ナント30以上の使い方が! 変幻自在のニンジャタープ見参 | タープ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

ナント30以上の使い方が! 変幻自在のニンジャタープ見参

2015.09.16

テント

ソロキャンプの必携アイテム

この「ニンジャタープ」の自由度の高さは圧倒的だ。30以上という設営バリエーションに加え、抜群の張りやすさも実現している。その秘密は、ふたつの独自構造。まずは、前後2辺にあるテンションスリーブ。これは、ドローコードによって、タープ本体を絞ることができるというもの。このおかげで、張り方の自由度が広がり、素早く設営することができる。そして外周にグルリと設けられた24か所のガイポイント。これによって、タープ同士の連結などもとても簡単。持ち寄って宴会テントにするもよし、ソロキャンプのシェルター的に使うもよし。なんだったらドームテントのように使うこともできてしまうという自由っぷりだ。

このページで紹介している以外にも、様々な使い方ができるはずだ。そこに必要なのは、使う人の創意工夫。このニンジャタープの最大の魅力は、持つ人の想像力を刺激して、様々なことを試してみたくなる、そんな自由さなのだ。

パーゴワークス/ニンジャタープ PaaGo WORKS/NINJA TARP

真ん中がやや内側にラウンドした、独自の手裏剣型シルエットも張りやすさの秘密。このページでは様々な張り方を紹介しているが、設営変更にかかった時間は1パターンにつき10分ほど。

サイズ/300×280㎝
重量/約470g
主素材/30Dシルナイロン
カラー/ウォームグレー
付属品/張り綱、スタッフバッグ

テント
前後2辺のドローコードを調整することで、幕体を絞ることができる。

テント
トグル付きのガイポイントは、ポールの支点としても使える。

 

美しいウィングタープもあっという間に設営可能

テント
単体で使ってもタープとしての大きさは十分すぎるほど。ドローコードで最後にテンションをかけることができるので、張った姿も美しい。

 

巻き込んでフロアを確保してシェルターに

テント
底面横部分のトグルを連結させれば、巻き込んでフロアを作ることが可能。この構造のおかげで、シェルター的な使い方もできるのだ。

 

何枚だって連結できる拡張性の高さに驚愕!


テント
ガイポイントはトグル付きなので、このように2枚を連結して設営するのも簡単。ひとり1張り持参すれば、広大なパーティースペースも。

 

テントポール流用でドーム型に設営できる


テント
付属品ではないが、テントポールを使えば、ドーム型に張ることもできる。夏なら、もはやテント要らず。こいつだけでキャンプは事足りる。

 

テントと組み合わせて後付けフライシートに


テント

張り方はほかにもいろいろ

シングルウォールテントの、後付けフライシートとして利用した状態。大きな前室は大人2人が寛ぐスペースとしても最適なのだ。テントフロント1ポールで低姿勢ウィングタープ

テントフロントに庇(ひさし)を設けて圧迫感なく日陰を確保

テント後ろのポールを下げたバランスの良い張り方

テント前ポールで後ろ直張り強風時にも負けない!

テント前後のコードを絞って庇を作り快適度アップ

テントワンポールで前後を閉じ雨からもガッチリガードテント自転車がポール代わりツーリング用のテク

テントポールを4本使って贅沢昼寝仕様に

テント日差しは遮りつつ風抜け重視の片流れ

テントワンポールで立てるULシェルタースタイル

テント底面をより巻き込んだぐっすり安眠シェルター

テントトグルを利用して前後を閉めたツェルト風!?テント前後のドローコードでトンネル型も可能に!

テント包まれる安心感!? 三角形シェルター!

テント前後に庇を作った2枚使いの三角屋根

テントなんとポール6本使い贅沢パーティースペース

テントワンポールで立ち上げるティピー的タープ使いテント星空ウォッチングに!フロント大開放張り

テント再び1枚でフロントを絞ったおやすみドーム完成

テントポールで入り口を拡張開放的な空間に

テント雨天時に効果的な庇が付いた前室!テントタープを斜め使いで大人2人が寛げる

テント自転車を組み合わせたツーリング仕様

テント全身を包んでしまえばシュラフカバーにも!?


作ったのはコノ人!
斎藤 徹さん
日本発信のアウトドアブランド「パーゴワークス」の代表。独創的なアイデアのバックパックなど、オンリーワンなアイテム作りが持ち味だ。タープ製作は初の試み。●パーゴワークス公式サイト https://www.paagoworks.com/product/ninja-tarp/

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 タープ 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。