KEEN「フッドゼラ」を徹底解剖!無双のフィット感のスノーブーツだぞ | フットウェア 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • フットウェア

    2024.01.09

    KEEN「フッドゼラ」を徹底解剖!無双のフィット感のスノーブーツだぞ

    KEEN(キーン)フッドゼラ。

    冬キャンプや雪遊びの際は、防寒対策が欠かせません。とりわけ足先は冷えやすく、保温性の高いスノーブーツがあると重宝します。

    そこで今回ご紹介するのは、KEEN(キーン)から販売されている「フッドゼラ」というスノーブーツ。防水性があり、保温性が高く、なおかつおしゃれなシューズです。早速、フッドゼラの魅力をお伝えいたします。

    フッドゼラの6つの特徴

    無双のフィット感を味わえる

    ストラップの端を手で引っぱっている様子。

    フィット感を高めるストラップが、アッパーに配置されています。

    まず、フッドゼラの特筆すべき点は、フィット感が最高なこと。

    このフィット感はアッパー(靴底を除いた上部の部分)やかかとにストラップ、くるぶし部分にドローコードを配置していることから実現しています。アッパーのストラップは、バックルを引き締めることでくるぶしから指先部分のフィット感を高めてくれます。

    ベルクロ部分を手で持っている様子。

    かかと部分のベルクロ式のストラップ。

    そして、かかと部分にあるベルクロ式のストラップを絞れば、しっかりと足の後方を固定することができます。

    ドローコードを引っぱっている様子。

    靴の入り口部分を絞って固定できるドローコード。

    さらに、くるぶし部分のドローコードをギュッと絞れば、足首の上部をしっかりと固定し、靴が脱げてしまうことも無くなります。

    フッドゼラは、スリッポン式の靴にもかかわらずフィット感が高いため、抜群の安心感があります。雪道で万が一バランスを崩してしまっても、靴が脱げづらいので安心です。

    冬の寒さを防ぐ

    靴の内側の様子。

    ブーツの内側には、断熱材のKEEN.WARMが封入されています。

    フッドゼラは、インサレーション(断熱)にリサイクルPETを使ったKEEN独自の素材「KEEN.WARM」を使用しています。そのため、冬の寒さを防いでくれます。

    フッドゼラはマイナス20度Cまで対応しているため、冬季でも足を冷やさず、快適に雪遊びやなどのウインターアクティビティーを楽しめるのです。

    防水透湿性素材で蒸れにくい

    また、フッドゼラの内側の素材にはKEEN独自の防水透湿素材「KEEN.DRY」が採用されています。

    この素材は、靴の内側で発生した水蒸気を外に逃がしますが、外側からの水を通さない機能を持っているため、行動中に蒸れにくい仕様となっています。防水性は非常に高く、雨の日に履いても、水が染み込みませんでした。

    脱ぎ履きが容易で足運びがしやすい

    フッドゼラはシューレースがないスリッポンタイプのため、脱ぎ履きの際に靴紐をほどく必要がありません。

    また、アッパーの素材は伸縮性があり、足口が広めのため、脱ぎ履きが簡単にできます。ちなみにアッパーの素材はやわらかいため、足首の動きを妨げません。そのため、しなやかな足運びができるのも嬉しいポイントです。

    低温対応のソールで安心

    一般的にソール(靴底)の素材は、やわらかいほうが路面を良くとらえ、グリップ力が高くなります。しかし、低温環境の場合はラバーが硬化して滑りやすくなってしまう、という傾向があります。

    その対策としてフッドゼラのソールには、寒さによるラバーの硬化に対応した「KEENフリーズラバーアウトソール」が採用されています。このソールは、低温下でも柔軟なラバーの状態を維持し、グリップ性を損なわずに行動ができるのです。実際に使用したところ、雪の上でも滑ることがなく安定感がありました。

    ただし、凍った雪の上や、凍結した道路の上ではグリップがきかずに滑ることがありました。フッドゼラといえども絶対に滑らない靴というわけではないということはご留意ください。

    見た目がよく普段履きもOK

    フッドゼラを履いた様子。

    今回ご紹介したのはゴールデンブラウン/ブラックカラー。飽きにくく、色々な服に合わせやすい色目です。

    フッドゼラは無駄のないデザインも魅力。コーディネートの雰囲気を壊さないため、どのような服にも合わせやすいです。

    カラーバリエーションは、今回写真でご紹介しているゴールデンブラウン/ブラックのほかに、ダークオリーブ/ブラックやオールブラックなどのカラーがありますが、どれもが抑えめで飽きのこない色となっています。主張が控えめなのでトレンドに左右されず、雪山だけでなく普段履きとしても活用できますよ!

    気になるサイズ感は?

    KEENのシューズに限らず、スポーツシューズはフィット感を高めるためにやや小さめに作られていることが多いです。

    フッドゼラもやや小さめの作りなのか、27cmの靴がピッタリの筆者は27.5cmのフッドゼラでちょうどいいサイズでした。厚手の靴下を履く方は、もうワンサイズアップしてもいいかもしれません。もちろん足の形状によってフィット感は異なリますので、実際に店舗で試着してからの購入をおすすめします。

    KEENのフッドゼラで冬キャンプにでかけよう!

    このようにKEENのフッドゼラは、普段使いや冬のソト遊びにもってこいのシーズ。デザインもよく、足先が冷えるこれからの寒い時季には、重宝すること場違いなし。

    雪中キャンプに出かける予定がある方、冬場でも快適に履けるブーツを探している方は、ぜひチェックしてくださいね!

    私が書きました!
    アウトドアライター
    のまどう
    行く先のあてもないバックパッキング、ソロキャンプ、登山が大好物です。とはいえフラフラは出来ず、最近は子供とのキャンプと自宅に並べたギアを眺めての想像の旅に夢中です。千葉の最南端在住。田舎暮らし満喫中。インスタはこちら

    あわせて読みたい

    NEW ARTICLES

    『 フットウェア 』新着編集部記事

    テバの水陸両用クローズドトゥモデル 「OUTFLOW COLLECTION」に新色がでたっ!

    2024.03.02

    メレルのダイバーストレイルシューズ「MOAB SPEED」最新モデル登場!従来モデルから革命的にアップデート

    2024.03.01

    スカイランニング界に旋風を起こしたメレルのシューズに耐久性プラス!「MTL SKYFIRE 2 MATRYX」

    2024.02.28

    コミュニティスペースもあるHOKA国内最大の直営ストア「HOKA Harajuku」オープン!

    2024.02.25

    HOKAから反発力と推進力が強化されたランニングシューズ「MACH 6」登場!

    2024.02.21

    防寒靴おすすめ31選!No.1アウトドア雑誌が選ぶ最強のあったかシューズを一挙紹介

    2024.02.19

    ネイティブシューズがこの春から全国販売スタート!新作のWonder Wander Collectionに注目だ

    2024.02.18

    ダウンシューズおすすめ3選!足元ポカポカでテントシューズにもぴったり

    2024.02.17