GREGORY×ANAの初コラボバッグ!ANAのコーポレートカラーを使った配色が新鮮だよ | アウトドアブランド 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • アウトドアブランド

    2023.11.09

    GREGORY×ANAの初コラボバッグ!ANAのコーポレートカラーを使った配色が新鮮だよ

    米国カリフォルニア発のアウトドアブランド「GREGORY」(グレゴリー )がANAと初コラボ、『GREGORY for ANA 』として3アイテムを発売開始した。

    GREGORYとANAが初コラボ!

    ファン待望のコラボ!『GREGORY for ANA』

    このたび発売された『GREGORY for ANA』には、カジュアルからビジネスまで幅広いシーンで愛用できるアイテムがラインナップ。スタイリッシュなデザインや落ち着いた色合いで、使う人を選ばないのが特徴だ。仕事も遊びも全力で楽しむBE-PAL読者なら要チェックのラインアップとなっている。

    コラボならではのこだわりも随所に。例えば、ANAオリジナル仕様として、外装 にネイビー、内装にANAをイメージしたブルーの生地を採用 。また、ファスナー周りなどにブルーの染色を施すなど、 ANA のコーポレートカラーを使った配色で仕上げている。

    さらに、GREGORYのタグは、A-styleでは定番のブラックカラーを採用し、コラボの証としてメイン収納部にGREGORYとANA のダブルネームタグが縫い付けられている。

    <ANAオリジナル>GREGORY for ANA クイックポケットM(ブラックラベル)

    <ANAオリジナル>GREGORY for ANA クイックポケットM(ブラックラベル)

    さまざまな用途で使い勝手のよいコンパクトなポーチ。携帯電話やカメラなど必要なものを必要なタイミングで取り出すことができる。

    価格:8,800 円(税込)
    カラー: ネイビー
    素材:本体→ナイロン  引手→牛革
    サイズ:(約)H19cm×W14.5cm×D5.5cm
    重量: 155g
    仕様: ポケットの数→1(外側1)

    <ANAオリジナル>GREGORY for ANA テールメイト S (ブラックラベル)

    <ANAオリジナル>GREGORY for ANA クイックポケットM(ブラックラベル)

    タウンユースをはじめ、野外を散策する際にも最適な便利なバッグ。大容量のメインコンパートメントには、メッシュポケットとオープンポケットを備えている。ショルダーバッグとウエストバッグの2WAYで使用可能。

    身体にあたる背面部は柔らかく 、 負担が少な い 作りになっている。

    価格:14,300 円(税込)
    カラー:ネイビー
    素材:本体→ナイロン  引手→牛革
    サイズ:(約) H 16cm × W 39.5cm × D 13cm
    重量:415g
    仕様: ポケットの数→ 3 (外側 1 /内側 2)

    <ANAオリジナル> GREGORY for ANA デイパック(ブラックラベル)

    <ANAオリジナル> GREGORY for ANA デイパック(ブラックラベル)

    GREGORYの伝統を象徴するティアドロップ型のバックパック。アップデートを重ねることで、現在でも日常使いからアウトドアアクティビティまで重宝するアイテムとなっている。

    前述のテールメイトと同様、身体にあたる背面部は柔らかく、 負担が少な い 作りになっている点にも注目。

    価格:29,700 円(税込)
    カラー:ネイビー
    素材:本体→ナイロン  引手→牛革
    サイズ:(約)H 45.5cm × W 40cm × D 16.5cm
    重量:760g
    仕様:ポケットの数→ 3 (外側 1/内側 2)

    アウトドアからビジネス、旅行にも

    どのようなシーンにも馴染む『GREGORY for ANA』のアイテムたち。アウトドアやビジネスはもちろん、イベントや冬休みの旅行のお供としてもチェックしてみてはいかがだろうか。

    「ANA ショッピング A style」https://www.astyle.jp/
    「ANA ショッピング A style ANA Mall 店」https://anamall.ana.co.jp/shop/top/0018-0018

    NEW ARTICLES

    『 アウトドアブランド 』新着編集部記事

    祝OPENで行ってきた!「スノーピーク 鹿沼キャンプフィールド & スパ」完全ガイド

    2024.04.17

    アンドワンダーとは?アウトドアとカジュアルの二刀流ブランドを解説

    2024.04.16

    もうチェックした?パタゴニアのレインウエアの新シリーズ「ボルダー・フォーク・レイン・ジャケット」

    2024.04.10

    ヘリーハンセンのリュックの魅力は?おすすめ商品を11個紹介

    2024.03.31

    鎌倉天幕とはどのようなブランド?魅力やおすすめギアを7アイテム紹介

    2024.02.29

    カリマー2024年春夏コレクションでは2種のミドラーが登場! 次世代素材のアウターをチェック

    2024.02.25

    名作「アラートパンツ」が復活!ジャパンブランドのフェニックスからアウトドアラインが3月上旬発売

    2024.02.23

    パタゴニアの最強ダウン10選!人気の理由や選び方も解説

    2024.02.23