軽っ!キューベン・ファイバーを使用した「ザ・ノース・フェイス」のレインパーカ | アウトドアウェア 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • アウトドアウェア

    2017.07.05

    軽っ!キューベン・ファイバーを使用した「ザ・ノース・フェイス」のレインパーカ

    現在発売中のBE-PAL11月号の大特集「(10年愛せる「完成度」で選ぶ)ダウン&アウター大全」でご紹介できなかった、ちょっと異色の防寒アウターを紹介。

    それが、ザ・ノース・フェイスの「キュービック テック トランゴ パーカ」だ。

    どこが異色かって? それは、シェルに「キューベン・ファイバー」という超高強度素材を使っていること。

    これは、耐水圧15,000mmという高い耐水性があり、相当な大雨にも耐える素材。しかも素材自体が強靱だから、ちょっとやそっとのことで破れる心配もないというわけだ。頼もしい限り。10年どころか、生涯使い続けられるかも!?

    もうひとつ"異色"なポイントは、インサレーション(中綿)入りであること。「プリマロフト」という保温性に優れた中綿が使われている。無透湿素材シェルとのコンビネーションで気密性が高く、むっちゃくちゃ暖かい! 

    というのも、そもそもこのモデルは、極寒下でのクライミングでクライマーを確保するビレイヤー(ロープでクライマーの安全を確保する人のこと)が着るのを想定しているからだ。ザ・ノース・フェイスの本格アルパインウェア・カテゴリーのアイテムだけに、さすが! ですな。

    あ、ちなみにこのパーカ、裏返すとパーテックス・クアンタムという極薄ナイロン・シェルのジャケットに早変わりするリバーシブル仕様。見た目がガラッと、ごく一般的な中綿入りパーカにもなっちゃいます。

    こんな個性的&新機能なアウターをはじめ、ビーパル11月号では、注目のアウトドアブランドの新作ダウン&アウターをご紹介しています。本格的な冬が来る前に、ビーパルをチェックして手に入れましょう!

     

    ノースフェイス

     

    ザ・ノース・フェイス/キュービック テック
    トランゴ パーカ
    ¥60,000
    問ゴールドウイン カスタマーサービスセンター 0120-307-560

    ノースフェイス

    収納サイズは直径約18×高さ30cm。高所登山時に対応する防寒パーカがこのサイズなら、かなり小さいと思いませんか!? 重量は585g(L)。

    ノースフェイス
    極薄の不織布状の「キューベン・ファイバー」は、同重量の鉄の15倍という驚くべき強度を誇るダイニーマ繊維を、紫外線硬化樹脂という合成樹脂でラミネートしたもの。15,000mmという優れた耐水圧性能がある。これは、生地の上に立てた1cm四方の柱に水を満たしたとき、15mの高さまでの水圧に耐えるということ。ヨット用のセイル(帆)地としても使われるだけありますな。ただし透湿性はない。

    (文/坂本りえ)

    NEW ARTICLES

    『 アウトドアウェア 』新着編集部記事

    今シーズンのHELLY HANSENは水遊びに注目!防水ジャケット&パンツ、ウインドシェルなど続々登場

    2024.02.26

    コロンビアのフィッシングライン×HOUYHNHNM FISHING CLUBコラボ 第二弾!撥水機能や冷感テクノロジーが搭載だ

    2024.02.25

    パタゴニアの最強ダウン10選!人気の理由や選び方も解説

    2024.02.23

    NANGAの癒されスウェットシャツは春のマストバイアイテムだ!ほっこりイラストでキャンプマナーを表現

    2024.02.22

    極寒の環境で働く酪農家・農家と共同開発した「凍れる足を救う靴下」とは?

    2024.02.21

    レインウェアの撥水やシュラフのふかふかを復活させるには…「洗う」が新常識だった!

    2024.02.20

    ミラノ流アメカジ・スタイルがキュート!日本限定「ティンバーランド +81 3」が2024春夏コレクションを発表

    2024.02.19

    アンダーアーマーからアパレルライン「UA SPORTSTYLE」が登場。街歩きからキャンプまで活躍!

    2024.02.14