2023年にニューオープン! まっさきに行きたい、自然を満喫できるキャンプ場5選 | キャンプ場 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • キャンプ場

    2023.07.12

    2023年にニューオープン! まっさきに行きたい、自然を満喫できるキャンプ場5選

    ここ数年でレジャーとしてのキャンプが定着。全国でキャンプ場のオープンやリニューアルが続いていますが、2023年も続々と新顔が登場。超ワイルドサイトから豪華グランピングまで、自然を満喫できる施設が目白押しデス! 新規OPENキャンプ場を2号連続で紹介します。

    ※モデル料金は大人2名+子供2名で1泊する際の目安です(税込み)。

    2023年4月1日 OPEN!

    直火OK。ワイルド派もグランピング派も大満足!ノルディスク運営のキャンプ場がついにオープン!

    Nordisk Hygge Circles UGAKEI

    image

    坂の上のエリアがグランピング、一段下がった宇賀渓の両側がテントサイトになっている。

    住所:三重県いなべ市大安町石榑南2999-5 
    電話:0594(37)7769
    営業:通年 
    予約:3か月前の1日より 
    テントサイト:30 
    その他の宿泊施設:10棟

    モデル料金 6,800円〜

    DOCOMO エリア内
    au エリア内
    SoftBank エリア内

    ネット予約可能
    温水洗浄便座あり
    バリアフリー
    直火OK
    器具による焚き火OK
    コテージなどの宿泊棟あり
    Wi-Fi利用可能
    キャンプ用品一式のレンタルあり

    デンマーク発のノルディスクと三重県いなべ市がタッグを組み、既存のキャンプ場を大改修し、名称も新たに登場! テーマは、デンマーク語で豊かな時間の過ごし方や暮らし方、心の持ち方を意味する「Hygge」。建築資材はもちろん、太陽光をふんだんに採り入れる建築設計、提供する食事にも地元産を使うなど、SDGsを意識した取り組みも注目を集めている。また、コンセプトも建物のデザインも期待を裏切らない内容だ。

    「ワイルド・サークルズ」と呼ばれるテントサイトは宇賀渓沿いに設けられていて、直火もOK。電線も見えず、自然のまんま。車が入れず不便だが、これぞキャンプの原点だ。そうかと思えば、グランピングができる「プライベート・サークルズ」には、ノルディスクのテントや円形のロッジが立ち並び、おとぎ話の世界にいるよう。数々のホテルで支配人を務めていた地元出身の手塚秋啓さんが指揮を執っているので、ホスピタリティの高いサービスも魅力的だ。キャンプとグランピング。設備は対極だが、どちらも大自然の中で過ごす贅沢と幸せを感じられる。

    直火OK!

    image

    宇賀渓の両側がテントサイトに。車は進入不可で、カートを借りて荷物を運ぶ。

    image

    区画はなく、滝のある場所や木陰など、好きな場所にテントを張れる。周囲の森もワイルドで人工物も目に入らない。

    image

    トイレは温水洗浄便座付き。

    image

    水場はシンクが2つ。

    ホテル並みのサービスが魅力! グランピング施設

    image

    プライベート・サークルズは、常設テントが8張、キャビンが2棟。

    グランピングテント

    image

    4人用のアスガルド19.6。1泊2食付きで1名25,100円~。

    image

    地元産の石榑茶も楽しめる。

    image

    カップ、電気ポット、冷蔵庫なども完備。

    北欧スタイルのロッジ

    image

    キノコのような形のロッジ。

    image

    トイレ、バス付き。

    image

    ヒノキの皮を貼った屋根が特徴。

    食事でヒュッゲ度MAX♡

    image

    食事は地産地消。料金に飲み物代も含まれる。取材日はヒトミワイナリーのワインを堪能。

    image

    野菜もたっぷり。

    地元産の肉をBBQ。

    朝食はデッキで楽しめる。サラダ、ヨーグルト、ライ麦パン、スープなど。朝からシアワセ♡。

    センターハウス

    受付や売店のあるセンターハウス。

    ラウンジでは体験教室なども開催。

    ノルディスクの商品も販売。

    2023年1月 OPEN!

    自然との共生を目ざして開業。ワイルドさも残しつつ、設備充実でビギナーも安心!

    十二の杜オートキャンプ場

    住所:群馬県吾妻郡中之条町大字入山4049-28 
    電話:0279(82)5576 
    営業:通年 
    予約:2か月前の1日より 
    テントサイト:40 
    その他の宿泊施設:2棟

    モデル料金 6,000円〜

    DOCOMO エリア内

    ネット予約可能
    温水洗浄便座あり
    バリアフリー
    器具による焚き火OK
    コテージなどの宿泊棟あり
    Wi-Fi利用可能
    キャンプ用品一式のレンタルあり

    自然との共生を目指し、「草屋根と薪ストーブのある暮らし」を推進する建築関係の会社が、自然を活かす方向で雑木林を整備して開業。テント泊とグランピング泊が体験できる。オートサイトは4つのエリアに分かれていて、A・B・Cサイトは林間で、隣のサイトとは樹木で自然に区切られている。Dサイトは木々がまばらなフリーサイトだ。また、ドーム型のグランピングテントには薪ストーブが設置され、薪ストーブ生活を疑似体験できる。

    共有施設は炊事場、温水シャワー、温水洗浄便座付きトイレと充実。環境に配慮し、洗い場やシャワーには石鹸洗剤も常備してある。場内の釣り堀ではマス釣りが楽しめるほか、水遊びに最適な川も流れている。敷地の隣には、名称の由来となっている、「十二様」という山神様を祀るナラの大木がある。

    image

    雑木林に必要最小限の手を加え、オートサイトとして整備。木陰が確保でき、夏も快適。

    image

    受付のある管理棟内にも薪ストーブがある。今後は、食事の提供も予定している。

    image

    炊事場には石鹸洗剤を常備。

    image

    トイレは温水洗浄便座付き。

    image

    イタリアのBBQグリルをはじめ、レアなアイテムもレンタルできる。

    テント式サウナあります!

    image

    バックパックサウナは5,000円。

    image

    場内には川も流れている。

    グランピング体験も!

    image

    グランピングテントは直径7m。2~6名まで宿泊可能。

    image

    室内には薪ストーブも設置。

    image

    室内にトイレやシャワーもある。

    2023年4月1日 OPEN!

    ワイルドな自然が魅力。グルキャンもOK!

    WILD CAMP MICHIYABARA

    住所:栃木県塩谷郡塩谷町船生7343-4 
    電話:090-8661-5477 *予約は「なっぷ」から 
    営業:通年 
    予約:3か月前より 
    テントサイト:約38  
    その他の宿泊施設:0棟

    モデル料金 5,000円〜

    DOCOMO  エリア内
    au  エリア内
    SoftBank  エリア内

    ネット予約可能
    温水洗浄便座あり
    直火OK
    器具による焚き火OK
    ペットOK

    キャンプ好きのオーナーが手作りで開業にこぎつけた。テントサイトは区画サイト、ワイルドフリーサイト、林間サイト、貸切エリアの4タイプで、いずれも車の乗り入れOK。なかでも注目は貸切エリア。他のサイトから離れた円形の窪地で、面積は約600㎡と広々。車6台を停めても余裕の広さだ。設備はトイレ、水場と、発展途上だが、給湯器や温水シャワーも完成する予定だ。7月ごろからは、近隣のキャンプ場2か所と連携し、年間パスポートも発行するとのこと(年会費2万円)。今後の変化が楽しみだ。

    image

    グループキャンプにぴったりの貸切エリア。このサイトのみ直火もOKだ。5人まで10,000円。

    image

    ファミリー向けの区画サイト。

    image

    林間サイト。小型車なら横付け可能。

    image

    完成したばかりのトイレ。温水洗浄便座付き。

     

    2023年3月10日 OPEN!

    飲食事業を手がける会社が八ヶ岳の麓で開業

    Windera CAMPGROUNDS

    住所:長野県諏訪郡富士見町落合991 
    電話:0266(78)7410 
    営業:通年
    予約:2か月前の1日より 
    テントサイト:5
    その他の宿泊施設:5棟

    モデル料金 2,980円〜

    DOCOMO エリア内
    au エリア内
    SoftBank エリア内

    ネット予約可能
    温水洗浄便座あり
    温水が出る
    直火OK
    器具による焚き火OK
    ペットOK
    コテージなどの宿泊棟あり
    Wi-Fi利用可能
    キャンプ用品一式のレンタルあり

    八ヶ岳や南アルプスを望む標高830mの高原に立地。開放的なフリーサイトや、トレーラーハウスを改装したタイニーハウスに宿泊できる。テントサイトは車の乗り入れがNGだが、広さ約1,000㎡に対して5組なので、隣を気にせずに過ごせる。年内にはオートサイトも整備予定だ。ペットもウェルカムで、手ぶらキャンプもOK。ステーキやアヒージョなど、簡単に調理できるメニューも充実。旅の拠点はもちろん、夏は避暑、冬はスノーキャンプと、1年を通して八ヶ岳山麓の自然を楽しめるのもいい。

    image

    開放的なフリーサイト。リバーサイドのオートサイトも登場予定だ。

    image

    タイニーハウス。14,000円〜。

    image

    洗面台やトイレも完備。ペットもOK。

    image

    食材メニューも充実。ニュージーランド産ラムラックは3,000円。

     

    2023年3月23日 OPEN!

    ミュージシャンが開業。イベントも盛りだくさん!

    夜空と星のキャンプ場

    住所:愛知県北設楽郡豊根村上黒川字西宇連14-1
    電話:090-9932-6215 *予約は「なっぷ」から 
    営業:3月~11月(水・木曜定休) 
    予約:2か月前の1日より
    テントサイト:10  
    その他の宿泊施設:0棟

    モデル料金 2,500円〜

    DOCOMO エリア内
    SoftBank エリア内

    ネット予約可能
    直火OK
    器具による焚き火OK
    ペットOK
    Wi-Fi利用可能
    キャンプ用品一式のレンタルあり

    天文ファンからも注目されている奥三河エリアの豊根村に誕生。オーナーはミュージシャンで、場内では音楽イベントやマルシェなども開催している。
     
    テントサイトは貸し切り専用の第1キャンプ場とオートフリーサイトの第2キャンプ場の2種類。4名の利用でも、平日2,500円という破格の料金設定も魅力だ。第2キャンプ場には直火OKのファイヤーピットが1か所あるのもうれしい(先着順)。設備は水洗トイレ、洗い場とシンプルだが、管理人が24時間常駐しているため、何かと心強い。

    image

    オートフリーサイトの第2キャンプ場。

    image

    直火は禁止だが、第2キャンプ場には直火OKの炉が1か所ある。

    image

    古民家の管理棟。

    image

    遊漁券(1日1,200円)が必要だが、目の前の川ではアマゴやアユなどの釣りも楽しめる。

     

    ※構成/松村由美子 撮影/小倉雄一郎(Nordisk Hygge Circles UGAKEI)

    (BE-PAL 2023年6月号より)

    NEW ARTICLES

    『 キャンプ場 』新着編集部記事

    サウナ付きトレーラーハウス「Earthboat」が集まる長野県信濃町で究極のととのい体験

    2024.02.12

    雪キャンプが楽しみたい人におすすめのキャンプ場7選

    2024.01.29

    有料と無料どちらがおすすめ? キャンプ場選びのポイントを解説

    2024.01.22

    別名“無音地区”!? デジタルデトックスのキャンプ場「むおんきゃんぷ場」が着々と拡大中

    2024.01.20

    関東で日帰りバーベキューが可能なコテージは?都心の豪華スポットも

    2024.01.10

    バイクをそのままテントの中に!ライダー特化型キャンプ場が兵庫県の丹波篠山に誕生

    2024.01.04

    天然温泉、ストーブレンタル…寒くても快適に過ごせるキャンプ場3選

    2024.01.03

    焚き火が思い切り楽しめるキャンプ場5選。寒い冬もぽかぽか!

    2023.12.28