ちょっと値が張る“インフレータブルマット”は、せっかく購入したのなら使いこなそう! | マット 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • マット

    2023.02.25

    ちょっと値が張る“インフレータブルマット”は、せっかく購入したのなら使いこなそう!

    キャンプマットの中でもちょっと高級な部類に位置するインフレータブルマット。最近は様々なメーカーから発売されていて、厚さや長さ、色、形など様々な種類があり、選択の幅が広がってきました。ただ、使用していると「インフレータブルマットである必要ってある?」と、支払った金額に対してその恩恵を100%受け切れていないのでは…と感じる場合があるのではないでしょうか。

    「せっかく高価なインフレータブルマットを購入したのなら、その機能を充分に使って欲しい!」ということで、僕が旅や高所登山、ゆるキャンプで数十年使ってきた中で「ここだけおさえておけば、恩恵を受けられる」というポイントを紹介します。

    インフレータブルマットってそもそも何?

    スポンジ形状はメーカーによって違うのでイメージです。

    キャンプマットには、空気を入れるタイプのエアーマットやUL系極薄フォームマット、ジャバラ折りや巻いて持ち運びをするクローズドセル系マットなど、様々な種類があります。(もしもマットの種類に興味がある方はBE-PAL公式youtubeのこちらをぜひご覧ください。)

    そのマットのジャンルのひとつとして、インフレータブルマットがあります。このマットの特徴はおおきく3つあります。

    ・空気を入れるエアーマットと、スポンジを使ったマットのハイブリッド構造
    ・バルブを開けると空気を吸い込んでスポンジの膨らみを自動拡張してくれる
    ・マットに穴が空いても、スポンジ部分のおかげで多少はマットとして機能してくれる

    この特徴を100%引き出せると、インフレータブルマット本来の恩恵を受けられるというわけです。

    自動拡張式を使いこなそう

    インフレータブルマットの一番の特徴が「自動拡張機能」です。これは、空気の出し入れをするバルブを開くと、ペタンコになっていたスポンジ部分がもとに戻るのと同時に、空気を吸い込んでくれるというものです。せっかくこの機能があるのに、実はマットを広げてすぐに空気を入れ始める人が意外と多いのです。

    自動拡張機能を活かすためには、テント設営後マットを広げ、空気バルブを開いたらしばらくそのまま置いておきましょう。そうすると、マット内に空気が50%ほど勝手に入ってくれます。また、この機能を活かすためには、キャンプに出る前に一度マットを広げて、バルブを開いた状態で干してあげると、スポンジ部分の回復力が高まります。

    空気の入れ具合を調整しよう

    エアー式マットもそうですが、インフレータブルマットもエアーを入れる際にパンパンに膨らましがちです。その状態で寝心地が良いという方は問題ないのですが、本来は空気の入り具合を調整することで寝心地がグンと上がります。

    特にインフレータブルマットはスポンジ部分があるため、空気の量を調整することで、固め、フワフワ浮遊感、柔らかめ、といった感じで自分にピッタリなマットに調整ができます。もしもまだ試したことがない方は是非調整してみてください。もしかしたら夢のような寝心地に出会えるかもしれません。

    デメリットを回避しよう

    インフレータブルマットのケースは、キツキツで入れるのが大変な場合が多いです。また、収納後何らかが原因でマット内にエアが入り、あとからギュウギュウになって収納袋から出すのに大苦戦してしまうこともあります。これは、バックパックで背負って行くことを想定して、なるべくコンパクトになることを前提に設定されているためです。この出し入れのしにくさはデメリットなのですが、もうはじめからこのデメリットを回避してしまいましょう。

    僕がおすすめなのは、畳んだマットを簡単に収納できるくらいのサイズ感の横開きタイプの袋に変えてしまうことです。マットと同メーカーの袋にこだわらないだけで、出し入れのストレスが一瞬でなくなり、より一層インフレータブルマットを気軽に持ち出せるようになります。

    せっかく購入したインフレータブルマットの能力を100%引き出して、快適な睡眠時間を過ごしてください。

    私が書きました!
    アウトドアプロデューサー/ネイチャーインタープリター
    長谷部雅一
    facebook instagram   note
    1977年4月5日生まれ。株式会社ビーコン代表取締役。家族がいるのにもかかわらず、ソロキャンプ、ソロ登山、ソロ旅などなど、お一人様遊びをこよなく愛する風来坊なネイチャー系会社の役員。仕事の範囲は広く、プロジェクトの企画・コーディネート・運営の他、研修講師、ネイチャーインタープリター、場作りの仕掛け人も務める。著書『ネイチャーエデュケーション』(ミクニ出版)、『ブッシュクラフト読本 自然を愉しむ基本スキルとノウハウ』(メイツ出版)など多数。その他雑誌連載、テレビやラジオなど、アウトドア、幼児教育を主として多数のメディアにて活躍中。

    NEW ARTICLES

    『 マット 』新着編集部記事

    アルペン アウトドアーズのキャンプギアにポップアップシェードとインフレータブルマットが追加!

    2024.05.10

    テントの下に敷くシートならこれ!グランドシートおすすめ3選

    2024.04.26

    Bears Rockの大人気自動膨張式インフレーターマット「キャンプマット5cm」におとな色登場!

    2024.04.17

    【2024年】キャンプ用エアーマットおすすめ10選!しっかり眠れて軽量コンパクト

    2024.04.10

    コールマンのインフレーターマットおすすめ4選!自動で膨らむ便利な快眠アイテム

    2024.04.05

    NEMO (ニーモ)/スイッチバックレギュラー

    2024.03.18

    THERMAREST(サーマレスト)/ネオエアーXライト NXTレギュラー

    2024.03.18

    NEMO (ニーモ)/オーラ レギュラーマミー

    2024.03.18