Helinox初の海外直営店「Helinox Creative Center Tokyo」で1周年イベント開催! | アウトドアショップ・自然派の店 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • アウトドアショップ・自然派の店

    2024.06.02

    Helinox初の海外直営店「Helinox Creative Center Tokyo」で1周年イベント開催! 

    アウトドアファニチャーブランド「Helinox(ヘリノックス)」の日本での旗艦店「Helinox Creative Center Tokyo」がオープン1周年を迎えました。
    それを記念し、2024年5月25日に記念イベントを開催。当日は限定コラボ商品の発売もあり、オープン前から行列ができ、一部商品は即完売に。

    またフードトラックの横ではドリンクサービスが行われ、来場者はアウトドアファニチャーに座りながら交流を深めていました。

    オープン前の行列。写真提供:Helinox

    Helinox唯一の海外直営店で国内のフルラインナップが揃う旗艦店

    Helinoxは、アウトドア・ブランドにテントやトレッキングポールを供給するDAC社が展開する韓国のアウトドアファニチャーブランドです。軽量で丈夫なアウトドアチェアやテーブル、コットなどを展開していて、ブランドとしては今年で創業15年目。

     その中で初めての海外直営店として1年前に原宿にオープンしたのが「Helinox Creative Center Tokyo」。原宿の交差点から渋谷側に向かうこのエリアには、THE NORTH FACE、アークテリックス、NANGAなど、国内外の人気アウトドアショップが集結しています。

     当日は1周年のイベントをカジュアルに楽しめるよう、DJブースを店内に設置し、テラスではドリンクを提供。また、人気うどん店「麺散」のキッチンカーが店舗横に登場、だし巻き卵を具にした「だし巻きドッグ」を販売するなど来場者が楽しめるイベントやコンテンツが揃いました。

    テラスの夕方17時ごろの様子。日中はもっとたくさんの人がいたそうです。

    だし巻きドックの明太子を購入。ドリンクはレモネードをいただき、裏原宿でアウトドア体験を楽しみました。

    パラシュートコードでオリジナルミサンガを作るワークショップも実施。

    ■限定グッズ目当てにオープン前から行列! 一番人気はレトロストライプのチェア

    当日は、限定のコラボアイテムも発売。アパレルブランド・NATAL DESIGNのオリジナルファブリックを使ったレトロストライプとカモのチェア3型のほか、ガレージブランド・38exploreの「38灯」とのコラボ限定ランタンも登場しました。

    チェアはレトロストライプが人気で、発売日の夕方には残すはサンセットチェアのみに。広報担当の方によると、NATAL DESIGNのアイテムは韓国でも即完売になったそうです。

    いずれもシンプルなアウトドアアイテムのなかでマッチしながら、アクセントになりそうなカラー。

    レトロストライプ、ビンテージショップに並んでいそうな少しトーンが抜けたようなカラーが魅力。 NATAL Design × Helinox Sunset Chair – Retro Stripe/Camo  3万8,500円(税込み)

    限定販売のランタン。

    ■家でも外でも使えるファニチャーを支える「ボールフィート」

    軽量なHelinoxのファニチャーはアウトドアシーンはもちろん、普段使いにも便利。ショップ2階では、室内での使用シーンを想定できるレイアウトとなっています。

    インドアでの使用を想定した展示。

    Helinoxのギアの多くは軽量・コンパクトになることで人気を博していますが、そのぶん、使用時に安定しないというデメリットがあります。

    そこで、アタッチメントとしてラバーチップに取り付けてほしいのが大きな球体状の「ボールフィート」。

    脚先にボリュームをもたせることで、石のすきまへの落ち込みや砂地での沈み込みを防ぐことができます。また。室内で使用する際にも床に傷をつけるずらくなります。店舗では2サイズ、カラバリも豊富に揃っています。

    ノーマルタイプのボールフィート。

    ビブラム製のボールフィート。デザインやカラーも豊富で、45mmと55mmの2サイズがあり、4個セットでの販売。

    こちらの店舗では「ヘリノックス ジャパン」とカタカナロゴが入ったエコバッグやマグカップなどもオリジナルで販売しています。お土産用としてもいいですね。

    片面に通常の英字ロゴ、反対側の面にヘリノックス ジャパンのカタカナ表記をプリント。

    これからの季節、フェスやイベント会場へ持ち込むマイチェアにこだわる方は、豊富なサイズとデザインが揃う、こちらの直営店をぜひ訪れてください。

     Helinox Creative Center Tokyo 東京都渋谷区神宮前 6-13-3 営業時間:11:00〜20:00 ※不定休 https://helinox.tokyo/
    取材・文/北本祐子

    NEW ARTICLES

    『 アウトドアショップ・自然派の店 』新着編集部記事

    キャンプ用品買取店のおすすめ11選!高く売るコツも解説

    2024.05.22

    NANGA初となる布団専門の店舗「NANGA FUTON SHOP」がオープン!

    2024.05.04

    祝OPENで行ってきた!「スノーピーク 鹿沼キャンプフィールド & スパ」完全ガイド

    2024.04.17

    コストコに入店できる人数を徹底解説!東京近郊の店舗もチェック

    2024.03.22

    昭島アウトドアヴィレッジとは?体験型の商業施設を徹底解剖

    2024.03.17

    ゴールドウインの新店舗「PLAY EARTH PARK WONDER STORE 都立明治公園」はグッズレンタルでも遊べる!

    2024.02.10

    ソロたこ焼き、ユニークな充電器…全国のアウトドアショップバイヤーに聞いた「2024年これがくる!」

    2024.01.01

    2024年にイチ推ししたいキャンプギア7選!全国のアウトドアショップ人気バイヤーが大注目

    2023.12.31