可憐なシクラメン……和名は「豚の饅頭」だった! | ナチュラルライフ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • ナチュラルライフ

    2023.12.14

    可憐なシクラメン……和名は「豚の饅頭」だった!

    名前を聞いただけで、色やにおいが浮かんでくる花は数多い。なかでもシクラメンは、昭和のヒット曲でも歌われた‟名花”。ナチュラリストのおくやまひさし氏が、その魅力を美しいイラストと写真で解説する。

    シクラメンの和名が「豚の饅頭」の理由とは

    シクラメンのイラスト

    学名:Cyclamen persicum サクラソウ科の多年草。球根からハート形の葉が群生する。冬から早春に紫紅色、白色、淡紅色などの花をつける。地中海沿岸に十数種が自生し、古代ギリシャでは薬草とされた。日本には明治末期に渡来し、年末から春にかけての観賞用鉢物として栽培されている。

    「シクラメンのかほり」を布施明が歌って大ヒットしたのは1975年

    シクラメンはサクラソウ科シクラメン属の多年草。球根植物でギリシア、シリア、ヨーロッパの地中海沿岸が原産だ。
     
    小椋佳さんが作詞・作曲した「シクラメンのかほり」の大ヒットをきっかけに冬の鉢花として一気に人気の花になったが、大輪咲きの園芸種は、ほとんど香りがなかった。この曲が大ヒットした1975年ころに日本で育種された芳香性シクラメンが登場し、品種改良が進んでいく。花屋の店頭に並ぶシクラメンは、色も大きさもじつに多彩だが、小椋佳さんは「真綿色」や「うす紅色」「うす紫の……」と表現した。

    葉の数だけ花をつける 

    シクラメンはヨーロッパでは「雌豚のパン」と呼ばれたため、「豚の饅頭」という和名をもつ。植物学者の牧野富太郎が花の形が篝火に似ているからと「カガリビバナ」と名付けたのだが、今ではなぜか誰もカガリビバナなどとは呼ばない。
     
    開花後、結実すると花柄がらせん状にくるくると巻くため、ギリシャ語で旋回・円を意味する「kyklos」に由来する呼び名「シクラメン」(Cyclamen)になった。なんとなく気品の良さが感じられるが、これがもしカガリビバナだったら、小椋佳さんの名曲も作られず、今のような人気はなかったかもしれない。
     
    豚の饅頭という名も気になる。鉢をひっくり返して、土を払ってみたら、がっちりした硬い饅頭のような球根が出てきたが、はたして豚はこれを食べるんだろうか? この饅頭から地上にのびた茎は、たくさんの葉を付ける。面白いことに、シクラメンは葉の数だけ花を付けるのだ。

    シクラメンの球根

    豚の饅頭と呼ばれる大きな球根。

    シクラメンの花

    うす紅色のシクラメン。

    シクラメンの花柄

    花柄はらせん状に巻かれる。

    シクラメンのつぼみ

    1枚の葉に1個のつぼみが付く。

    おくやまひさし プロフィール

    画家・写真家・ナチュラリスト。 
    1937年、秋田県横手市生まれ。自然や植物に親しむ幼少期を過ごす。写真技術を独学で学んだのち、日本各地で撮影や自然の観察を開始。以降、イラストレーター、写真家として図鑑や写真集、書籍を数多く出版。

    ※イラスト・写真・文 おくやまひさし
    (BE-PAL 2024年1月号より)

    NEW ARTICLES

    『 ナチュラルライフ 』新着編集部記事

    禁じられた熊狩りに挑む『プロミスト・ランド』ほか6月に観たい映画2選

    2024.06.15

    グルテンフリー&おいしい「ZENB(ゼンブ)」キッチンカーが東京、神奈川、千葉を巡回中

    2024.06.01

    富士山を望む絶景を独り占めできる穴場サイトをBE-PAL編集部員が発見!

    2024.05.07

    焚き火の「灰」を使って洗剤作りに挑戦!今日からできるSDGs的社会貢献とは?

    2024.04.28

    パスタの茹で汁、捨てないで!アウトドアでの驚くべき活用法があった

    2024.04.16

    GWにおすすめの映画2選!美しい自然と人との関わり方について考えさせられる

    2024.04.12

    えっ!? あの「ほりにし」からスパイス…じゃなくて“クリーナー”が爆誕したって知ってた?

    2024.04.05

    レジャーだけじゃない!「大学×アウトドア企業」で切り開かれる新たな可能性

    2024.03.23