これぞ美しき職人技!ヘラ絞り加工が映える「最高峰ガス缶ジャケット」 | 道具・ギア 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 道具・ギア

    2023.02.18

    これぞ美しき職人技!ヘラ絞り加工が映える「最高峰ガス缶ジャケット」

    ガス缶ジャケット3つ

    手前から「銅 槌目パールNPゴールド」「チタン あぶりblue」「Decagon ステンレスクリア仕上げ」。

    ランタンやバーナーの丸いガス缶(カートリッジ)にかぶせるジャケット(カバー)は、革製をはじめとして各種出ているが、フツーじゃ満足できない人におすすめしたいのがこれ。東京都江戸川区の高橋絞工業というヘラ絞り専門の会社が製造している。ヘラ絞りというのは、金属の板を回転させながらヘラで力を加えて成型していく手法。丸い形のものを薄くなめらかに作ることができる。同社では楽器のティンパニや寺社の宝珠、時計の外枠などを作っている。

    さて、今回紹介する絞り加工ジャケットは、銅とチタンの2種。「銅 槌目パールNPゴールド」は、銅ならではの金色の光沢が美しい。表面は槌(ハンマー)で叩いてデコボコに仕上げていて、ついなでさすりたくなる触り心地。「チタン あぶりblue」は、表面をバーナーであぶって青色に変化させている。塗装とはひと味違った神秘的な色に目を奪われる。

    絞り加工ではないが、あとひとつ紹介しておこう。ステンレス板を溶接した「Decagon ステンレスクリア仕上げ」。表面がきれいに磨き上げられ、キラキラと光を反射する。

    3つとも手作りなので価格は安いとはいえないが、室内のインテリアにもなるクオリティ。長い目で見れば、決して高い買い物ではないだろう。

    室内で点灯されているランタン

    ガス缶にかぶせれば、アンティークふうのたたずまい。

    職人が加工中

    へら絞りでティンパニを作成する様子。

    ハンマーで叩いている

    槌目加工。

    バーナーの火を当てている

    あぶり加工。

    ※この商品は[通販サイト]「小学館百貨店」から購入できます。

    TASHIKA/ガスカートリッジジャケット

    銅 槌目パールNPゴールド 24,200円

    チタン あぶりblue2 19,800円

    Decagon ステンレスクリア仕上げ 18,700円

    https://www.pal-shop.jp/item/A55303005.html

    NEW ARTICLES

    『 道具・ギア 』新着編集部記事

    パーゴワークス「ラッシュ 11R」は長く使い続けられるバックパックだ!

    2024.06.14

    モンベル「マルチフォールディングテーブル」の魅力を解説!3段階調整がうれしい逸品

    2024.06.14

    釣りから生まれた「どこでもカラビナ」が超おすすめの理由!

    2024.06.14

    ダイソーは製氷グッズも超充実!丸い氷や棒状の氷が作れるアイテム3選

    2024.06.14

    懐かしいフォルムで超高機能!フルサイズミラーレス一眼カメラ「LUMIX S9」は初心者にこそおすすめ

    2024.06.14

    【2024年】キャリーカートはアウトドアで大活躍!おすすめモデル13選

    2024.06.13

    コットンだけどベトつかない!「ドビー織り」パンツで涼しい夏を楽しもう

    2024.06.13

    今、最も話題のシングルストーブ「SOTOトライトレイル」は新時代の火器だ!

    2024.06.13