ソロキャンに!VASTLAND「カンガルーテント」なら自由度の高い快適キャンプが思いのまま | テント 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • テント

    2024.06.10

    ソロキャンに!VASTLAND「カンガルーテント」なら自由度の高い快適キャンプが思いのまま

    キャンプギアブランド「VASTLAND(ヴァストランド)」から、タープやシェルターテントの中にテントを入れる「カンガルースタイル」が楽しめるソロテントが発売された。

    今回登場したのは、保温性が高く、ウィンターシーズンに適したフルクローズタイプと、通気性が高く、虫の侵入を防ぐ蚊帳となるサマーシーズンに適したメッシュタイプの2種類で、季節に合わせて選択できる。

    キャンプギアブランド「VASTLAND」

    2018年に創業した、姫路市に本社をもつキャンプギアブランド「VASTLAND」。

    「キャンプアクティビティを通じて、広がる幸せ」をブランドミッションに掲げ、キャンプに挑戦しにくい環境を少しでも改善し、より多くの人がキャンプアクティビティに参加し、癒やしや幸福感を感じてもらいたいと考えているのだそう。

    さまざまなタイプのテントはもちろん、クーラーボックスやキャンプコット、インフレーターマット、チェア、テーブルなどのキャンプギアが揃っていて、リーズナブルで使い勝手のよく、購入しやすいのも魅力だ。

    カンガルースタイルを楽しむ、軽量・コンパクトなソロテント

    今回発売されたのは、タープやシェルターテントの中にテントを入れるカンガルースタイルが楽しめるソロテント。

    タープとのカンガルーテントスタイル。

    このカンガルーテントは、寝室を都合のよい位置に配置することで、リビングスペースを最大限に活用でき、自由度の高いキャンプレイアウトが楽しめるのが特徴だ。

    シェルターテントとのカンガルーテントスタイル。

    使用する場所の環境に合わせて、フルクローズタイプとメッシュタイプが選択できる。

    フルクローズタイプは、保温性が高く、ウィンターシーズンに最適。一方、メッシュタイプは、通気性が高く、虫の侵入を防ぐ蚊帳となり、サマーシーズンにピッタリ。それぞれの季節に適した仕様となっている。

    その特徴をもう少し詳しくみていこう。

    (1)コットに連結可能

    このテントの最大の特徴がコットに連結ができる点。

    テントはコットに接続。寝返りによるズレを防ぐことができる。

    テント底部にはコット連結用のベルトが2本備え付けられていて、コットと連結することで、テント内部スペースを圧迫せずに快適な寝床を作ることもできる。

    ポール両側が上方向に立ち上がる構造で圧迫感がない。

    また、寝返りによるズレを防ぎ、テント内のスペースを最大限に活用。ポール両側が上方向に立ち上がる構造なので、テント四隅の高さを確保し、ソロテントにありがちな壁生地が頭や足先に当たるストレスを軽減する。

    (2)大型ドア

    大型ドアを採用。テントの出入り、インフレーターマットやコットなどの出し入れがしやすい設計となっている。

    テントの出入りは大型。

    (3)ランタンフック

    テント上部にランタンフックが付いているので、ランタンを吊り下げれば、テント内を明るく照らすことができる。

    ランタンフックで灯りを確保。

    (4)クリアポケット

    ドア入口にクリアポケット(TPU素材)が1カ所備わっていて、モバイル端末の操作に対応。ハンズフリーで動画などの鑑賞も楽しめる。

    モバイル端末を入れると、フリーハンドで画面が見れる。

    (5)オープンポケット

    小物を整理収納しやすいメッシュのポケットが3ヵ所配置されていて、出し入れもスムーズ。床に垂れ下がりにくい三角形型となっている。

    ポケットは三角形なので、弛まない。

    (6)設営しやすいサポートクリップ

    テント設営時に、ポールとピンの接続が固定できるサポートクリップを採用。1人でも簡単に設営できる。

    ポールとピンの接続が固定できるサポートクリップ。

    (7)耐水圧2,000mmのフロア

    急な雨や地面からの湿気からテント内部を守るため、フロア部分は耐水圧2,000mmの生地を採用している。

    フロア部分は耐水圧2,000mmの生地を採用。

    (8)蓄光タブ

    インナーテントの開閉ファスナーには蓄光のタブを配置。

    消灯後の一定時間はファスナー位置を特定することが可能。

    インナーテント開閉のファスナーには蓄光のタブ。

    (9)コンパクトな収納袋

    収納時は40cm×12cm×12cmとコンパクト設計。

    コンプレッション機能も備わっていて、サイズを小さく収められる。

    テント正面(フルクローズタイプ)。

    テント背面(フルクローズタイプ)。

    テント正面(メッシュタイプ)。

    テント背面(メッシュタイプ)。

    商品概要

    価格:各4,480円(税込)
    型番:フルクローズタイプ;VL-KPST/メッシュタイプ;VL-KMST
    カラー:ブラック
    材質:テント;ポリエステル、ポール;FRP
    耐水圧:インナーテント(フロア);2,000mm
    製品サイズ:展開時;約)幅200cm×奥行70cm×高さ90cm、収納時;約)幅40cm×奥行12cm×高さ12cm
    重量:フルクローズタイプ;約)1.7 kg、メッシュタイプ;約)1.6 kg
    付属品:テント、メインポール×2、収納袋、収納袋(ポール入れ)

     

    ソロキャンプを快適に

    絶景を目の前にしてのんびりとした時間を過ごす、優雅なソロキャンプを楽しむ人も多い。

    1人で出かけるキャンプだからこそ、ギアも自分に合うお気に入りのものを選び、気ままなスタイルを満喫したい。

    VASTLAND公式オンラインストア

    NEW ARTICLES

    『 テント 』新着編集部記事

    ローベンスのテントならこれ!あわせて使いたい人気タープも紹介

    2024.06.24

    安いテントのおすすめ10選!品質も妥協しないための選び方も解説

    2024.06.23

    ロゴスのテントおすすめ12選!2ルーム・ティピー…定番人気から初心者向けまで紹介

    2024.06.23

    コールマン「ダークルーム」シリーズ徹底解説!特徴やラインナップを一挙紹介

    2024.06.23

    ルーフテントおすすめ8選!軽自動車に設置できるモデルも紹介

    2024.06.22

    焚き火ができるテント4選。安全に使うための注意点も必ず押さえておこう

    2024.06.21

    スノーピーク・ヴォールトの魅力を徹底解説!気になる点も紹介

    2024.06.21

    ツーポールテントおすすめ5選|ファミリーにもぴったりな広々空間で快適に過ごそう

    2024.06.21