用する。角度はサイドベルトで調整するしかけだ。背中に荷重をかけてゆったりもたれると、その分、座面も引き寄せられリクライニング状態に。まるでチェアに包まれているような“ハンモック気分”が味わえる。

    このアウトドア座椅子、くるくると収納できるものもあり、持ち運びは他のキャンピングチェアに比べて格段に楽。キャンプはもちろん、ピクニックやハイキング、山登りなどの各種アウトドアアクティビティー(レジャー)ほか、フェスや運動会などでも重宝する。

    作家であり、カヌーイストでもある野田知佑さんは「野営にイスがあるとないのとでは大違い。イスがあると野営でも文化的生活ができる」ということを、かつてBE-PAL本誌によく書かれていたという。

    地ベタリアンでも快適に過ごせるのがアウトドア座椅子。メーカー各社からあらゆる製品が販売されており、生地や構造、しかけもさまざま。登山やフェスに持っていくのであれば、くるくる収束できるコンパクトなタイプがいいだろうし、運動会やピクニックなどでは座り心地重視のクッション性が高いものを選ぶといいだろう。もちろん価格が安い! で選ぶのも大アリだ。

    ここでは定番、人気のアウトドア座椅子を各種ピックアップ。気になるものを見つけてみては。

    ※写真はクレイジークリークの収束できるHEXシリーズだが、山登りやフェス、ピクニックに運動会。はたまた、長時間並ぶときにも使用できる。サイドのベルトを外せばマット状に広がるので、簡易的なもの置きとしても使えるし、小さな子どもと並んで座ることも。くるくる巻いた状態は、キャンピングピロー(枕)代わりにもなると、あらゆるシーンでさまざまな使い方をしている。アウトドア座椅子はひとつあると、とても便利だ。

    クレイジークリーク / Crazy Creek

    HEX2.0 オリジナルチェア

    丸めて持ち運べる座椅子チェアのが「HEX2.0 オリジナルチェア」。座面素材に70Dリップストップナイロンを使用。背面は210Dと、ハードな環境でも使用に問題はない。また、座面にはカーボンファイバーをフレームとしてインしており、寄りかかったときの安定性をもたらしている。このHEX2.0 オリジナルチェア、何よりの魅力は“丸めて収束”できること。くるくる巻くことで、バックパックのサイドポケットに入れることができ、持ち運びが断然楽になる。登山以外でも、ビーチや公園など、目的地まで歩いて移動するときに、その恩恵を感じることだろう。サイズ:全長83×38cm。折りたたみ収納時:12×42cm。重量:614g

    ロイヤルブルー/エメラルド

    収束した状態(カラーはロイヤルブルー/エメラルド)。


    クレイジークリーク / Crazy Creek

    オリジナルチェア

    1987年にアメリカ、モンタナ州で生まれたクレイジークリーク(CRAZY CREEK)。同社の初期モデル「オリジナルチェア」は、ウインターバックカントリー・キャンピングで、テントの中でも外でもドライで快適に座れるチェアを作ろうと考えたのが始まりとされる。軽量で持ち運びやすい座椅子は、こうした背景から誕生した。背もたれと座面が一体化しており、両サイドのストラップを引く・緩めることで、座り心地(角度)が調整できる。オリジナルチェアは厚さ1.25cmのクローズドフォーム入り。カーボンファイバー製の補強ステイが2本、背面に入っているので、型崩れすることなく利用できる。引き裂き強度の高い420デニールリップストップナイロン生地も頼もしい。サイズ:82×39cm。折りたたみ収納時:42×24×6cm。重量:745g

    ロイヤルブルー


    クレイジークリーク / Crazy Creek

    HEX2.0 パワーラウンジャー

    HEX2.0 オリジナルチェアよりも座面を長くしたモデル。基本スペックはHEX2.0 オリジナルチェアと同じで、異なるのはサイズだけ。サイズは137×45cmあり、ショートサイズのスリーピングマットとして利用することもできる。折りたたみ収納時は15×53cm。


    クレイジークリーク / Crazy Creek

    HEX2.0 ロングバックチェア

    ワイドな作りが魅力の「HEX2.0 ロングバックチェア」。HEX2.0 オリジナルチェアと基本スペックは同じだが、こちらはサイズが全長95×45cmと、オリジナルよりもワイドな作り。折りたたみ収納時は12×53cmで、重さ732g。


    クレイジークリーク / Crazy Creek

    ザ・チェア 2.0

    「ザ・チェア2.0」は同シリーズのなかでも価格を抑えたコスパモデル。フォームは厚さ1.0cm。ファイバーグラス製の補強ステイ2本。素材は200デニールナイロン。サイズ:82cm×40cm。収納時サイズ:41.5cm×4cm

    背面。

    スモーキーブルー


    クレイジークリーク / Crazy Creek

    エアーチェア プラス

    HEX2.0 オリジナルチェア同様に、くるくる丸めて収束できるエアー式のチェア。2気室構造のエアーパッド効果で、座り心地は他製品と比べて柔らかく、空気量で微調整が可能。エアパッドは取り出し可能。スリーピングマットとしても利用できる。座面サイズ:53cm。背面長サイズ:56cm。厚さ:6cm。スリーピングパッド伸長時:51cm×178cm。重量:1.27kg

    収束時。

    エアーマット部。


    クレイジークリーク / Crazy Creek

    エアーチェア コンパクト

    軽量サイズのエアー式折りたたみチェア。座面サイズは41cm×44.5cm。背面長サイズが44.5cmとコンパクトながら、厚さは5cmと快適性を失っていない。スリーピングパッド使用時は44cm×92cm。重量:737g(マット単体だと210g)。カーボンファイバーのフレーム入り。

    収束時。

    エアーマット部。

    スリーピングパッドとしても利用可能。


    サーマレスト / THERMAREST

    トレッカーチェア

    単体では利用できず、別途、サーマレスト(THERMAREST)のエアーマットを中に入れて使用するチェアスリーブ型モデル。51cm(20インチ)幅、63cm(25インチ)幅のマットレスに対応する。

    使用イメージ。

    25インチ


    シートゥーサミット / SEA TO SUMMIT

    エアチェア

    シートゥサミット(SEA TO SUMMIT)のスリーピングマットを中に入れて使用するチェアスリーブ型(アタッチメント型)モデル。単体での利用はできない。スリーピングマットの空気量を調整することで、好みの厚さや座り心地に調整できるのがグッド。なにより荷物が減るので、登山シーンでは大いに役に立つ。


    コールマン / Coleman

    コンパクトグランドチェア

    コールマン(Coleman)のコンパクト収納グランドチェア。使用時のサイズは約39×52.5×43.5cm。座面幅は約37cmと、スタンダードクラス。収束時は約10×14×61cmまでコンパクトになり、専用ケースで持ち運ぶことが可能。背もたれのパーツはアルミ製。重量は約1.3kg。

    収束時。

    背面にポケットがある。

    ライム


    ロゴス / LOGOS

    パッドイングランドチェア

    広げるだけの簡単構造が魅力なロゴスの「パッドイングランドチェア」。サイズは約54×43×42cm。収納時は約54×43×5cmで、ショルダーベルトで肩掛けも可能。フレームはスチール製だ。重量:約1.7kg。

    ショルダーベルト使用時。

    チェッカー


    キャプテンスタッグ / CAPTAIN STAG

    キャンプアウト FDチェア・マット

    内面に発泡ポリエチレンを用いたアウトドア座椅子「キャンプアウト FDチェア・マット」。キャンプアウト(CAMP OUT)シリーズはカモ柄をコンセプトにしており、この製品もポップなカモ柄仕立て。フェスなどで目立ちそう。チェア使用時:約38×40×40cm。マット使用時:約38×80×1cm。収納サイズ:約38×40×厚さ3.5cm。

    マット使用時。

     

    商品を詳しくチェック!

    クレイジークリーク/HEX2.0 オリジナルチェア

    野外フェスやピクニックで便利な座椅子タイプのチェア。パタンと折りたためる構造で、自重でバランスを取ることができます。まるで簡易的なハンモックチェアのような包みこまれる座り心地が魅力です。

     今でこそ、各アウトドアメーカーで発売されている座椅子チェアですが、このタイプは「クレイジークリーク(CRAZY CREEK)」が元祖です。1980年後半から現在に至るまで、多くのアウトドアズマンが利用してきたクレイジークリークのチェア。モデルチェンジや新カラーの展開などを行ない、今なお進化を続けています。

    今回、紹介するクレイジークリーク「HEX2.0 オリジナルチェア」は、従来の「ヘクサライト」がモデルチェンジしたもの。

    生地素材は引き裂きに強いリップストップナイロンで、前面は70デニール、背面は210デニールを採用。フレームには軽くて強いがあるカーボンファイバーを使用するなど、こだわりのパーツで構成されています。

    持ち運びがとにかく便利!

    HEX2.0 オリジナルチェア、最大の特徴は「くるくると収納できる」こと。座椅子チェアのほとんどが、ふたつ折りにパタンとなるだけで、くるくると収納することができません。巻き収納ができるHEX2.0 オリジナルチェアなら、バックパックのサイドポケットに入れても邪魔にならず、旅の相棒としても最適です。

    確かな強度を持ちながら、くるくるとまとめられるほどのしなやかな生地は、座ったときに包み込むようなポジションを取ることができます。一般的な座椅子チェアよりも、ハンモック感が強めなのがHEX2.0 オリジナルチェアの特徴です。

    みんな持ってる! HEX2.0 オリジナルチェア

     BE-PALスタッフでも愛用者が多く、キャンプやピクニックはもちろん、野外フェスや運動会でも大活躍しています。また、登山でマット代わりに使う人がいれば、ワンルームの自宅でリビングチェア代わりにしている人も。じつにさまざまな使われ方をしていますが、それもHEX2.0 オリジナルチェアが持つポテンシャルの高さによるもの。これがなければ…という愛用者ばかりです。

    HEX2.0 オリジナルチェアの背面

    HEX2.0 オリジナルチェアの前面

    カラーは「ブラックロイヤルブルー」「ロイヤルブルー/エメラルド」「カッパー/スレート」の3展開。ブラックロイヤルブルーを所有している人が多いですが(BE-PALスタッフでも)、他2色は新しめのカラーということもあり、人とかぶることはブラックロイヤルブルーより少ないはず。まだ手に入れていない人は参考にしてみては。

    長年に渡って愛用されてきた、BE-PALスタッフのヘクサライト

    せっかくなので、BE-PALスタッフ早坂のクレイジークリーク「ヘクサライト(HEXALITE)」も紹介。長年の使用でだいぶクタクタですが、その分愛着もひとしお。

    くるくるとまるめて持ち運んでいます。

    ※構成・文・写真/早坂英之

    紹介商品
    クレイジークリーク
    HEX2.0 オリジナルチェア

    ▲ 商品一覧に戻る

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 チェア 』新着編集部記事

    子どもも持ち運びOK!キャンプ場で座れば気持ちイイ~ロゴスの人気ハンモックチェアのミニサイズ

    2023.01.31

    チェアリングは椅子次第でもっと楽しくなる!おすすめ商品と選び方

    2022.12.24

    自宅キャンプに最高!ベランダなどでも使用できる卓上暖炉とハンモックチェアを揃えてみては?

    2022.12.08

    チェア難民が辿り着いたアウトドアチェアが…ロゴス「neos ファミリースムースリクライナー」

    2022.11.11

    ローチェアはオワコン?キャプテンスタッグのキャンプ用座椅子を徹底レビュー

    2022.11.03

    高級なアウトドアチェアで一味違うキャンプを。おすすめ6選を紹介

    2022.10.23

    z