国井律子が現地を先行調査!3月3日オープン「RVパーク ビバーク+那須高原」 | キャンピングカー・車中泊 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • キャンピングカー・車中泊

    2023.03.11

    国井律子が現地を先行調査!3月3日オープン「RVパーク ビバーク+那須高原」

    雪が積もるRVパーク ビバーク+那須高原

    雪山で一滑りしてから到着した「RVパーク ビバーク+那須高原」。17時近かったけど明るい。昼が長くなりましたね。

    栃木県那須高原。スノーボードの拠点近くに「RVパーク」が誕生

    2022年末のこと。栃木県那須町で蕎麦屋を営む友人夫婦を訪ねました。そのときに、「近所にRVパークができるんだよ~」なんて話を聞いて、それは絶対お邪魔したい!スノーボードの拠点にしたい! というわけで先日さっそく足を運んだのでした。

    RVパークとは、日本RV協会が「快適に安心して車中泊ができる場所」を提供するために定めた条件を満たす「車中泊施設」のことです。「100V電源」が使用可能だったり、24時間利用可能な「トイレ」があったり、「快適」に過ごせる条件が揃っており、車中泊ラバーにとっては本当にありがたい。

    那須街道「ハニカムタウン」の看板

    那須街道沿いの「ハニカムタウン」内にあります。

    RVパークの看板

    この看板が目印です。(写真提供/RVパーク ビバーク+那須高原)

    手作りチーズやウインナー、ヨーグルトなどが食べられるオシャレなカフェ、和洋さまざまなジャンルのレストラン、道の駅などがいい感じで点在する那須のメインストリート「那須街道」。東北自動車道の那須ICを下りてスグの道です。まっすぐ行くと「那須湯本方面」に繋がります。

    その通り沿いに掲げられた「ハニカムタウン」という看板。広大な敷地には、こだわりの「はちみつ専門店」「アメリカ古着販売店」「ライダーズカフェ(夜はBAR)」がキュッと集まっています。そこの一角が「RVパーク」になっていました。

    キャピングカーに電源を接続

    サイトは全部で6区画。滞在中はもちろん電気使い放題です。

    出発前、自宅でキャンピングカーの「サブバッテリー」を充電します。走行中も多少はチャージされるのですが、電源を切った途端、キャンピングカーは何にも繋がっていない「オフグリッド」状態となります。真冬の厳寒地では、やはり不安ですねー。いろんなモノが凍る世界。もし電源がまったく使えないと命の危険も感じてしまう…。

    快適なトイレ

    24時間使用できる快適なトイレ。外は零下10度Cでも便座はポカポカ。多目的トイレもありました。

    キャンピングカーは常にバッテリー残量との戦い。24時間安定して電源が使える「RVパーク」の存在は本当にうれしい。スキー場の駐車場とか、いろんなところに、どんどんできてくれればいいのになーと以前から思っていました。今後わが家は那須のスキー場にお邪魔する機会が増えそうですね。

    季節ごとの楽しみ

    近隣のスキー場で

    昼間スノーボードを楽しんだ「マウントジーンズスキー場」からも、クルマで25分ほどでした。

    冬は雪遊び。5月中旬になるとクルマで約15分の場所で「八幡ツツジ群落」が見ごろになります。そこは、もともと御用邸内を解放したところだそう。木製遊歩道もあり、どんな靴でもふらっと散歩が楽しめますね。今年はここから「初日の出」もきれいに見えたとか。

    秋の紅葉は「大丸温泉」を少し下ったところにある「駒止の滝」がオススメ。RVパークからクルマで20分ほどです。展望台は映画「テルマエロマエ」の舞台となったことでも有名な「北温泉」の入口にあります。

    とにかく那須の有名どころ多数、春夏秋冬楽しめる、アクセス抜群な「RVパーク ビバーク+那須高原」なのでした。

    特色あるサイト

    雪が積もったwith Dogサイト

    柵に囲まれた「with Dog サイト」。小さな子どもにも安心ですね!

    雪のない季節のwith dog サイト

    3区画ある「with dog サイト」。(写真提供/RVパーク ビバーク+那須高原)

    トレーラーサイトもある

    with Dog サイトのお隣は「トレーラーサイト」。

    トレーラーサイトを上から見たところ

    トレーラーサイトは「テント泊」も可能。(写真提供/RVパーク ビバーク+那須高原)

    道路側3サイトはトレーラーが連結したまま駐車できる「トレーラーサイト」。ペグダウンもできるので「テント泊」も可能です。料金はwith Dogサイト、トレーラーサイトともに一律で1泊4,000円。繁忙期は5,000円。もしかしたらオートキャンプ場よりリーズナブルかもしれません。

    ホテル「エピナール那須」お風呂優待券アリマス!

    近隣に入浴できる施設が多数あるのですが、今回私たちはクルマで4分の「エピナール那須」というホテルでお風呂をいただきました。もちろん温泉!雪を眺めながらの露天風呂が最高に気持ちよかったです。そんなエピナール那須で、RVパークご利用の方に「お風呂優待券」が利用できますよ。

    土、日、祝日は、日帰り温泉料金が通常1,930円のところ700円になります(バスタオル、フェイスタオル付き)。優待券はハニカムタウン内にあるライダーズカフェ&BAR「moon breeze」にあります。

    RVパーク ビバーク+那須高原

    • 所在地:栃木県那須町高久乙2827-1 ハニカムタウン
    • ホームページ:https://www.kurumatabi.com/park/rvpark/1163.html
    • チェックイン・アウト:12時~翌12時
    • 料金:1泊4,000円(繁忙期は、1泊5,000円)

    酒好きはもちろん、そうでないアナタにも朗報!

    カフェバー「moon breeze」の店内

    ライダーズカフェ&バー「moon breeze」の店内。(写真提供/moon breeze)

    さぁ、エンジンを切った。もう今日はハンドルを握らない!RVパークから徒歩0分、車中泊施設の目の前でお酒とお食事が楽しめるのは、ライダーズカフェ&バー「moon breeze」。お酒好きだけではなく、お酒が飲めない方でも楽しめる「ノンアルコールカクテル」を、この道30年のバーテンダーが振る舞ってくれますよ。

    オリジナルカクテル作り体験の様子

    人気の「オリジナルカクテル作り体験」は、前日までに要予約。 (写真提供/moon breeze)

    昼間は美味しいノンアルコールカクテルがある「ライダーズカフェ」として営業

    シロップを選んで作る「推し色クリームソーダ」(りんどう湖の牧場アイス使用)、春夏秋冬に合わせて、それぞれの季節のフルーツや野菜を使った「ノンアルコールカクテル」、寒い時期には「HOT ノンアルコールカクテル」も楽しめます。至れり尽くせりですね。

    ライダーズカフェの店内

    店内にはオートバイが数台。次男の目がキラキラ~。このときは「冬期休業中」でしたが店主のご厚意でお店を開けていただきました。

    夜はお料理やお食事が楽しめる「カフェ&BAR」に

    近所のおいしい肉屋さんに特別オーダーで作ってもらっている「メンチカツ」を使った、「那須高原豚のボリュームメンチカツサンド」や「メンチカツカレー」が大人気だそうです。県外からこれだけを目当てに来るお客様も多数いるとか。

    また、ワンちゃんもウエルカム。抱っこ、ケージ、カート、またはマナーパンツ着用なら「店内同伴OK」です。イヌ好きにはうれしいですねー。

    moon breeze

    • 所在地:栃木県那須町高久乙2827-1 ハニカムタウン内
    • 営業時間:12時~23時(22時ラストオーダー)
    • 定休日:火曜
    • 電話番号:0287-74-3312
    • ホームページ:https://moon-breeze.xyz/

    お土産にいかが? ハニカムタウン内のお店たち

    はちみつ専門店「ビーズラボ」の店内

    はちみつ専門店「ビーズラボ」。

    希少価値の高い厳選した「国産はちみつ」にこだわった「ビーズラボ」。安全・安心な天然100%の「生はちみつ」が購入できます。木のぬくもりがある店内には、蜂の写真やリアルな蜂の巣も展示してあり、蜂好きな長男(とくに大スズメバチ)、テンション爆上がりでした。

    蜂蜜ミニボトルお試しセット

    プレゼントにも最適な「はちみつミニボトルお試しセット」。

    生はちみつのほか、アイスクリーム、キャンディ、はちみつ石けんなど、はちみつ関連商品や健康補助食品の購入もできます。

    はちみつ専門店ビーズラボ

    • 営業時間:10時~17時
    • 定休日:水曜
    • 電話:0287-74-3683
    • ホームページ:http://www.beeslabo.jp/
    アメリカ古着専門店の店内

    アメリカ古着専門店「KAORU MARKET那須街道店」。

    ハニカムタウン内にはアメカジ好き必見の、高品質なアメリカ古着や雑貨を取りそろえる「KAORU MARKET那須街道店」もあります。世界のブランドからアメリカ国内流通オンリーなど、デザインや使用感を含め「ほぼ一点もの」を多数取り揃えているお店です。品揃え豊富で、時間が経つのを忘れてチェック、チェック!

    KAORU MARKET那須街道店

    グルメタウン那須

    8餃子×中国茶房8の外観

    とっても美味だった「8餃子×中国茶房8」。

    御用邸もあり、古くから「静養地」として確立されている栃木県那須町です。海無し県なので、とれたての海鮮はないけども、食事のレベルが高い!別荘族の舌を満足させる、さまざまなジャンルのレストランでシェフが腕を振るっています。

    今回は蕎麦屋の友人夫妻が連れて行ってくれた、おいしい「中華料理店」へ。そのお店はなんとRVパークの隣にあります。車中泊しているところから歩いていける絶品中華、最高ですね~。

    餃子

    大きな餃子、みんなでペロリと平らげました。

    中国人シェフが振る舞うお店で、店内もおしゃれな感じです。蕎麦屋夫婦、私たち家族4人でたらふく食べて、ビール、ハイボール、紹興酒のボトルも入れて12,000円ちょいでした。ウソでしょ!と思わず口をつきました(笑)。安い!ウマい!酒呑みにうれしいのは、ツマミ(冷菜など)の種類がとにかく豊富なこと。

    8餃子×中国茶房8

    • 所在地:栃木県那須郡那須町高久乙2730-35 那須エイトモールB棟
    • 営業時間:日~木 曜 11時~21時(20時30分ラストオーダー)、金、土、祝前日 11時~22時(21時30分ラストオーダー)
    • 電話:0287-73-8538
    • ホームページ:https://8-eight-gyoza.business.site/
    トレーラー内で苺を食べる子ども

    友人のトレーラーにて二次会。地元産の大きなイチゴ!

    ほかにもオススメお食事処多数

    RVパークはメインストリート(那須街道)沿いなので、少し行けばいろんなジャンルのお店が楽しめます。ちなみに朝ごはんはクルマで3分のファミレス「ココス」で、朝ビュッフェを食べました。旅先で、たまにいただきますが、フードの種類が多く満足です。

    そのほかにもRVパークから徒歩2~3分圏内には「那須高原バル」、パンケーキが絶品の「森のvoivoi」、若者に人気の「NASU SHOZO CAFE」などがあります。

    クルマで5分以内には穴場的カフェ「mamechamame Nasu Coffe Roastery and Dish」、奥様ひとりで切り盛りするおいしいパスタ屋「つるこキッチン」、その近くのペンション「クーロンヌ」のパンは大人気だそう。

    また、今回、私がお風呂に入りに行った「エピナール」の入口にある「ラーメンや台屋」は、博多人もいちおしの豚骨ラーメンがいただけるんですって。お酒も一品料理もある「居酒屋スタイル」で、地元の方いわく「那須町には貴重な存在」らしいです。けっこう遅くまで営業しているとか。

    狭い範囲に本当にいろいろある那須町。「RVパーク ビバーク+那須高原」を拠点に、もっとこの場所を深く知りたくなったのでした。

    私が書きました!
    旅のエッセイスト
    国井律子
    1975年東京生まれ。大学卒業後ラジオレポーターなどを経て二輪雑誌でエッセイスト・デビュー。現在は、オートバイのほか、旅、クルマ、自転車、サーフィン、スノーボード、アウトドアなど多趣味をいかしたエッセイを執筆中。ハーレーダビッドソン/スポーツスター1200xl、HONDA XR230、キャンピングカー所有。自転車はデローザ、寺田商会/minidisk、電動アシスト付きママチャリ。旅が好きなのと同時に、おうちも大好き。家での一番の趣味は収納。いかにラクするか考えること、「時短」という言葉も大好き。嫌いな言葉は「二度手間」。インテリア、ネットショッピング、お取り寄せグルメ・酒、手抜きおつまみ作りに熱心。「痩せたい」というのが口癖。飼い犬はボストンテリア。ふたりの男児の母でもある。https://ameblo.jp/kuniritsu/

    NEW ARTICLES

    『 キャンピングカー・車中泊 』新着編集部記事

    車中泊に必要なものは?必須のものから便利のものまで細かく紹介!

    2024.05.28

    軽バンはアウトドアにおすすめ?車中泊も可能な軽バンのポイントを解説!

    2024.05.26

    ヨーロッパ製キャンピングカーの内装を大公開!1年半旅を共にした愛車のルームツアー

    2024.05.24

    お値段264万円~!三島ダイハツの軽キャンピングカー「クオッカ ジャパンディ」はソロ活仕様だ

    2024.05.23

    【キャンピングカーでヨーロッパ周遊旅行】夢のためにすべてを手放し夫婦で人生最大の冒険へ

    2024.05.14

    キャンピングカーの内装に注目!バンや軽、DIYスタイルまで一挙紹介

    2024.04.14

    新型キャンピングカー「ベルーガ」は普段使いもイケる!フレックスのハイエースがベース 

    2024.04.13

    最安グレードは180万円台!軽キャンパー「ミニチュアクルーズ」の姉妹モデル、「ミニチュアボックス」の中身は?

    2024.04.02