モンベルのカメラストラップからパーゴワークスのバッグまで! カメラがより使いやすくなるアイテム5選 | アウトドア雑貨・小物 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • アウトドア雑貨・小物

    2024.02.21

    モンベルのカメラストラップからパーゴワークスのバッグまで! カメラがより使いやすくなるアイテム5選

    非日常の世界を切り取り、一生の思い出として記録するのに欠かせないカメラ。

    もはやカメラはアウトドアの必需品としても認知されていますが、保管や携行、またデータの移行をしたいとなれば、本体以外にも様々なアイテムが必要です。

    そこで今回は、アウトドアにおすすめの、カメラをより使いやすくするアイテム5選をご紹介します。

    カメラをより使いやすくするアイテムをご紹介!

    【モンベル】メッシュ カメラストラップ:2,420円(税込み)

    モンベル メッシュカメラストラップ

    適度な負担軽減と速乾性を備える。

    最初にご紹介するのは、カメラを携行するのに必要なカメラストラップです。

    私はモンベルのメッシュカメラストラップという製品を使用しています。

    こちらの製品を使用しているのは、カメラを携行する際に使用すると身体への負担が少なくなるとともに、身体に違和感なくストラップがフィットしてくれるからです。

    カメラ購入時に付属していたストラップでは、カメラの自重でストラップが身体に食い込んでしまい疲労感が強く出てしまっていました。しかし、この製品はストラップに採用されたメッシュ生地がカメラの重さを適度に分散してくれ、携行の負担が激減しました。

    メッシュ生地なので保水しにくく、通気性が高い点もポイント。汗をかいてしまった際の乾きも早いので、その分ベタベタするなどのストレスも減らしてくれます。

    モンベルのメッシュカメラストラップは、生地の幅を広めたワイドタイプもあります。そちらは、より積極的にカメラストラップを使いたい方におすすめです。

    【パーゴワークス】フォーカス L:13,750円(税込み)

    パーゴワークス フォーカス L

    豊富なポケットを備えるフォーカス L。

    続いて紹介するのはカメラバッグ。短時間の移動散策の際には、先ほど紹介したモンベルのメッシュカメラストラップでカメラを携行していますが、ハイキングや本格的な登山ではカメラバッグを使っています。

    そんな私がおすすめするカメラバッグは、パーゴワークスのフォーカス Lです。

    カメラバッグはカメラを保護しながら身体への負担を減らしてくれるため、長時間の移動に対応してくれるのがありがたいところです。

    パーゴワークスのフォーカス Lは、肩掛けだけでなく、ウエストハーネスを使って携行できるため2通りの持ち方ができます。ウエストハーネスを使って携行すれば、カメラの振れを最小限に抑えることが可能です。

    また、ポケットはジッパーポケットとサイドのメッシュポケットを含めれば5箇所あり、バッテリーやスマートフォンなどを効率良く収納できるのも魅力です。私はメッシュポケットにミニ三脚をいつも収納しています。

    【ANKER】USB-C 2-in-1 カードリーダー:1,490円(税込み)

    ANKER USB-C 2-in-1 カードリーダー

    コンパクトで持ち運びも◎。

    3つ目は、ANKERのUSB-C 2-in-1 カードリーダーです。

    いつも登山やキャンプ後、撮影したデータをすぐにスマートフォンに移しています。以前はブルートゥースやwifiのワイヤレスを使って移していましたが、カードリーダーが確実で早いことに気がつき、以来ANKERのUSB-C 2-in-1 カードリーダーを使うようになりました。

    本体は、手の平に収まるコンパクトサイズ。カメラバッグやバックパックに入れても気にならず、重量増の負担も少ないのが魅力です。

    また、些細なところですが端子のカバーがないので、紛失の心配がないのも嬉しいポイント。登山やキャンプで小さなものを紛失すると見つからずに諦めてしまうことがよくあるので、本体のみで使えるUSB-C 2-in-1 カードリーダーはとても便利。読み込みも速く、5Gbps以上のスピードで大切な画像を転送してくれます。

    【モンベル】クリマバリア カメラップ:1,870円(税込み)

    モンベル クリマバリア カメラップ

    適度な撥水性とクッション性を備える。

    続いて紹介するのは、カメラを汚れから守る際に重宝する、モンベルのクリマバリア カメラップです。

    スクエア状のカメラップはカメラ全体を包み込んでくれる保護アイテム。カメラを収納するためのカメラバッグに入れておく以外の、例えば普段使いのバッグにカメラを収納する際など、カメラを擦れなどから守ってくれます。

    カメラップはカメラだけでなくレンズ単体の保護にも使えるなど、カメラ本体のみならず様々なアイテムの保護に使用することも可能です。

    カメラップはスペースを取らないので、要最低限の荷物で行きたい公共交通機関でのアウトドアではカメラップを愛用しています。

    【ulanzi】MT-73 ミニカメラ三脚:2,980円(税込み)

    ulanzi MT-73 ミニカメラ三脚

    撮影の幅を手軽に広げるミニ三脚。

    最後にご紹介するのは、様々なカメラアイテムを展開するulanziの、ミニカメラ三脚 MT-73です。

    手軽に撮影の幅を広げる時に活躍してくれる、こちらのミニ三脚。収納時にコンパクトになり、展開がスムーズなMT-73を筆者は愛用していて、先に紹介したフォーカス Lのメッシュポケットに常に収まっています。

    収納時はコンパクトながらも、使用時は最大で54cmまで伸びてくれます。本体は滑り止め加工が施されているので、カメラだけでなくスマートフォンを活用しての撮影もしやすいです。

    バックパックやサイドポケットに収納する際、三脚はデッドスペースが生まれやすいのですが、この製品は丸みがあるフォルムで、収納時に「スッ」と入る感覚が特に気に入っています。

    カメラと一緒に多彩なアイテムを活用して、撮影をもっと楽しく

    ミニ三脚 撮影

    ミニ三脚で撮影。

    いかがでしたか。アウトドアでカメラを使いやすくするアイテム5選をご紹介しました。

    撮影をしていると「こういうのあったら良いのにな」と思い、アイテムを少しずつ追加して、自分にとって理想的な撮影環境を整えてきました。

    今回紹介したのアイテムが参考になって、皆さんの撮影ライフに役立てば幸いです。

    筆者プロフィール
    私が書きました!
    アウトドアライター
    北村一樹
    関東甲信越の山を中心に、1年を通して日帰りから縦走、沢登りや雪山を楽しんでいます。数日間沢に入って魚を釣りながら山頂を目指し、藪を漕いでいく汗まみれ、泥まみれの登山が大好物。ファミリーキャンプ、ロードバイクでヒルクライムなど、海と山があるのどかな町に住み、暇を見つけては年中山で過ごしています。

    あわせて読みたい

    カメラ好きの相棒に!パーゴワークスのカメラバッグ「フォーカスL」が超機能的

    アウトドアで最高の一枚を撮るなら、カメラは断然ミラーレスがおすすめ!

    NEW ARTICLES

    『 アウトドア雑貨・小物 』新着編集部記事

    アウトドアではショルダー専用のミニ財布がおすすめ!撥水加工された革で急な雨にも安心

    2024.04.20

    尾上製作所の人気ギア6選|リーズナブルで高品質な製品を一挙紹介

    2024.04.18

    水中カメラおすすめ3選|防水性能バツグンで安心!選び方も解説

    2024.04.17

    ハッカ油のシーン別使い方を紹介!キャンプでの活用方法から作り方まで解説

    2024.04.16

    夜のキャンプで目印に! 潜水艦でも使われているというおすすめ「蓄光ギア」

    2024.04.14

    ニトリで超使える掃除道具を発見!「マジカルお掃除わた」でキャンプギアがぴかぴかになるぞー

    2024.04.11

    日常からキャンプまで大活躍!愛犬を寒さから守るモンベル「ドッグサーマラップ ベスト」がよかった

    2024.04.11

    ピクニックを充実させるおすすめ持ち物11選!身近にある自然を思い切り楽しもう

    2024.04.09