ハイエースのキャンピングカー「カリカver.」で憧れのバンライフを叶えよう! | キャンピングカー・車中泊 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • キャンピングカー・車中泊

    2024.06.08

    ハイエースのキャンピングカー「カリカver.」で憧れのバンライフを叶えよう!

    2023年に開催された、カスタムカーの祭典・東京オートサロン2023に登場した、クラシカルなフロントフェイスや充実したAV装備が魅力のアルパインスタイルオリジナルブランド、「キャルズ・モーター」のカスタマイズカー「カリカ」は自動車専門誌をはじめ、ネットニュースなどでも大きな話題を集めました。

    今回、そんなカリカをベースに魅力溢れるキャンピングカーを製作するビルダーの「メティオ」からキャンピング車登録モデル「ラクネル・バンツアー・カリカver.」が発売されたので、じっくりと見ていきたいと思います。ちなみに「キャルズ・モーター」のカリカには、8ナンバー(キャンピング車)登録モデルは用意されていません。

    オートサロンで話題を集めた「カリカ」のキャンピング車が登場

    ハイエースの5ドアボディがベースで扱いやすい

    メティオでは既にハイエースをベースにした「ラクネル・バンツアー」が存在します。このモデルは4ドアベースなのですが、「カリカver.」は5ドアのみの設定になっています。

    「カリカver.」の最大の魅力はなんといっても角目横型4灯のヘッドライトに前後のメッキバンパー、2トーンによるクラシックアメリカンなスタイル。パッと見ると、ハイエースがベースとは思えないほど。さらに、最新のアルパイン製・大画面カーナビや空気清浄器・プラズマクラスター内蔵のリアビジョンモニターなども装備されています。

    フロントマスク

    METIO「RAKUNERU VAN TOUR Carica ver.」。全長×全幅×全高:4747×1695×1980mm。乗車定員:5人/就寝定員:2人。角目横型4灯のヘッドライトとメッキバンパーによるフロントフェイスキットでレトロかつモダンなスタイル。

    室内

    アルパインスタイル製ということもあり、アルパインのナビやリアモニターが標準装備。

    インテリアはそんな「カリカver.」のスタイルに合わせ、ライムグリーンの生地やウッド調の家具類にアイアンハンガーといったブルックリンスタイルに加え、オリジナリティを足した作りで、落ち着いた空間に仕上げられています。おまけにメティオが得意とするアルミチャンネル材(建築物の内外装に使われるコの字型をした押し出し合金)を使った家具フレームにより、軽量化と高耐久性も魅力となっています。

    ベース車が標準ボディ・標準ルーフのため運転もしやすく、2人でもゆったりとくつろげ就寝しやすいのもポイント。最後部の左右にキャビネットが振り分けられており、ベッド展開したまま後部で調理したりといったこともできるのが嬉しいところです。

    REVOシート

    セカンドシートにはフラットかつ展開のしやすいキャンピングカー専用のREVOシートを採用。

    テーブル

    セカンドシートの足下にはスリムタイプのテーブルが備わる。ベッド展開時に小物置きとして使えて便利。

    対面リビング

    反転させたセカンドシートと荷室のベッドマットで対面リビングに展開が可能。2人でなら余裕の空間となる。

    ベッド展開

    アルミチャンネル材のフレームにより、ベッド展開も楽々。サイズは長さ2000×幅1100(最大)mm。

    キャビネット

    ベッド展開時でもリアの左右キャビネットが使えて便利。

    アメリカンスタイルにバンライフの魅力を注入

    装備面では水まわりに引き出し式シャワーとシンクをはじめ、電子レンジ、電装システムなどを標準装備。ほかにも子供用の上段ベッドや寒い日に嬉しいFFヒーター、ソーラーパネルといったオプションも用意しているので、グレードアップもできる設定になっています。

    電装システム

    サブバッテリー1500Wインバーターや走行充電システム、外部充電システムなどの電装システムも標準装備。

    天井部分

    荷室左右の天井部分にはアイアンハンガーを装備し、小物やウエアなどが吊るせる。

    18L冷蔵庫

    左キャビネット内には上開き式18L冷蔵庫を装備。スライドドアから取り出しやすい位置なのも好印象。

    シンク

    左キャビネットにはシンクや給排水タンクを装備。シンク部は蓋付きなので調理台としても利用できる。

    外部シャワー

    シンクにある蛇口は引き出して外部シャワーとしても使えるので、マリンスポーツの後やアウトドアグッズの汚れを流すのにも使える。

    電子レンジ

    右キャビネットには電子レンジが標準で備わる。

    ポータブル電源

    右キャビネット下側は収納スペース。ポータブル電源やオプションのポータブルトイレなどを収められるサイズ。

    レトロかつモダンな魅力と多機能を併せ持つラクネル・バンツアー「カリカver.」は、見た目と実用性を両立した1台。アメリカンテイストを堪能したい人にお薦めです。価格は6157400円〜。

    問)メティオ

    私が書きました!
    編集者・ライター
    伴 隆之
    大学卒業後、自動車専門誌の編集者として勤務し、その後独立。1999年から2年ほどカリフォルニアに住んでいたこともあり、アウトドアと旅が趣味。ニュージーランドでのキャンピングカー旅が特に好きで南北計4回ほど走破。現在は旅やキャンピングカーを中心にアウトドアやオートバイなどの誌面や動画を製作。愛車は1967年式イノチェンティ・ランブレッタと日産エルグランドをベースに自身で製作した車中泊カー。他誌にて全国のRVパークを巡り、その魅力を紹介中。

    NEW ARTICLES

    『 キャンピングカー・車中泊 』新着編集部記事

    キャンピングカー旅の本場・ヨーロッパでの車中泊スポットの見つけ方!便利なアプリや治安事情も

    2024.06.20

    車中泊におすすめの寝袋38選!選ぶポイントからおすすめのメーカーまで紹介!

    2024.06.18

    夢の周遊旅へ!ヨーロッパでキャンピングカーをレンタルする方法・注意点を紹介

    2024.06.12

    500泊したキャンピングカー旅で厳選!欠かせない&あると便利なおすすめ車中泊グッズ10選

    2024.06.10

    ハイエースキャンピングカーの内装をチェック!おしゃれ・DIY風・モダン…注目モデル8選

    2024.06.09

    車中泊におすすめのテーブル10選!用途に合った設置方法を選ぼう

    2024.06.07

    車中泊用扇風機で快適な旅を!選び方やおすすめモデルを9個紹介

    2024.06.06

    サイドオーニングで車中泊を便利に!おすすめモデルを6個紹介

    2024.06.02