【気になる最新ギアお試し隊】超軽量で強照射!手軽に使える小型ライトの新機軸 | ランタン・ライト 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 【気になる最新ギアお試し隊】超軽量で強照射!手軽に使える小型ライトの新機軸

    2018.07.21 高橋庄太郎

    たった35gの軽量ながら
    最大200ルーメンの明るさ!

    正直なところ、なめていた。もともとは街中でのランニングを中心に考えられた小型タイプらしいので、光量はそれほどでもないのだろうと。しかし、レンズを直視したままで光量調節を行なってしまった僕は、その後少しの間、周りが見えなくなってしまったのだ。

    これは「ビンディ」というペツルの新型LEDライト。200m先まで直線的に照射する最大200ルーメンの強力ライト、恐るべし……。

    そんな感じだから、深い森が続く奥秩父山中でナイトハイクを楽しんだときも、まったく問題なし。とにかく遠くまで明るく、登山道や道標を見失うことがない。光量は3段階で調節できるのだが、1段階下の100ルーメンでも十分だ。さらに光量を落とした5ルーメンならばテント内でもまぶしくない。

    だが小型タイプにつきものの問題として、やはりバッテリーは長くはもたず、200ルーメン時は2時間のみ。5ルーメンなら50時間は使えるが、強い光が必要ならば、毎日こまめに充電しなければいけない。また、細いコードはいくぶん頭部からずれやすく、その点が気になる人もいるかもしれない。

    それでもたった35gの軽量さは魅力的。アウトドアだけではなく、日常生活用にバッグに入れておいてもよさそうだ。

    直径1㎝ほどのLEDライトだが、新開発されたレンズの効果でかなり広い場所を照らせる。

    USB接続で充電し、光量は3段階。赤色LEDも使え、点滅モードでは200時間も点灯。

    帽子上でのフィット感も良好。だがコードが細いので激しく動くとずり下がりやすい。

    台となる部分が平らなので、床の上に直接置いても安定。ランタン代わりとしても活躍する。

    ライト部分を反転させるとスイッチ部分が隠され、間違ってライトが点くことがなくなる。

    ペツル
    /ビンディ

    小さなボディーに最大光量200ル-メンという強力なLEDライトを搭載した新型ライト。一般的な太めのベルトではなく、細いコードが付属し、頭部に取り付けることはもちろんのこと、首から下げても使いやすい。USBで充電可能で乾電池は不要。全天候型の防水機能を誇る。

    ¥7,200

    重量:35g
    照射力:200ルーメン
    防水性能:IPX4
    電源:680mAhリチャージャブルバッテリー

    アルテリア(ペツル社の日本総輸入販売元)https://www.alteria.co.jp/

    8◎文/撮影=高橋庄太郎
    ここ数年、ヘッドランプをつけて夜間トレッキングを行なう機会が増加。
    暗闇の中では動物よりも突然人間に出会うほうが怖いです。
    著書に『山道具 選び方、使い方』など。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 ランタン・ライト 』新着編集部記事

    ギア好きなら知っておきたい!ランタン&ストーブ130年の歴史をまとめて紹介

    2023.12.04

    ランタンの人気モデル17選!ガス・オイル・LED別に明るさを比較してみた

    2023.12.02

    LOGOSのLEDライトが“てるてる坊主”になっちゃった!?

    2023.12.01

    アウトドア自由人の油井 昌由樹さんが語る「コールマンの赤ランタン」との出会い

    2023.12.01

    加圧式灯油ランタンを生んだドイツの古豪「ペトロマックス」の歴史に迫る!

    2023.11.30

    ガソリンランタンといえばコールマン! レジェンドギアの魅力を深掘り

    2023.11.30

    伝説のストームランタン! フュアハンドの逸品は頑固な作りで頼もしいのだ

    2023.11.30

    世代を超えて愛される!コールマン「ワンマントルランタン」の魅力を語らせて

    2023.11.28