スリコのアウトドアグッズが優秀だ!調味料収納バッグとロール収納ケース徹底レビュー | アウトドア雑貨・小物 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • スリコのアウトドアグッズが優秀だ!調味料収納バッグとロール収納ケース徹底レビュー

    2022.11.25

    スリーコインズの調味料収納バッグとロール収納ケース

    機能性バツグン!調味料収納バッグとロール収納ケース。

    スッキリとして使いやすいデザインの生活雑貨・インテリア雑貨などを販売している300円ショップの「スリーコインズ」。

    そんなスリーコインズから「スリコではじめるキャンプ」をキャッチコピーに、いろいろなキャンプアイテムが販売されているのをご存知ですか?

    今回はそんなスリーコインズのキャンプアイテムの中から、キャンプめし初心者にもおすすめの「調味料収納バッグ」と「ロール収納ケース」をご紹介します!

    レシピの幅が広がるスリーコインズの「調味料収納バッグ」

    スリーコインズの調味料収納バッグ

    価格以上のしっかりしたつくり。

    まずは、スパイスなどを収納するのに便利な「調味料収納バッグ」をご紹介。値段は550円です。

    シンプルなベージュカラーで、性別や年齢を問わずに使いやすいスッキリとしたデザイン。持ち手やジッパーも価格以上につくりがしっかりしていて、持ち運びにも便利です。

    一般的なスパイス・調味料なら9本収納可能

    サイズは「約縦17cm×横幅18cm×マチ15cm」ということで、実際にスパイスを入れてみると……

    一般的なスパイスボトルなら9本収納可能

    一般的なスパイス・調味料ボトルなら9本入ります。

    一般的なサイズのボトルなら、9本すっぽり収まりました。耐荷重は2kgとなっているのであまり重いものは入れられませんが、これだけ入ればキャンプめしの幅がグッと広がります。

    ただ仕切りがないので、サイズの異なるボトルを入れると中でぶつかって、フタがゆるくなったりするかもしれません。そのため、中でボトルを固定したい場合は別途仕切りを作るなど、工夫はした方が良さそうです。

    フタにはメッシュポケット

    フタにはメッシュポケット付き。

    フタにはメッシュポケットが付いているので、袋タイプのシーズニングや小分けタイプの調味料を収納することが可能。

    小分けタイプの調味料はバラバラだと見失いやすいので、まとめて入れておけるのはありがたいですね。

    生地は撥水加工・内側はアルミコーティング

    生地は撥水加工

    通販番組みたいに実際にお水をこぼしてみました。

    生地は撥水加工がされているということで、実際に水を少しこぼしてみました。この程度の水なら……

    ティッシュで拭いたあと

    ティッシュでひと拭きすればご覧のとおり!

    ティッシュでサッと拭けばご覧のとおり簡単にキレイに!水や汚れに強いのは、キャンプに持って行くにも嬉しいポイントですね。

    内側アルミコーティング

    内側はアルミコーティングになっています。

    内側はアルミコーティングになっていて保温・保冷が可能。ただし、裏地は撥水加工されておらず、完全防水でもありません。そのため、ペットボトルなどの水分量が多いものを入れるときは注意が必要です。

    筆者は料理が仕事なので、キッチンにはスパイスや調味料が溢れていました。しかし、この調味料収納バッグを購入してからはこちらにまとめて収納するように。

    いい意味でアウトドアっぽさを押し出していないデザインなので、どのようなインテリアにもしっくりきます。そのため、部屋キャンにもおすすめできる収納バッグと言えるでしょう。

    調理の幅が広がるスリーコインズの「ロール収納ケース」

    スリーコインズのロール収納ケース

    こちらは調理器具やカトラリーを入れるのに便利。

    続いては調理器具やカトラリーを巻いて収納できる「ロール収納ケース」。こちらも値段は550円です。

    調味料収納バッグと同じシンプルなベージュカラーで、表面は撥水加工となっています。

    中はメッシュポケット仕様

    中はメッシュポケット仕様。

    中を開くと3つのメッシュポケットが付いていて、パッと見て何が入っているのかが分かりやすいつくりになっています。

    ロール収納ケースに調理器具・カトラリーを収納する

    実際に収納してみます。

    実際に調理器具・カトラリーを入れると写真のような感じに。これをクルッと巻いてベルトのフックを引っ掛ければ……

    ロール収納ケースにキレイに収納

    超コンパクト!

    超コンパクトに収納可能!細々としたアイテムをまとめて収納できて、しかも簡単に持ち運べるので、料理の準備や食事後の片付けも非常に楽になります。

    ベルトはフック

    ベルトはフックなので引っ掛けられます。

    前述のとおりベルトはバックルではなくフックになっているので、安定した場所なら引っ掛けて使うことが可能。

    調理器具やカトラリーはあちこち置いておくと、いざ使用するときにどこに置いたかわからなくなることもあり、手間取って大変です。しかし、こちらのロール収納ケースにまとめておけば、「キャンプめしを作る→食べる→片付ける」の流れがスムーズに。

    価格以上の機能性で、こちらのロール収納ケースも購入以来大活躍しています。

    スリコの調味料収納バッグとロール収納ケースでキャンプめしの幅を広げよう!

    スリーコインズの調味料収納バッグとロール収納ケース

    このふたつでキャンプめしの幅がグッと広がります。

    スパイスや調理器具・カトラリーはあるとキャンプめしの幅が広がりますが、バラバラだと持ち運びも後片付けも大変。そんなとき、この調味料収納バッグとロール収納ケースがあれば、まとめて入れておけるので本当に便利です。

    また、落ち着いたベージュカラーとスッキリとしたデザインは、キャンプだけでなくインテリアにも馴染むので、部屋キャンにもおすすめ。

    機能性・コスパともに優れたスリーコインズの収納バッグ、気になった方はぜひ店舗で手にとってみてくださいね!

    私が書きました!
    筋肉料理研究家
    Ryota
    学生時代運動経験ゼロ・病気で精神病院に入院するも筋トレとお料理で立ち直り、現在は料理研究家・パーソナルトレーナーとして活動中。企業やメディアへのレシピ提供を行う傍ら、ボディメイクコンテストにも出場。父方の実家は港町、母方の実家は山に囲まれていて、幼少期には海や山道を走り回っていた。自然の中で本を読むのが趣味だが、最近は料理研究家活動が忙しく、1人でキャンプめしを作って気を紛らわしている。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 アウトドア雑貨・小物 』新着編集部記事

    刃物から手をガードし使い込むほどに味わいが増す!CRUDの新作「ケブラーライナー ディクソン グローブ」

    2022.11.16

    とうとう“食”の枠を超えた!「ほりにし」がサンタクルーズ&ペアブリックと異色のコラボレーション

    2022.11.13

    車のハンドル…じゃない!じつは「アウトドア料理」に超便利なアイテムだった

    2022.11.01

    ユニークギア、ギア修繕用アイテムも!BE-PALが夏のORショーで注目していたアイテム7+α

    2022.10.27

    寒い日に必携!一生モノのブランケットにPENDLETONをおすすめする理由

    2022.10.26

    世界最大!アウトドアギアの展示会で発見した最新トレンド

    2022.10.26