京都観光もキャンピングカーで!リピーターおすすめの車中泊スポット3選 | キャンピングカー・車中泊 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • キャンピングカー・車中泊

    2023.02.11

    京都観光もキャンピングカーで!リピーターおすすめの車中泊スポット3選

    京都イメージ

    京都で車中泊は可能?

    大都市の例にもれず、京都もまた慢性的な渋滞や駐車場不足に直面する街と言えるでしょう。観光バス駐車場を除くと、大型キャンピングカーを停められるような広い敷地の駐車場に乏しいほか、安くはない駐車料金がかかることがほとんど。

    しかしそんな京都にも昨今のキャンピングカーブームとともに、じわじわと車中泊スポットが誕生しています。なかには「穴場」と呼べるようなスポットも!実際にキャンピングカーで何度も京都滞在している私が選んだ、おすすめ車中泊スポットを3か所ご紹介します。

    RVパーク京都南 鴨川RVサイト

    RVパーク京都南 鴨川RVサイト

    まずは利便性も知名度も抜群、キャンピングカー製造・販売「VANTECH(バンテック)」が運営する「RVパーク京都南 鴨川RVサイト」があります。

    “創業100年くらいでは老舗じゃない”なんて言われる京都ですが、京都市内の車中泊スポットとしては最古参と呼んでいいのではないでしょうか。

    場所は京都市の南部、伏見区にあります。JR京都駅や嵐山といった観光地からは少し離れていますが、バス停至近で公共交通機関ならどこへでも出かけられる立地。名神高速「京都南IC」からも近いため、京都市内の運転に自信がない場合も安心です。

    「RVパーク京都南 鴨川RVサイト」入口

    現在のように非対面・非接触サービスが一般化するずっと以前から、インターネット予約&コインパーキング式の無人営業を採用。

    24時間いつでも入出庫ができるため、予定が定まらないときも利用しやすいです。一方で、入浴や食事など短時間でも出庫のたび精算が必要となるほか、外出中に他車が入庫して満車となるケース(予約なしサイトの場合)もあります。自分のサイトをしっかり確保したい場合は、後述する予約サイトがおすすめです。

    「RVパーク京都南 鴨川RVサイト」トイレ棟

    「RVパーク京都南 鴨川RVサイト」設備

    敷地内には男女別のトイレはもちろん、水道、ダンプステーション、汚物タンク洗浄機、飲料自動販売機、コインランドリー完備。ゴミ処理も可能です。

    「RVパーク京都南 鴨川RVサイト」コインシャワー

    少し珍しい施設として、時間制のコインシャワーも。車中泊の長旅で必ず直面する、ゴミ・排水・洗濯などの問題がここ1か所で解決します。欧米のような完結型の車中泊スポットで、国内では先駆的と言えるでしょう。

    「RVパーク京都南 鴨川RVサイト」予約サイト

    駐車スペースは、インターネット予約が必要な電源付・芝生サイトと、予約不要の一般サイトがあります。

    前者は駐車料金に加えて予約料が別途かかるほか、希望に応じて1時間100円の電源利用料が必要です。それらの合計が必要経費となりますが、連休などの混雑時でも自サイトを確保できるのは大きな魅力です。

    予約不要の一般サイトは先着順です。電源がなく、また時期によって利用可能台数が変動しますが、リーズナブルに利用したい場合はこちらになります。私の所感ではまだ「争奪戦」というほどではないものの、以前に比べて予約なしサイトも満車になることが多くなったように感じます。

    近隣には「CoCo壱番屋」「マクドナルド」「スシロー」などのロードサイド店が多数。コンビニエンスストアもあり、生活に不便はありません。日中は隣接する「バンテック京都」のスタッフが出入りすることや、防犯カメラなどのセキュリティで治安の不安もなく、あらゆるユーザーにおすすめできる高規格RVパークです。

    施設詳細

    • 名称:RVパーク京都南 鴨川RVサイト
    • 住所:京都府京都市伏見区中島河原田町62
    • 料金:入庫後30分無料、以後30分毎に100円(24時間最大3000円)
    • 台数:予約サイト4台、一般サイト2~10台
    • 備考:100V電源1時間100円、予約料1時間40円

    スーパー銭湯「伏見 力の湯」

    「伏見 力の湯」外観

    続いては、Carstay(カーステイ)からスーパー銭湯「伏見 力の湯」です。過去記事でもご紹介したCarstayは、バンライフの普及・振興を目的とした、急成長中のカーシェア&スペースシェアのサービスです。

    実は「伏見 力の湯」は前述の「RVパーク京都南 鴨川RVサイト」からも近く、以前からキャンピングカーユーザーにはお馴染みの温浴施設ではないかと思います。私もよく近鉄・地下鉄竹田駅からの帰り道に入浴利用していました。

    「伏見 力の湯」駐車場

    もとからある利用者駐車場のうち、現在3台が車中泊可能なスペースになっています。場所は施設裏手の「第三駐車場」で、そのエリア内であればどこでも駐車可能。電源設備はありません。

    「伏見 力の湯」外観

    魅力はなんと言っても温浴施設であること。入館料が別途必要になりますが、汗をかくくらい観光して、大きなお風呂に入ったらそのまま就寝、という理想的な滞在が実現します。閉館時間ギリギリまで施設で過ごして、就寝だけ車内というのもいいですね。

    「伏見 力の湯」併設のコインランドリー

    周辺は「ふしみ広場+(プラス)」という複合施設になっており、レストラン、農産物直売所、コインランドリー、スポーツ施設などを併設。とりわけ大型のコインランドリーは助かります。

    「伏見 力の湯」トイレ

    駐車場内には独立したトイレがあり、「伏見 力の湯」に入館せずとも利用できます。ただし夜間は閉鎖。閉館時間後は「伏見 力の湯」にも入れないため、トイレのないキャンピングカーや普通車は注意が必要です。

    「伏見 力の湯」夜の様子

    複合施設の一角ということで人の出入りも多く、車中泊に特化した施設ではありませんが、そのぶん価格はリーズナブルで穴場と言えるスポットです。

    施設詳細

    Mobility Park@新大宮広場 くるま旅ステーション by Van LIfe COYOTE

    Mobility Park@新大宮広場

    最後に、こちらもCarstayが仲介する「Mobility Park@新大宮広場 くるま旅ステーション by Van LIfe COYOTE」です。

    京都・新大宮商店街

    場所は京都市北区。新大宮商店街のなかほどに位置する「新大宮広場」の一角となります。周囲はまさに古き良き時代を思わせる商店街。食べる、飲む、買い物する、銭湯に入る……すべてが徒歩で実現する立地です。

     さらに自転車で15分以内に世界遺産が3つもあるとか。陰陽師・安倍晴明公ゆかりの清明神社や、多くの重要文化財をもつ大徳寺にも行きやすく、歴史好きな人へもおすすめできるロケーションです。

    Mobility Park@新大宮広場

    レンタルキャンピングカーによる手ぶら車中泊体験のほか、移動販売カーが出店しているなど多目的スペースとして活用されています。京都市内で乗り降りできるシェアサイクルのポートもあり。

    Mobility Park@新大宮広場

    敷地内にはパスワード管理式のトイレ棟を完備。非常に手入れが行き届いて清潔で、かつ決まった人しか解錠できないため深夜でも安心して使えました。

    Mobility Park@新大宮広場

    それとは別に屋外水栓もあり、自炊派にも便利です。

    Mobility Park@新大宮広場

    駐車スペースの背後には芝生スペースとピクニックテーブルがあり、夜には照明もつきます。屋外にもかかわらずWi-Fiや電源完備で、たまった仕事を片づけるのに大助かり。

    『ドラえもん』の世界のように、かつて日本中あちらこちらにあった空き地。本当は当時だってどこも所有者がいて、万が一事故などあったら管理上の責任が発生するのでしょうが、ときに子どもの遊び場になり、ときに広場になりと、ゆるやかな時代がありました。

    そんな空き地が現代に再生したような、地域の “たまり場” として機能する温かいスペースです。一方、車中泊専用施設ではないことから想定外のハプニングもありました。

    Mobility Park@新大宮広場

    放課後には地域の小学生の集合場所になっている様子で、子どもたちの元気が爆発。エネルギーのあり余った小学生男子のパワフルさはご想像のとおり。昼寝や読書は難しいと思うほどの賑やかさでした。

    ただし夜は一転して、大変に静かでした。商店街の片隅に、そっと間借りするような地域密着の車中泊スペースです。

    施設詳細

    それぞれに特色ある3施設

    近鉄竹田駅

    キャンピングカーを1か所に駐車して公共交通機関で移動することを想定した場合、もっとも便利なのは竹田駅から徒歩数分のスーパー銭湯「伏見 力の湯」でしょう。ただし夜間はトイレがないことに注意が必要です。

    通行者の視線が気にならない広々とした駐車区画に本格的なダンプステーションと、キャンピングカーに最適化された設備があるのは「RVパーク京都南 鴨川RVサイト」です。老若男女や車中泊経験を問わず、すべての人に安心して推奨できます。

    気ままに散策しながらお惣菜を買ってクルマに戻るなど、情緒ある商店街の暮らしに溶け込みたいなら「Mobility Park@新大宮広場 くるま旅ステーション by Van LIfe COYOTE」がおすすめです。ぜひ好みや目的によって使い分けてみてください。

    私が書きました!
    フリーライター
    SAYA
    グルメ、トラベル、車中泊、クルーズなどの記事を執筆しているフリーライターです。バンコンタイプのキャンピングカーで全国を巡っています。太陽も昆虫も苦手なインドア派ですが、車中泊×観光の組み合わせに無限の可能性を体感中。車を拠点にした遊びの話題をお届けします。

    NEW ARTICLES

    『 キャンピングカー・車中泊 』新着編集部記事

    軽バンはアウトドアにおすすめ?車中泊も可能な軽バンのポイントを解説!

    2024.05.26

    ヨーロッパ製キャンピングカーの内装を大公開!1年半旅を共にした愛車のルームツアー

    2024.05.24

    お値段264万円~!三島ダイハツの軽キャンピングカー「クオッカ ジャパンディ」はソロ活仕様だ

    2024.05.23

    【キャンピングカーでヨーロッパ周遊旅行】夢のためにすべてを手放し夫婦で人生最大の冒険へ

    2024.05.14

    キャンピングカーの内装に注目!バンや軽、DIYスタイルまで一挙紹介

    2024.04.14

    新型キャンピングカー「ベルーガ」は普段使いもイケる!フレックスのハイエースがベース 

    2024.04.13

    最安グレードは180万円台!軽キャンパー「ミニチュアクルーズ」の姉妹モデル、「ミニチュアボックス」の中身は?

    2024.04.02

    日産・キャラバンがベースのキャンピングカー「UTONE300」は上下2段ベッドが広いぞー!

    2024.03.24