「モビリティ部門賞」はアウトドアズマン大注目のクルマに決定!第2回 BE-PALアウトドアアワード 2022発表 | 道具・ギア 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 「モビリティ部門賞」はアウトドアズマン大注目のクルマに決定!第2回 BE-PALアウトドアアワード 2022発表

    2022.12.25 BE-PALアウトドアアワード

    2023年1月7日までYouTube配信している「第2回 BE-PAL アウトドアアワード 2022」。2022年のアウトドア業界で話題になったモノ、コト、人を、読者アンケートを元に選出、ノミネートのなかから部門賞、大賞を発表いたします。

    まだ見てないよ~という方は、ぜひBE-PAL公式YouTubeでご視聴ください。また、現在発売中のBE-PAL 2023年1月号でも、アワードの内容を読むことができます。

    ※配信は終了しました。

    フィールドで活躍するモビリティ部門のノミネートはコチラ!

    クルマはソト遊びの相棒だから、乗り心地も大切。アクティブに走り回る屈強さと、ストレスフリーな快適性を備えたモデルが目白押し!

    日産「エクストレイル」

    ソト遊び好きに長年支持されてきたエクストレイルがモデルチェンジ。エンジンで発電してモーターで走るe-POWERと、発電効率を高めるVC-TURBOの掛け合わせで、パワフルでなめらかな加速力を実現した。

    Jeep「Gladiator」

    オフロードギアのアイコン的存在のジープに、ピックアップトラックが仲間入り。車体はもちろん荷台もビッグサイズで、積載能力は抜群。頑丈なつくりで、長く乗り回せること間違いなしだ。

    ホンダ「ステップワゴン」

    3列目シートを床下に収納できるので、車内もひろびろと快適。初代ステップワゴンを彷彿とさせる飽きのこないデザインで、長らく愛される次世代の定番モデルとなりそうだ。

    SUBARU「レガシィ アウトバック」

    ゆったりサイズはそのまま、シャープなボディーラインでアクティブ感をプラス。ルーフキャリアなどオプションも充実しているため、スタイルに合わせてカスタムしていくのも楽しい。

    ヤマハ「WABASH RT」

    国内初のドライブユニット、PWseriesSTの採用で、オンロードの快適性とオフロードの走破性を両立。バッテリーをフレームに内蔵した、シンプルなフォルムに魅せられたライダーも多い。

    淳さんが気になったのはホンダのステップワゴン。「この時代ならではのクルマでとても興味があります」

    「なんでも積めて、夢がある」と、JEEPのGladiatorを評価。

    電動バイクに見えないほどのスタイリッシュさに、一同驚きの場面も。

    人気車種が勢ぞろいしたモビリティ部門。そんななかで、オブ・ザ・イヤーに選ばれたのはこのクルマ!

    モビリティ部門賞は、日産「エクストレイル」に決定!

    スムースなドライビングが魅力! 電気で走る新体感の4WD。「積載量も申し分なしで、今日本一のアウトドアズマンカーだと思う!」とは、審査員のホーボージュンさん。

    ニブンノゴ!の森本さんがエクストレイルに乗って颯爽と登場。

    トロフィーを受け取る日産自動車株式会社の手塚祥太さん。「伝統のタフさとe-POWERの静かで力強い走りが、ソト遊びをより上質に格上げします!」続きはYouTubeでご覧ください!

    (右より)MCの富永美樹さん(フリーアナウンサー)・森本英樹さん(ニブンノゴ!)、総合司会の田村淳さん、審査員の田中律子さん(タレント)・ホーボージュンさん(全天候型アウトドアライター)・沢木拓也(BE-PAL編集長)

    BE-PAL アウトドアアワード 2022について

    BE-PAL アウトドアアワード 2022では、『アウトドアギア部門』として「テント オブ ザ イヤー」「キャンプツール オブ ザ イヤー」「ライフスタイル オブ ザ イヤー」を、それぞれ決定。『モビリティ部門』『人物部門』『トレンドサービス部門』ほか、『ロングセラー部門』『キャンプ場部門』を表彰いたします。

    最新号のお知らせ

    12月8日発売の「BE-PAL」1月号でも発表しています!キャンプでも自宅でも大活躍の「karrimorソロ鉄フライパン」が付録に付いていますので、こちらも合わせてチェックしてくださいね。

    ※一部地域では発売日が異なります。
    ※電子版には特別付録が付きません。

    衣装クレジット
    田村淳さん:
    <ティースペックギア>コート¥49,500(ティースペックギア)、<ゴーヘンプ>イェティ ベーシックシャツ¥17,380(ゴーヘンプ)、<タイオン×グラミチ>インナーダウンベスト¥8,800(タイオン)、<ナンガ>タキビ フィールド オーバーパンツ¥16,500(ナンガ)、<グリップスワー×クロックス×アトモス>クラシック オール テレイン クロッグ¥14,300(アトモス)、その他スタイリスト私物

    森本英樹さん:<テフテフ>バタフライハンティングジャケット3rd Mod¥62,700(テフテフ)、<グリップスワニー>ジョグ3Dキャンプパンツ¥11,000(スワニー販売)、<ニューバランス>M2002RWM¥17,600(アトモス)その他スタイリスト私物

    問い合わせ先 アトモス https://www.atmos-tokyo.com ゴーヘンプ:https://www.gohemp.jp/ GRIP SWANY:https://www.grip-swany.co.jp/ TAION:https://taion-wear.jp/ ティースペックギア https://tspecgear.theshop.jp テフテフ https://specimenroom.myshopify.com NANGA:https://store.nanga.jp/

    スタイリスト:平健一(田村淳さん、森本英樹さん)
    ヘアメイク:佐々木夢(田村淳さん)、豊田千恵(富永美樹さん)

    文/BE-PAL編集部

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 道具・ギア 』新着編集部記事

    一人用テントおすすめ12選!使用用途に合った快適なものを選ぶには?

    2023.02.09

    【人気商品!】ワークマン「耐熱アルミテーブル」が使い勝手抜群だった

    2023.02.08

    キャンプにおすすめのコーヒーミル9選!選び方のポイントも紹介

    2023.02.07

    ライトバックパッカーが愛用するテントの名作「El Chalten」がさらに進化した!

    2023.02.07

    カモ柄がイケてる!エーオークーラーズの日本限定ソフトクーラーバッグ

    2023.02.06

    キャンパーは災害時に強し!停電時や避難所で役立つキャンプ道具5選

    2023.02.06

    z