火ばさみなど長い道具もスポッ!横長バスケットで収納上手なキャンパーに | 道具・ギア 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 火ばさみなど長い道具もスポッ!横長バスケットで収納上手なキャンパーに

    2022.12.30 BE-PAL公式通販

    キャンプでの荷物の持ち運びにカゴがよく使われているが、そのカゴはスーパーマーケットのカゴと同様のタテヨコ比のものが多い。『BE-PAL』のオリジナルブランド「BE-PAL OUTDOOR PRODUCTS」では、ニッチ(すき間)を狙って横長のカゴを作ってみた。それがこの「ヨコナガバスケット」。

    横幅が56cmあり、火吹き棒や火ばさみなどの長い道具を入れられるというのが利点だが、もっと大きな利点は、何かのすき間に置けるということではないだろうか。奥行きが29.5cmと薄く、車の荷室にすき間に収めやすく、家で保管するときもどこかのすき間を狙って収納できる。テントサイトに置くときも、テーブルとクーラーボックスの間などちょっとしたすき間に置くことができ、動線を確保しやすいはずだ。スーパーマーケットタイプのカゴだと、タテもヨコも薄くないから、すき間を狙いにくい。

    もうひとつの特徴は、複数揃えたときに使いやすいということ。スタッキングできるのはもちろんのこと、ハンドルを内側に倒すと、荷物を入れたまま、上にもうひとつカゴを乗せられる。グラグラするのではと思うかもしれないが、ハンドルの穴とカゴの底の突起が噛み合うので、ずれないようになっている。というわけで、複数買うのがおすすめ。2個セットで買うと税込み550円ぶんお得です。

    カゴを積み重ねている

    荷物を入れていないときはスタッキングできる。素材はポリプロピレン(高耐衝撃性ポリプロピレン)。

    カゴを積み重ねている

    ハンドルを内側に倒すと、ハンドルの上に積み重ねることができる。

    内側に倒したハンドル

    ハンドルには小さな穴が4つ空いている。ここにカゴの底の突起がはまるようになっている。このハンドルの上に板を乗せれば、ちょっとしたテーブルになる。

    カゴの底

    カゴの底の突起。

    野外で使用

    荷物を入れた状態で積み重ねることができるので、省スペースになる。

    モデルがハンドルを持つ

    ハンドルは太くて握りやすい。

    モデルが抱えて持つ

    両サイドに4本の指を差し込める穴が開いていて、両手で抱えて持つことができる。

    ※この商品は[通販サイト]「小学館百貨店」から購入できます。

    ヨコナガバスケット/BE-PAL OUTDOOR PRODUCTS

    単品 2,200円

    2個セット 3,850円

    https://www.pal-shop.jp/item/A55301002.html

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 道具・ギア 』新着編集部記事

    【人気商品!】ワークマン「耐熱アルミテーブル」が使い勝手抜群だった

    2023.02.08

    キャンプにおすすめのコーヒーミル9選!選び方のポイントも紹介

    2023.02.07

    ライトバックパッカーが愛用するテントの名作「El Chalten」がさらに進化した!

    2023.02.07

    カモ柄がイケてる!エーオークーラーズの日本限定ソフトクーラーバッグ

    2023.02.06

    キャンパーは災害時に強し!停電時や避難所で役立つキャンプ道具5選

    2023.02.06

    おすすめのペグケース11選!タイプ別に特徴とメリットを解説

    2023.02.05

    z