新しくなった「サーモス保冷缶ホルダー」をレビュー!人気を集める納得の理由 | ドリンクボトル 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • ドリンクボトル

    2023.05.31

    新しくなった「サーモス保冷缶ホルダー」をレビュー!人気を集める納得の理由

    サーモス保冷缶ホルダー

    筆者私物のサーモス保冷缶ホルダー。

    暑い時期のキャンプではキンキンに冷えた飲み物を飲みたい、という方も多いと思います。しかし、気温が高いと保冷バッグから出した飲み物も、すぐにぬるくなってしまいますよね。

    ぬるくなったビールやソフトドリンクでは、美味しさが半減してしまいます。

    そんなときにおすすめなのが、今回紹介するサーモスの保冷缶ホルダー。真空断熱構造による高い保冷力が特徴で、暑い夏に大活躍してくれます。

    真夏でも冷たいビールやジュースを飲みたいというキャンパーのみなさんは、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

    サーモスの保冷缶ホルダーが人気を集める理由とは?

    サーモス保冷缶ホルダー

    350mlのビール缶を入れた状態です。

    350mlの缶が、中にスッポリと収まる形状の保冷缶ホルダー。

    人気の理由は、その手軽さでしょう。

    使い方は、簡単。保冷バッグなどから取り出した飲料缶を、保冷缶ホルダーの中に入れるだけ。屋外でいつでも冷えたビールやジュースを飲むことができます。

    缶のままホルダーに入れるだけなので、ホルダー内が飲み物で汚れてしまうこともありません。キャンプシーンでは洗い物を少しでも減らしたいところなので、非常に便利でしょう。

    サーモスの保冷缶ホルダーの特徴

    サーモス保冷缶ホルダー

    内部には少し出っ張った丸いパーツがついています。このパーツが中に入れた缶をしっかりとホールドしてくれます。

    長時間冷たさをキープする真空断熱構造

    ホルダー自体はステンレス製で、真空断熱構造になっています。

    二層になったステンレスのあいだは真空になっていて、熱を通しません。そのため、ホルダーの中に入れた飲料缶の冷たさを、長い時間にわたってキープしてくれるのです。

    私は冷えたビールを入れて使うことが多いですが、いつもビールを飲み終わるまでの約30分間、ずっと冷たい状態を保ってくれます(※保冷時間は気温などの環境に左右されます)。

    飲み口を付ければタンブラーに早変わり

    サーモス保冷缶ホルダー

    飲み口を付ければタンブラーになります。

    実は、この製品には専用の飲み口も付属しています。ホルダーに直接飲み物を注いで飲み口を付ければ、タンブラーに早変わりします。

    保冷缶ホルダーとして使う場合には、冷たい飲料のみに対応していますが、タンブラーとして使用する場合には、冷たい飲み物のほか、あたたかい飲み物を入れることもできます。

    もちろん、あたたかい飲み物を入れたときにもしっかり温度をキープしてくれます。

    キャンプであたたかいコーヒーを淹れたときに、このタンブラーに注いで楽しむとよさそうですね。

    サーモス保冷缶ホルダー

    透明な飲み口は、ステンレス製の本体とよくマッチします。

    ただし、この飲み口は完全密閉ではありません。飲み物が入った状態で横向きに置いたり、バッグに入れて持ち運んだり、といったことはできないので注意!

    あくまでも、その場で飲み物を楽しむためのアイテムだと思ってください。

    新デザインでよりオシャレに!

    サーモス保冷缶ホルダー

    リニューアルされた新デザイン。

    ちなみに、今回撮影に使用したのは、2023年2月に発売開始した新デザインのもの。旧デザインと比較すると、ロゴ部分がレーザー刻印に変更され、よりシンプルで洗練されたデザインになりました。

    筆者は個人的に、ロゴの色遣いが気に入っています。サーモスの文字がステンレスの色とよく馴染んでいて、グッとオシャレに見えます。シンプルなので、どんなキャンプサイトとの相性も抜群です。

    使用上の注意点をしっかりチェック!

    このように、サーモスの保冷缶ホルダーは非常に頼もしい製品ですが、使用にあたって注意すべきポイントもあります。

    • 保冷缶ホルダーとして使用する際、飲料缶はホルダーにセットしたあとに開ける
    • 味噌汁やスープなど塩分を多く含んだものや、温めたスポーツ飲料は入れない(ステンレスにサビができる恐れがあるため)
    • 電子レンジや直火にかけない
    • 洗う際に塩素系の漂白剤を使わないようにする(酸素系漂白剤、食酢、クエン酸、のいずれかを使ってください)
    • 飲み口のパッキン以外は食洗機にかけない

    これらの注意点を守りつつ使用しましょう。

    大人気の保冷缶ホルダーを持ってキャンプに出かけよう

    以上、サーモスの保冷缶ホルダーについて紹介しました。

    冷たい飲み物こそ、暑い夏のキャンプの醍醐味!ビールやソフトドリンクを最高の状態で飲みたい方には本当におすすめのギアです。

    人気を集める製品には、納得の理由があるもの。実際に使って、魅力を体感してみてください。

    それでは、また次の記事でお会いしましょう。

    保冷缶ホルダー ROD-0021 ステンレス(S)
    価格:3,300円(税込)
    容量・サイズ:350ml缶用

     

    ワタナベ
    私が書きました!
    ライター・日本キャンプ協会認定インストラクター
    渡邉彰大
    元製薬企業研究職・農家生まれの自然を愛するロジカル・キャンパー。多くの人が気軽にキャンプを始めて欲しい想いから、わかりやすい初心者向け記事執筆に情熱を注ぐ。完全初心者が手軽にキャンプを始めるためのキャンプコンサル、ソロに挑戦したい人向けのソロキャンプコンサルも行い、キャンプの敷居を下げるために活動中。自分だけの世界に1つだけのオーダーメイドキャンプを作りあげたい人に向けたキャンプ・ブログも執筆中。キャンプにも役立つ?料理のYouTubeチャンネルも運営中。

    NEW ARTICLES

    『 ドリンクボトル 』新着編集部記事

    アウトドアには水筒を持って行こう。おすすめの商品を9個紹介

    2024.06.10

    「ハイドロフラスク」新作はシェイカーボウル!スムージーやプロテインをおしゃれにシェイク

    2024.05.20

    サーモス「真空断熱ケータイマグ」の内筒に縦のつなぎラインが見えなくなった意外な理由

    2024.05.11

    クージーでキンキンに冷えたドリンクを飲もう!おすすめモデル7選

    2024.05.10

    スタンレータンブラー7選|アウトドアでも日常シーンでも大活躍のおしゃれタンブラー

    2024.05.08

    サイズ別のおすすめ水筒11選!容量から素材、携帯性まで徹底解説

    2024.04.17

    おしゃれな自転車ボトルを探しているなら、台湾発ブランド「KiLEY」のステンレスボトルはどう?

    2024.04.16

    サーモスの炭酸OKボトルの決定版!大きなカラビナ付きでアウトドアギアと相性抜群の4色展開だ

    2024.03.18