ワークマンの名品「ジョイントバックパック ハイカーズエディション」を徹底レビュー!コスパ爆発 | バックパック・バッグ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • バックパック・バッグ

    2023.05.22

    ワークマンの名品「ジョイントバックパック ハイカーズエディション」を徹底レビュー!コスパ爆発

    ワークマンの名品「ジョイントバックパック ハイカーズエディション」

    筆者私物のワークマン「ジョイントバックパック・ハイカーズエディション」。

    キャンプは本当に素晴らしいアクティビティですが、大きな欠点もあります。それは、どうしてもお金がかかってしまうという点。

    テント、タープ、寝袋などをはじめとする高額なギア代、キャンプ場使用料や燃料代、食材費など、挙げればキリがありません。

    高機能でコスパのいいアイテムがあるならば、賢く取り入れながらキャンプを楽しみたいですよね。

    そこで今回紹介するのが、ワークマンの「ジョイントバックパック・ハイカーズエディション」です。

    キャンプにもタウンユースにも適したこちらのバックパック、価格は4,900円とかなりお手頃です。

      「初心者だからまずは手頃な価格のギアから始めたい」「バックパックを探しているが、費用はできるだけ抑えたい」と考えているキャンパーの方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

      「ジョイントバックパック・ハイカーズエディション」って?

      実際の商品がこちら。

      ワークマンの名品「ジョイントバックパック ハイカーズエディション」

      ワークマンの名品ともいえるバックパック!

      カラーはキャンプと相性の良いブラウンとカーキの2色展開。写真はブラウンのものです。

      高撥水で汚れも落ちやすい素材からできており、多少の雨水なら弾いてくれます。ただし防水ではないので、長時間雨にさらすことは避けましょう。

      詳細は後述しますが、フロントやサイド、ウエストベルトに多数のポケットやギミックが搭載されています。スペックの高さが見た目からもうかがえます。

      「ジョイントバックパック・ハイカーズエディション」の4つの魅力

      (1)41Lと大容量

      ワークマンの名品「ジョイントバックパック ハイカーズエディション」

      41Lと大容量。

      たとえば、宿泊を伴うキャンプの場合、容量は40L以上欲しいところ。

      こちらの製品の容量は、なんと41L。デイキャンプはもちろん、1泊2日などのお泊りキャンプでも活躍します。

      背中側(写真右下)にはメッシュポケットがついており、歯ブラシやアメニティ類を入れるのに適しています。

      また、その反対側にはノートパソコンを入れることができるポケットがついており、タウンユースに切り替えた際の快適さまで計算されています。

      (2)ループやDカンなど外付け機能も充実

      ワークマンの名品「ジョイントバックパック ハイカーズエディション」

      左サイドの写真。

      ループやDカンなどの外付け機能が充実している点もポイントです。まず左サイドですが、カラビナやDカン、ポケット、ベルトなどがついています。

      ワークマンの名品「ジョイントバックパック ハイカーズエディション」

      センターの写真。

      センターにもDカンがついており、大きめのポケットもついています。ここにはすぐに取り出したいものを入れるといいでしょう。私はタオルなどを入れています。

      ワークマンの名品「ジョイントバックパック ハイカーズエディション」

      右サイドの写真。

      右サイドは左サイドとは異なり、ベルトループが付いています。よって、そこにカラビナなどをつけてカスタマイズすることができます。

      外付け機能が充実していると、バックパック本体の容量以上に荷物を運ぶことができるので便利。特にバックパック1つでキャンプをするときには、持っていける荷物がものすごく限られてしまうので、外付け機能は重宝します。

      ちなみに、カラビナ部分にシェラカップなどを吊るしておくと、キャンプらしい雰囲気が出て気分も上がりますよ。

      (3)チェストベルト、ウエストベルト付き

      チェストベルト、ウエストベルト付きというのも大きな特徴です。

      これらのベルトがあれば、バックパックを背負う際に、荷物の重量が肩以外にも分散されるので、体への負担が軽減します。

      ワークマンの名品「ジョイントバックパック ハイカーズエディション」

      チェストベルト、ウエストベルト付き。

      バックパックを使って電車やバスでキャンプに出かけるときは、駅やバス停からキャンプ場まで歩く必要があります。中には、キャンプ場まで30分近く歩くケースもあるでしょう。

      そんなときに、チェストベルト、ウエストベルト付きのバックパックは活躍します。

      ワークマンの名品「ジョイントバックパック ハイカーズエディション」

      ウエストベルトの収納も便利。

      ウエストベルト自体にもファスナー式の収納が付いています。小腹が空いたときのための行動食やティッシュなど、ちょっとしたものを入れておくと、歩いているときでもすぐに取り出せて便利でしょう。

      なお、ウエストベルトはマジックテープで取り外し可能。タウンユースの際には、取り外してよりスタイリッシュな見た目で使うことができます。

      コスパアイテムを取り入れながら負担を減らそう

      以上、ワークマンの「ジョイントバックパック・ハイカーズエディション」について詳しく説明しました。

      キャンプにかかる費用は、キャンパーにとって無視できない負担となっています。しかし、費用が原因でキャンプに行けない、もしくはキャンプに行く頻度が制限されてしまうのは、非常にもったいないこと。

      費用がネックになっている場合は、こういったコストパフォーマンスの高いギアを最大限活用して、うまく乗り切ってくださいね。

      ワークマン「ジョイントバックパック ハイカーズエディション」
      https://workman.jp/shop/g/g2300069139023/

      ワタナベ
      私が書きました!
      ライター・日本キャンプ協会認定インストラクター
      渡邉彰大
      元製薬企業研究職・農家生まれの自然を愛するロジカル・キャンパー。多くの人が気軽にキャンプを始めて欲しい想いから、わかりやすい初心者向け記事執筆に情熱を注ぐ。完全初心者が手軽にキャンプを始めるためのキャンプコンサル、ソロに挑戦したい人向けのソロキャンプコンサルも行い、キャンプの敷居を下げるために活動中。自分だけの世界に1つだけのオーダーメイドキャンプを作りあげたい人に向けたキャンプ・ブログも執筆中。キャンプにも役立つ?料理のYouTubeチャンネルも運営中。

      NEW ARTICLES

      『 バックパック・バッグ 』新着編集部記事

      GREGORYのロングセラーバックパックにコンパクトで機能的な新モデルが登場

      2024.05.28

      この三角形が使いやすい!アウトドアでおすすめのショルダーバッグを紹介

      2024.05.17

      キャンプには「腰鉈」ならぬ「サコ鉈」がおすすめ!火おこし道具や調理道具も一緒に

      2024.05.16

      ハイカーに人気のデイパック「Thule AllTrail」が、タウンでも使いやすくなった!

      2024.05.15

      街でもデイキャンプでも!軽量でおしゃれ、保冷機能も抜群なソフトクーラーバッグを発見

      2024.05.14

      パーゴワークス「RUSH 10」愛用レビュー!トレランのバックパックエントリーモデルはこれだ

      2024.05.12

      ドライバッグ11選|雨の日や、川海などのレジャーに欠かせない防水バッグ

      2024.05.05

      マックパックとはどんなブランド?特徴やおすすめモデルを紹介

      2024.05.04