夏場の登山こそ上着を羽織ろう!「ウィンドシェル」を一度着たら手放せなくなる5つの理由 | アウトドアウェア 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • アウトドアウェア

    2023.07.26

    夏場の登山こそ上着を羽織ろう!「ウィンドシェル」を一度着たら手放せなくなる5つの理由

    青いウィンドシェルを着た女性が湿原の中に立っている。

    夏はウィンドシェルで決まり!

    皆さんは、強い日差しが照りつける夏、どんな服装で山に登っていますか?

    暑がりの筆者が登山を始めた頃は、常に半袖シャツを着用していました。その頃は、いつも真っ黒に焼けてしまい、下山後に身体がダルいと感じることが多かったです。

    そんな時に出合ったのが、ウィンドシェル。夏場にウィンドシェルを羽織るようになってから、登山がとても快適になりました。

    長袖なのに、煩わしさを感じさせな万能ウェアのメリットを紹介します。

    ウィンドシェルとは?

    ウィンドシェルは、風を防ぐための軽量ジャケット。

    レインジャケットが高い防風性能をもつのに対して、ウィンドシェルはある程度風を通します。

    この「ある程度」が、夏にはちょうど良いのです。日差しが強い日は紫外線対策として、少し肌寒い日は行動着として、幅広く使うことができるウェア万能ウェアです。

    ウィンドシェルが手放せない理由

    一度着ると、もう登山では手放せなくなるウィンドシェル。登山ガイドとして活動する私がおすすめする理由を、順番に紹介します。

    (1)紫外線から身を守る

    日差しが強い日は、ウィンドシェルを羽織ることで紫外線対策ができます。

    晴れた日に登山をした後、身体のダルさを感じたことがある方は多いのではないでしょうか。紫外線対策をするだけで、このような下山後のダルさが軽減されるかもしれません。

    半袖の方が涼しそうに思えますが、直射日光を避けることで、身体の火照りを抑えることができます。そのため、長袖のウィンドシェルを羽織ることで、涼しく感じられるのです。

    「暑いから上着なんて羽織ってられないよ」と思っている方、まずは一度試してみてください!

    (2)肌寒いときにさっと羽織れる

    女性が春先寒い湿原の中に立っている。

    「一枚着たい」を叶えてくれるのが、ウィンドシェルです。

    標高3000mを超える高山にいると、夏でも肌寒いときがあります。

    半袖では寒いけれど、保温着やレインジャケットを着ると暑い、そんなジレンマを解消してくれるのが、ウィンドシェルです。

    「こんなときに薄い上着が一枚欲しいなぁ」と思ったら、ウィンドシェルの出番です!

    (3)とにかく軽量&コンパクト

    ポケットから青いウィンドシェルを取り出そうとしている。

    非常にコンパクトで軽量なので、いつでもポケットから取り出せます。

    さまざまなタイプのウィンドシェルがありますが、ほぼ全てに共通していることは、軽量でコンパクトという点です。

    ウィンドシェルのことを、「羽のように軽い」と紹介しているメーカーもありますが、本当にその通りだと思います。

    着ていないときは、小さく丸めてポケットに入れたり、ザックの前ポケットに突っ込んだり。すぐに取り出せる場所に入れておくと便利です。

    (4)撥水・防風機能がある

    青いウィンドシェルを着た女性が湿原の中に立っている。

    ウィンドシェルは、サラッとした肌触りの生地が人気です。

    多くのウィンドシェルには、軽い撥水機能と防風機能が備わっています。

    霧の中や、風が少し強い中で行動する際、「レインジャケットを着るほどでもないけれど、何か一枚羽織りたいなぁ」という場面で、抜群にその力を発揮します。

    生地が柔らかくてサラッとしたものが多いので、半袖の上に直接着ても、肌がベタベタせずに快適に着られるはず。

    ただし、レインジャケットほどの防水・防風性能はないので、悪天候のときは、雨具を着用するようにしましょう。

    (5)体型を隠せる

    女性がウィンドシェルのジッパーを上げている。

    夏場、体型を隠したいときにおすすめです。

    実は、筆者がウィンドシェルを重宝している理由の一つは、体型を隠せるから!

    夏場は、ベースレイヤー一枚で行動する人が多いでしょう。そして、山用のベースレイヤーは吸水速乾性をしっかり発揮させるために、ピッタリサイズのものを着ることも…。

    これが、なかなかネックです。というのも、体型が丸見えになってしまうのです。

    最近は、体型を隠したいからウィンドシェルを買う、という方が増えていると聞きます。機能性抜群で、おしゃれにも気を使うことができるので、一石二鳥です。

    夏こそウィンドシェルの出番だ!

    夏は半袖で行動していた人にとって、長袖のウィンドシェルは少し抵抗があるかもしれません。

    しかし、一度試してみれば、その魅力が十分にわかるはず。夏の相棒として、手放せなくなること間違いなしです!

    登山に少し慣れてきたころ。いつものウェアにウィンドシェルを追加して、快適なアウトドアライフを送ってくださいね。

    私が書きました!
    ネイチャー/登山ガイド
    さあか
    自然をこよなく愛するネイチャー/登山ガイド。ニュージーランドでのネイチャーガイド経験を経て、現在は丹沢山地、箱根、利尻島など、季節ごとに違う山でガイドライフを満喫中。年齢や体力に関係なく、多くの方に自然の中で過ごす楽しさを知ってもらうため、アウトドアライターとしても活動している。

    NEW ARTICLES

    『 アウトドアウェア 』新着編集部記事

    ポーラテックはキャンプなどアウトドアに必須?おすすめの素材と商品を解説!

    2024.04.12

    ビジネスにもハイキングにも!コンパクトにしまえるシエラデザインズのBE-PAL別注スプリングコート登場

    2024.04.10

    finetrackのアウトドアパンツ「トルネードパンツ」は、足を大きく動かすアクティビティに抜群だ!

    2024.04.04

    マムート注目のソフトシェルジャケットは完売必須だ!2024年新作をチェック

    2024.04.01

    ワコール「CW-X」とチャムスコラボの2024春夏新作!本格ウェアをキュートに着こなそう

    2024.03.30

    ジェットキャップの特徴は?似合うかぶり方やおすすめ商品も紹介

    2024.03.28

    ソフトシェルジャケットおすすめ7選!アウトドア&タウンで活躍する人気モデルを厳選

    2024.03.27

    災害時の備えにぴったり!ワークマンのヘッドライト付きレインウェアを徹底チェック

    2024.03.25