ホンダ N-VANの車中泊が快適になる!「イージー・コンフォート・ベッドキット」をご紹介 | キャンピングカー・車中泊 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • キャンピングカー・車中泊

    2023.02.03

    ホンダ N-VANの車中泊が快適になる!「イージー・コンフォート・ベッドキット」をご紹介

     

    アトレーやエブリイにも劣らないN-VANの室内空間

    軽自動車をベースにしたキャンピングカーや車中泊カーといえば、スズキ・エブリイ、ダイハツ・アトレー(ハイゼットカーゴ)が有名ですが、その御三家の一角を占めるのがホンダ・N-VAN。昨年の全軽自協による昨年11月(2022年)までの販売統計データを見ても2万9995台と軽ワンボックスで3位にランクインしています。

    岡モータース・N-VAN イージー・コンフォート・ベッドキット。乗車定員:4 人、就寝定員:1人・2人。※上部のルーフキャリアに備わるのは別売りのホットシャワーキット

    そんなN-VANは新型のアトレー同様に商用車(4ナンバー登録)のみですが、仕事グルマだけではなくアウトドアが好きな人などのファーストカーとしても人気があります。

    ちなみに御三家の2名乗車時の室内サイズを比較してみるとエブリイ(ハイルーフ)が荷室長×室内幅×室内高で1955×1355×1420mm。アトレーで同1820×1410×1215mm。そして、N-VANでは1585×1390×1365mm(すべて2WD)。

    長さや高さならエブリイ、幅ならアトレーが優位なのですが、N-VANには助手席のダイブダウン機構が備わり、荷室長を2635mmまで広げることができます。また、室内高や室内幅を比べてもアトレーとエブリイの中間値でそこまでライバルに劣ってないことがわかります。

    さて、そんなN-VANをベースにした軽キャンピングカーや車中泊カーは既に数多く登場していますが、今回はDIYで設置できるベッドキットを紹介しようと思います。

    製造・販売はキャンピングカービルダーの岡モータースです。

    N-VANの強みをうまく活用して使える

    多くのN-VANキャンピングカーや車中泊カーは助手席の背もたれを前倒ししたときのフロアから背もたれ後部の高さを基準に、フロアをかさ上げ加工がされています。こうすることで、ベッドはフラットにすることができますし、ベッド下を収納スペースとして使えるような設計です。しかし、イージー・コンフォート・ベッドキットはこれらと異なる考え方。

    ベッドフレームはN-VANに元から備わるユーティリティナットのネジ穴を有効活用して専用ステーを固定。これによりベッドの一部が跳ね上げられる設計になっています。さらに、フロントシートのヘッドレストを外して専用のバーを差し込んでその上にベッドマットを置けばベッドが完成。

    リアクオーターウインドウ横にある純正のユーティリティナットの穴を活用して、ステーを2本をボルトオンするだけ。ベッドマットは跳ね上げ式。

    ヘッドレストを外し、穴に専用のバーを取り付けたらマットを載せれば完了。

    注目はベッドの高さをLOW(フロアからの高さ645mm)/HIGH(同815mm)/SUPER HIGH(同915mm)の3段階で調整できるところで、ベッド下に置く荷物やシチュエーションで高さを自在に変えることができます。また、左右それぞれのベッド高を変えることもできるようになっています。

    ベッドサイズは1830×1190mmと広々。耐荷重は左右それぞれ90kgまで。

    状況に応じてベッド左右の高さ変更が可能。ベッド下には荷物がたっぷりと収まる。

    もちろんシングルベッドの展開も可能。ベッド幅は595mm。

    4人乗車時でもこのように荷室にベッドマットや荷物が収まる設計。

    遊びの基地に最適なオプションパーツが盛りだくさん! 

    上記で紹介したベッドキットだけでも十分に車中泊ができるのですが、イージー・コンフォート・ベッドキットのほかにもオプションが多いことにも注目。

    純正のフロアやシートの背もたれ背面を汚したくない人には「フロア床張り(6万9300円)」、プライバシーの保護や断熱効果を求める人に「クオーターガラスボード&専用遮光カーテン(102300円)」などがあればより快適な車中泊が楽しめます。

    別売りの「フロア床張り」があれば荷物をガンガン積載でき、純正のフロアを傷つけない。

    「クオーターガラスボード」は小物の収納に便利。有効ボードなので、好みに応じてアレンジできる。

    また、車内で仕事やPCなどをする人向けに「リモートテーブルウッド(5280円)/メラミン(1780円)」や「テレワーク用モニターアーム(22000円)」、「テレワーク用背もたれクッション(22000円)」も用意。

    車内でテレワークしたい人に向けたオプションも豊富。在宅ならぬ自然のなかで在車勤務も可能。

    さらに、ベッドマットを利用してアウトドアで使用できる「ベンチシートセット(35200円)」やルーフキャリア・タンク・ホース付きシャワー蛇口・エアコンプレッサーがセットになった「ホットシャワーキット(99000円)」など、外遊びで便利なアイテムも数多く揃えているので好みのものだけを購入することもできます。

    ベンチシートセットはテーブルとしても利用が可能。またサイドオーニングを取り付ければ外にもう1部屋増やせて快適度もアップ。

    商用バンとしての機能をしっかりと残しつつ、車中泊も楽しめるベッドキット。充実したオプションも含め軽自動車で楽しいカーライフを送りたい人はぜひともチェックしてみてください。また、イージー・コンフォート・ベッドキットはバイクで旅するアウトドアクリエーターの「こつぶ」さん(YouTubeこつぶちゃんねる」)も愛用しているので、気になる方はリンクのほうでより詳細な使い方が分かります。 

    こつぶさんも「イージー・コンフォート・ベッドキット」の愛用者。バイクとクルマの2台で旅を楽しむ。

    こつぶさんのように、軽バンでも車中泊&トランスポーター的な使い方ができるのは大きな魅力。

    写真のように片側にバイクや自転車を載せて旅にいくのにもオススメです。

    ベッドキットの価格はシングルで137500円、ツインで264000円。

    岡モータース 087-865-5588

    私が書きました!
    編集者・ライター
    伴 隆之
    大学卒業後、自動車専門誌の編集者として勤務し、その後独立。1999年から2年ほどカリフォルニアに住んでいたこともあり、アウトドアと旅が趣味。ニュージーランドでのキャンピングカー旅が特に好きで南北計4回ほど走破。現在は旅やキャンピングカーを中心にアウトドアやオートバイなどの誌面や動画を製作。愛車は1967年式イノチェンティ・ランブレッタと日産エルグランドをベースに自身で製作した車中泊カー。

    NEW ARTICLES

    『 キャンピングカー・車中泊 』新着編集部記事

    車内の傘立て、天井収納…100均「セリア」で買えるキャンピングカー快適化アイテムを試してみた

    2024.07.10

    車中泊の暑さ対策!キャンピングカーライファーが教える注意点と対策、おすすめアイテム

    2024.07.05

    松本明子さんが始めた軽キャンピングカーのレンタカー業、そのきっかけは?

    2024.06.28

    関東エリアほか絶景を楽しめるRVパーク続々誕生!富士山麓、夕日海岸、瀬戸内海で車中泊

    2024.06.28

    キャンピングカー旅の本場・ヨーロッパでの車中泊スポットの見つけ方!便利なアプリや治安事情も

    2024.06.20

    車中泊におすすめの寝袋38選!選ぶポイントからおすすめのメーカーまで紹介!

    2024.06.18

    夢の周遊旅へ!ヨーロッパでキャンピングカーをレンタルする方法・注意点を紹介

    2024.06.12

    500泊したキャンピングカー旅で厳選!欠かせない&あると便利なおすすめ車中泊グッズ10選

    2024.06.10