独自形状のブッシュクラフト「たき火ゴトク Pro」は便利?実際に焚き火で使ってみた | 焚き火・火おこし道具 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 焚き火・火おこし道具

    2023.08.09

    独自形状のブッシュクラフト「たき火ゴトク Pro」は便利?実際に焚き火で使ってみた

    収納袋のロゴの寄り
    焚き火料理はキャンプでやってみたいことのひとつ。フライパンやクッカーを使って豪快な炎で調理するあの景色は、普段では味わえない非日常的な経験。
    しかし、いざ料理を作ろうと思っても、焚き火台に付属している多くは焼き網で、中にはそれすらないものもある。つまり、焚き火台を買ったままでは焚き火料理ができないのだ。
    そこで用意すべきものが、焚き火台に載せる五徳。今回は、ちょっと変わった形状だが非常に軽く人気の高い商品を紹介する。

    1枚で4つのカップを載せられる新発想の五徳

    商品の全体

    「たき火ゴトク Pro」¥6,160

    今回紹介するのは、ブッシュクラフトというブランドが販売する「たき火ゴトク Pro」。中が空洞になった純チタンパイプを使用し、86gと驚きの重さを実現したアイテムである。
    サイズは40×13.8cm。人気の高いスノーピークの焚火台Mは1辺が35cmなので、横に問題なく置ける長さ。1本のパイプで作られているため持ちやすいのも特徴だ。

    本体を収納袋に入れたところ

    収納袋付きで、持ち帰る際にほかの道具を汚さずに済む。

    パイプ径(=厚み)は6mmと薄く、ザックや収納ケースの隅に忍ばせて収納できる。スタッフサックが付属しているため、たとえ煤が付いても周辺が汚れにくくなっている。

    独自の形状の意味とは

    独自形状の部分の寄り

    計4箇所を内側に曲げた面白いデザイン。

    この五徳の特徴は、なんといってもこの形状。一般的な五徳は直線的なものが多いが、こちらには2箇所を中央に寄せた形状になっている。これにはどんな意味があるのだろうか。

    12cm径の一般的なシェラカップを2個置いた状態

    12cm径の一般的なシェラカップを2個置いた状態。

    同社の公式ページによると、直線的な五徳だと焚き火の炎に近い部分と遠い部分が明白になり、遠い部分だと熱源から離れるので調理しにくかったり保温しにくかったりする。たき火ゴトク Proなら、載せたものをほぼ熱源から近い距離に置けるとのこと。

    中央に寄せたくぼみにシェラカップを置くのがスタンダード。2個を熱源から同じ距離でできる。

    12cm径のシェラカップを3個置いた状態

    12cm径のシェラカップを3個置いた状態。

    次に3つ。くぼみに2個を載せ、加えて中央の突起部に載せる。この中でもっとも熱源に近いのは中央のシェラカップだが、ほかの2個も炎にあたる距離である。

    12cm径のシェラカップを2個、BE-PAL付録のミニシェラを2個置いた状態

    12cm径のシェラカップを2個、BE-PAL付録のミニシェラを2個置いた状態。

    中央の突起部にシェラカップを2個載せるのは厳しかった。しかし、BE-PALの過去の付録であるミニシェラなら問題なく置けた。少量のお酒などを温めるのにちょうどよさそうだ。

    12cm径のシェラカップを2個、10cm径のロッキーカップを2個置いた状態

    12cm径のシェラカップを2個、10cm径のロッキーカップを2個置いた状態。

    ちなみに、最近人気が出ているロッキーカップなら中央の突起部に2個載せることができた。このように。サイズによって載せられるものとできないものはあるので、キャンプで使う前に練習として五徳の上に載せてみてはいかがだろうか。

    実際にこの上で調理をしてみた

    五徳を焚き火台の上に置いたところ

    五徳を置く際は、焚き火台に載せられるように薪の量は抑えめに。

    ある程度説明ができたので、次に実際の焚き火で五徳を使ってみた。使用する焚き火台は、アイアンラック・オウスンに専用焚き火台をのせたもの。

    フライパンは同じブッシュクラフトが販売する「たき火フライパン」

    フライパンは同じブッシュクラフトが販売する「たき火フライパン」。

    この上で、ステーキを焼いてこれに長めの木の枝を装着。この上に油をしいて肉を載せてみた。薪からフライパンまでの隙間はほぼなく、フライパンの油がちょっと飛び散った瞬間に火が上がるほど。

    焚き火の寄り

    じっくり調理をしたいなら熾火にするのがよし。

    でも、隙間がほぼないおかげで調理時間を圧縮することができ、あっという間に肉に火が通った。焚き火台の形状にもよるが、弱火で調理したいなら炭レベルまである程度燃え切った状態で行うか、もしくは最初から炭で調理するといいかもしれない。

    使ってみて気になったこと

    焚き火料理をしているところ

    使っているうちに五徳がずれてきた。

    便利な一方で、使ってみて気になったことが2つあった。1点目は安定性。今回の調理中に五徳が少しずつ焚き火台からずれてきて、一時中へ落ちそうになることがあった。
    シェアラップを置くなど簡易的な使い方なら問題なさそうだが、アウトドア料理でがんがん使いたい人は、五徳が中に落ちないように気をつけよう。

    2点目は、置き場が悪いと五徳から落ちてしまいやすいこと。たとえば前述したシェラカップ4個載せは、カップ同士をぴったりくっつけて載せており、少しでも場所が悪いとちょっとした振動で焚き火台の中へ落ちてしまう。
    シェラカップや小さい調理道具など、載せにくいものを五徳に載せる際には十分に注意しよう。

    とはいえ、今まで五徳を持っていなかった筆者としては、ブッシュクラフトのたき火ゴトク Proを使うことでキャンプの幅が広がった。特に、焚き火料理がしやすくなったことは嬉しい。焚き火台付属の五徳しか使ったことがない人は、ぜひ一度この利便性を試してみてほしい。

    商品概要

    ブッシュクラフト「たき火ゴトク Pro」
    価格:¥6,160
    サイズ:40×13.8cm
    重量:86g

    商品ページはこちら

    私が書きました!
    『ロウホウ』代表
    小川迪裕
    アウトドア&ファッションメディアの編集者、ライター、コンテンツディレクター。雑誌、WEBメディアの編集と執筆に加え、ブランドのホームページやブックレットの製作も行う。日産・エクストレイルの上にルーフトップテントを載せて車上泊をするのがキャンプスタイル。愛犬のジャック・ラッセル・テリアと旅をするのが今の夢。https://www.michihiro-ogawa.com

    NEW ARTICLES

    『 焚き火・火おこし道具 』新着編集部記事

    ソロ、ファミリー別のおすすめ焚き火台10選!燃焼効率、超軽量、雰囲気重視モデルまで

    2024.03.31

    六角形の焚き火台ならキャプテンスタッグ!注目のラインナップからおすすめできる理由まで解説

    2024.03.29

    気軽に楽しめるサイズ!LOGOSのスウェーデントーチに、燃焼時間80分の小型バージョンが登場

    2024.03.25

    火打ち石の使い方は?キャンプでの活用方法からおすすめの商品まで解説!

    2024.03.25

    ロゴスの焚き火台ならコレ!定番から万能モデルまでおすすめを紹介

    2024.03.20

    ogawaオリジナルの焚き火台が新登場!調理も存分に楽しめる たっぷりサイズだぞ

    2024.03.19

    寒い時季の災害に備えよう! 手っとりばやく暖をとれるストーブセット

    2024.03.10

    雄大な炎を生み出せるBOX型の二次燃焼焚き火台が爆誕!Agniz.「焚き火台BoxM」

    2024.03.07